2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.12.31 (Sat)

今年一年を振り返って 日米外交史的には歴史的な年

年末最終日、この1年を振り返り、思うところを述べさせていただきます。

今年は、政治的には、「次世代の党」を継承した「日本の心を大切に思う党」の議席が激減した年でした。

田母神逮捕も痛かった。

政権と検察はグル、錯乱した人物が、寄付との引き換えに取引に応じた?のでしょう。田母神完全無罪となった場合、放送法違反という扱いとなると予想します。当然、あの人物は出演禁止処分?となるべきでしょう。

ヘイトスピーチ法案の成立もありました。
保守系団体は、日本会議を残し、総崩れと言っていいでしょう。

安倍政権は議席的には盤石、一方で保守系団体は?
何やらおかしな兆候と言わざるを得ません・

そんな中、都知事選挙で、小池百合子が一人気をはき、次世代の保守のリーダーとして名乗りを上げました。
小池百合子、賛否両論あることは承知しております。が、彼女のように既得権勢力に正々堂々と渡り合った政治家は、これまで何人いたでしょうか?

日本第一党については、日本第一主義である点について評価しますが、体制が確定して間もないようであり、
http://japan-first.net/organization.html
今回論評することは控えます。むしろ、維新政党新風代表を辞任した鈴木信行のその後の実践的行動について、注目しています。
http://ameblo.jp/ishinsya/

所属政党の垣根を越えた演説は、多くの保守層の支持を得ることでしょう。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

鈴木信行 @ishinsya
今日は金町駅北口で朝のご挨拶をしました。
年末の忙しい朝に声をかけて頂きましてありがとうございました。
チラシ配布のお手伝いもありがとうございました。
稲田防衛大臣の靖国神社参拝についてお話しさせて頂きました。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

鈴木信行と田母神、近い将来、いいコンビになりそうな気がしております。

一方、安倍政権は、参議院選挙含め、非常に手堅かったという印象を持っております。移民推進政策、企業減税政策を除けば、概ね満点に近いと言わざるを得ません。

竹島問題、尖閣問題では若干腰が引けている印象がありますが、歴代のアメリカ政権が親中反日であることを考えると、オバマ大統領をうまく自陣に取り込んだ手法(ケネデイ大使を含めて)圧巻と言わざるを得ません。

気になるのは、日露交渉です。おそらく、プーチンに在日米軍のことについて米露交渉を主導していただく手筋と読みます。その結果として、北方領土4島返還を目論んでいるとみれば、仕方のないことかもしれませんが、少々入れ込み過ぎです。
安倍首相、時々ですがムキになる傾向があります。そうみております。

また、今年は、日米外交史上、歴史に残る「和解の儀式」が続きました。広島そして真珠湾で行われた「和解」は国民の一人として衝撃的な事でありました。次は、英霊がおられる靖国神社としなくてはなりません。

さて、拙ブログのテーマで多い、マスコミ関係については、今年は産経は安定した保守ぶり、読売は国際部を除いて、史料価値ある資料を紙面で全文掲載するようになりました。私は、プラスチックケースに入れて、資料保管するつもりでおります。
産経、読売の編集部門の関係者には、このような配慮について感謝するとともに、今後も史料価値ある紙面が維持されることを要望します。
ただ、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙などの記事については、コネ入社、在日枠での入社の弊害がモロに出ているという印象を持っております。テレビニュースについては、すべてそうであろうという評価です。NHKについては、一旦すべて解体、ニュース番組すべて国営放送化すべきという認識です。

本稿お読みのマスコミ関係者の方々、もうかつてほど偏向捏造報道しても効果はありません。

マスコミ親玉の電通は既に丸裸状態です。厚生労働省から度重なる立ち入り検査を受け、反日活動を影で画策する電通社員とそのチャンネルは、文書資料収集され悪事のネットワーク情報すべて押さえられたようです。いつでも芋づる式でテロ指定できる状況に入ったということです。

また、カジノ法案も成立しました。直後、ギャンブル依存症対策について法規制する方針が報道されました。この二つの処置によって、北朝鮮系のパチンコ業者の(恣意的)排除が可能となったと私はみています。
政府は、何が起きているか、公式には語らないでしょう。が、親日的でなく政権寄りでない、パチンコ業者は日本に残れない、私はパチンコ反対ですが、そのような方針でパチンコ選別化が進むことでしょう。

そういう経緯を総括してみると、テーマ的には

今年は、外交分析、皇室関係、政府機関関連、法整備マター、マスコミ関係の記事が多くなりました。

支持している政党が議席的に壊滅、保守系団体が一部を残し総崩れ、となれば、ブログ読者の対象を(一般の方には心外でしょうが)、官邸と愛国官僚に絞らざるを得ません。

生意気かもしれませんが、そうならざるを得なくなりました。

そして、今年は、ブログを移転しました。過去原稿を一切移動させずに、移転としました。過去原稿を含めて移転すればアクセスは減りませんが、新サイトではアクセスはかつての五分の一に激減しました。

ここで、過去のブログと決別しなくてはならない、自分で納得できない事情についてお知らせしなくてはなりません。

今日の政治的原点が、創生「日本」であることはほぼ確定的です。なぜなら、創生「日本」に参加した政治家が多数大臣になられ、現政権を支えているからです。
しかし、その一翼を安倍政権よりも政治的に保守寄りの路線で担っていた「次世代の党」、「日本の心を大切に思う党」が議席的に激減する様をみて、私は、ブログの視点を首相がかつて提唱した「美しい国」から「祖国日本」に代えなくてはならない、と決意したのであります。

アクセスがどうのこうのという次元のことではないのであります。

また、もう一つ、ご報告しなくてはならないことがあります。実は、上半期、体調不良に見舞われ、コンスタントに原稿が書ける状況ではありませんでした。
しかし、11月頃には持ち直し、どうすれば体調不良にならないで済むか、コツを掴み、11月以降は、1日2稿、調子良い日は1日3稿、出稿を試みています。
先月以降、頭の中でシナリオが後から後から自然に出てくるので、長文癖、漢文調の癖を修正しつつ、3回くらい校正した後出稿します。出稿後に字句訂正、文言追加などもあり、1原稿で5回くらいは初稿と比較して修正しています。

それもこれも、支持政党は、「日本の心を大切に思う党」でありながらも安倍政権を支えるブロガーでありたい、第一次安倍内閣みたいなことだけは絶対に避けたいという思いから来ています。

また、一連の外交分析しつつ私は、ある発見をしました。

政権と官邸スタッフは、いいシナリオとキーワードが見つからないという類の、胃が痛くなるような検討作業状況において、孤独な判断を日々強いられている、その一方で、保守系言論人は大半が(批判文しか書けず)力量不足であること(日韓合意文書の内容、安倍談話、真珠湾での演説文の草稿について官邸提出できた言論人は何人いたのかということ)に、原稿を書きながら気づいてしまったのであります。

なぜなら、胃が痛くなるような作業状況での孤独な判断、ビジネス社会で日々経験済なので、そういう事情であろうと、わかるのです!

ブログ読者を官邸スタッフ、愛国官僚に設定する理由はそこにあります。

たった一人の言動に過ぎなくても、国家の中枢を動かすにはどうしたらいいか、日々自問自答を繰り返しています。

また、コメントいただく方の中には、私以上の見識ある方がおられること、管理人として受け止めており、コメント下さった方のご配慮にここで感謝申し上げます。
同様に、日々欠かさず、拍手ボダンを押されることで、激励下さる皆様にも感謝いたします。

最後に総括となりますが、
この1年間、過去数年と比較して、歴史に残るイベントが続出した1年であったと思います。

私一人ができることは、限られてますが、1歩前に事を進ませるにはどうしたら良いか、その視点で書き綴っていること、

誰の手柄とかそういうことにこだわらず、

祖国は日本!

我々の世代に祖国日本、なんとかしたい
我々の世代で戦後レジームを終わらせたい

その一心で、来年も出稿することをお誓いし、本年最後のご挨拶とさせていただきます。

以上

テーマ : 最近のニュース - ジャンル : ニュース

12:25  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.12.31 (Sat)

超親日国オマーンが北朝鮮制裁に協力 親日国上位ランキング入り確定!

まとめサイト「保守速報」に掲載されているコメント、情報に、歴史の真実について言及しているものが少ないため、補完目的で出稿することとした。

また、オマーンという国について、どういう国か、経緯について知っている人は少ない。


私は、オマーンを敢えて親日国ランキングに入れなかったが、彼らは、ランキング入りさせるべく、そう決断したかもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

【速報】オマーンが北朝鮮人全員を本国へ強制送還!!!
http://hosyusokuhou.jp/archives/48781493.html

親日国 再定義するとこうなる 
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-258.html

―――――――――――――――――

既に、東日本大震災義援金ランキングでオマーンは堂々の上位

―― 参考情報 ――――――――――

東日本大震災 海外からの義援金ランキング
http://ameblo.jp/potuta3/entry-11507598693.html

―――――――――――――――――

そうなるには、こういう背景があることを知らなくてはならない。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

義援金ランクで
そういえばと思い出したのは、80年前にオマーンに嫁いだ大山清子と
タイムール国王との娘ブサイナ妃(節子)や、同じオマーンで現在も
活躍中の学校経営者スワーダさん(旧姓:森田美保子)らの存在です。
アナンケ | 2016.12.20(火) 20:06 |

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

森田美保子という女性、存在が信じられなかったが、美女、才女であることは以下の情報でわかった。

―― 参考情報 ――――――――――

世界で人々のために働く日本人女性~中東編
http://josei-bigaku.jp/sekaihataraku3084/

―――――――――――――――――

オマーン国王と日本女性との恋愛話、ご存じであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

国王の座を捨て日本人女性と結婚した元オマーン国王
http://amijuku.com/index.php?omaan

国王の座を捨て日本人女性と結婚した元オマーン国王
http://nakeru.eco.myblogs.jp/%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%9B%BD%E7%8E%8B/

―――――――――――――――――

これらの話、私はつい最近、知った。
よって、我々は、オマーンを超親日国として処遇しなくてはならない。


親日ぶりを装うミャンマーなどに惑わされてはならないのである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

スーチーが韓国で日本批判・仁川市長「ドイツと違い日本は従軍慰安婦問題などを認めない。関心を持ってほしい」→アウン・サン・スーチー「過ちは誰でもあるが、過ちを認めることをためらうことこそが本当の過ちだ」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/47016056.html

スーチー女史は善人ではない
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/39766200.html

http://www.geocities.jp/torikai007/war/1944/burma.html

当初は,日本軍を歓迎していたビルマ人たちも,支配が長引き,物資不足に陥ると,日本軍に協力しなくなった。日本軍に対する物資補給は停滞していたから,日本軍将兵は,住民から物資を徴発するしかなかった。反抗する住民には威嚇するしかなかった。こうした戦局悪化の状況で,日本人とビルマ人との友好関係は,崩れていったと考えられる。

 連合軍のビルマ中北部の征圧とほぼ時を同じくして、現地人の反日行動が各地で起こった。敗走する友軍ははじめそれに気づかず、「現地の人は友好的」と信じ込んでいた将兵は、現地人の部落に助けを求めて近寄り、そこで不意打ちに遭って命を落とした者も多数いた。日本軍が優勢な時には、少なくとも好意的で、協力の姿勢を見せていた現地人も、戦局が一変するや、もはや味方ではなくなったのである。

 ラングーンに通じる街道は、夜ともなると、昼間どこかにひそんでいた友軍が現れ、ひしめきあった。どの部隊も、すでに大半が傷つき、疲れ切って重い足を引きずっていた。そんな時「首都ラングーンもすでに敵の手中」といううわさが飛び交っていた。(The World War 2 Japanese Military Museum of Khun Yuam―井上朝義著『彷徨ビルマ戦線-陸軍獣医大尉の従軍手記』引用終わり)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ミャンマーの親日というのはご都合主義であるようだ。平気で裏切る習性がある民族が最貧国のままであるのは、そういうことなのだろう。

マスコミによる、スーチーヨイショ報道が目立つのは、無知な癖に捏造慰安婦問題に言及したからであろう。
彼女は、あの韓国に買収されたようである。
彼女は、捏造された歴史を知らないし、ビルマや、一族の翻弄された歴史も知りたくないのかもしれない。

正真正銘の親日国というのは、日本が本当に困っている時に助けてくれる国を言うのだ。


日本が困ってなくて、相手国が困っている、そんな状況で、円借款の債務免除はなぜかミャンマーに集中している。援助を貰うためだけの、「親日演技」に騙されてはならない。

逆に、オマーンは我が国に対し、貸しをつくってくれる超親日国。非常に珍しいケースではある。(大半は援助国のなのであるが)

オマーンは、知られざる、美しく豊かな国なのだそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

オマーンってどんな国?
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/hiroshima-oman/oman2.htm

―――――――――――――――――

まとめに入りたい。

こういう筋があるのだ。

ネット界で、オマーンが上位にあるグラフが拡散されていることを知ったのは、2週間くらい前、拡散活動されていた方は、オマーンのことを調べあることに気づき政府に対しある事を陳情し、その陳情がああいう形で実現したかもしれない、と睨むのである。

そのグラフとは、以下。
東日本大震災 日赤通じた寄付


ネット上では馬鹿を装いつつ拡散活動
そのネット情報を拡散しつつ意外なことを掴み、陳情活動
それに気付いた官邸が、しかるべく処置
オマーン政府として北朝鮮制裁に協力

そういうことではないかと思い至るのである。

以上

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

02:52  |  友好国  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT