FC2ブログ
2016年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.10.31 (Mon)

日本ハム優勝 不祥事続出の三菱自動車はやるべきことがあったはずだ

プロ野球日本シリーズ、今年は日本ハムが優勝した。

中でも、優勝を決めた試合での、大谷のネクストバッターズサークルでの動き、球界史に残るであろうと思う。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://mainichi.jp/articles/20161030/k00/00m/050/086000c

日ハム日本一 「見せ球」大谷、ジャクソンに圧力

毎日新聞2016年10月29日 23時34分(最終更新 10月30日 00時17分)

【広島-日本ハム】八回表日本ハム2死満塁、打者・中田の時、ネクストバッターズサークルに立つ大谷=マツダスタジアムで2016年10月29日、大西岳彦撮影

 日本ハム・栗山監督の、とっておきの「戦略」だった。4-4で迎えた八回、2死からの3連打で満塁の好機。4番の中田が打席に向かうと、後方のネクストバッターズサークルに大谷が現れ、マウンド上のジャクソンをにらみつけるようにバットを構えた。

 その存在感に、ジャクソンがけおされたように見えた。中田はストレートで押し出し四球を選ぶ。すると大谷は素知らぬ顔でダッグアウトへと下がり、代打には出ない。そのまま打席に入った投手のバースが中前適時打で続き、レアードがグランドスラム。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

4勝2敗で、4連勝で優勝した日本ハムであるが、最初の2試合は、広島の勢いにしてやられた。広島球場のマウンド、グラウンドが普段と異なり、投手、内野陣が戸惑っているのがテレビで見ていてわかった。
転機は3~5試合目にあった。この3試合とも実はどちらが勝ってもおかしくない、勝った方はは紙一重の勝利だったと思う。
私は、プロ野球は普段はテレビ観戦しないのであるが、3戦目からは、やはりプロの試合は違う、プロの選手の技、気迫を試合の中に見た。

試合中の雰囲気だが、どちらかと言うと、広島の選手の方が伸び伸びしているように見え、日本ハムの選手は勝手がわからない雰囲気に映ったのだが、凡打のイメージしかない中田が大谷敬遠の後しびれるようなヒットを放ち、不調にあえいだ西川が吹っ切れたように満塁ホームラン、レアードの満塁ホームランで最後は勝利を手にした。


日本ハムの勝因は、チームワークの良さ。多少の失敗はあってもそれを敗北の理由としない雰囲気、みんなでカバーするような明るい雰囲気があったことだ。初戦、先発した大谷が、大きなフォームで力んで投げそこにつけ込まれ重盗で崩され、調子を狂わされ何度も決め球でワンバンウンドの投球を見、私は早く交代させるべきと思ったが、大谷はそれでも投げ続けた。監督、選手のプロとしてのプライドを私は見た。監督も選手も本当によく辛坊したと思う。

広島の投手の中では、ジョンソンという先発投手がいい投球をした。この投手、とらえどころがなく、内角への配球が絶妙、打ち崩すのは容易でないように見えたが、対する日本ハムの投手陣は、この好投手がいるのに物怖じせず、中継ぎ押さえと非常に良く辛坊した。苦しい戦い、どの試合も楽勝とは言えない、接戦での勝利、気を抜かずよく頑張ったと思う。

私は、野球理論、戦術、技術に詳しいわけではない、なんとなく経験的にそうだろうと思っていることを書いてみた。


その発想で、リコール隠し、燃費に係わるスペック・試験データ改竄等を繰り返し、反省の色が見られない、三菱自動車について述べたい。

実は、私は、しようと思えば三菱自動車に就職できた。当時はギャランという名車があった。トヨタについては、入社できる見込みにあったがしなかった。同級生は、日産を受験したが、面接で「技術の日産」と言ったのが問題だったらしく、あえなく撃沈ー。

私は、社風的にトヨタが合っていると大学の教官から言われていた。このブログの書きぶりもそうだ。プロセスを省略せず、コツコツ地道にやる、そういうタイプなのだ。

そういう視点、ビジネス経歴から、三菱自動車の改善策について述べたい。

三菱自動車の問題は、設計、品質部門の問題のように見えるが、実は販売部門も同じ問題を共有しているとみている。


日本ハムの優勝を思い出していただきたいのである。

製造部門が確信犯的ポカを繰り返す、当然、販売部門への打撃はきつい。

では、三菱自動車の販売ショールーム前の市道の街路樹脇の花壇は、綺麗に草むしりされているであろうか?

私がみた、三菱のショールームは草が伸び放題だった。どうせ売れない、お客さんが来てくれない状況なら、多少ヒマになるはずだ。店の前の草むしりくらいやって当然だろう。

一見の客は、ショールームだけでなく、その街区にある店の雰囲気を観察するであろうことにどうして気づかないのであろうか?
客は、店の前の花壇もショールームの一部みたいに見ていることにどうして気づかないのであろうか?

実は、近所に三菱のデイーラーの店長らしき人物がいる。町内会の会合にまったく姿を見せず、近所の人に挨拶もせず、ただ店の車を見せびらかすように、電気自動車、SUV、軽自動車を乗り回している。その人、近所なので、道を譲り合わざるを得ないタイミングでどうしているか、この人はなんと譲らず、我先に突っ込んでくるのだ。

私は呆れてしまった。社会人としてのマナー、こんな雰囲気の人が販売店の店長で、近所の人が三菱車を買おうと思うであろうか?

案の上、近所で三菱車のオーナーはこの人くらいである。


不祥事については、確かに設計部門は悪い。社長も悪い。
しかし、販売部門も悪いのである。

おそらく、三菱自動車の販売担当役員は、店先の掃除すらしたことがない人ではないかとー

対して、売れているメーカーの販売店はどうだろうか、自動車販売店を訪問する際、店先の市道の花壇の雰囲気で比較しようと私は思っているところである。

と同時に、企業業績の悪化は、その発生部門だけでなく、それを支援する立場にある部門が普段から協力的でないことが原因としてあげられると思う。

話は飛躍するが、大東亜戦争開戦の時代についても言えることだが

海軍が、当初計画にない、真珠湾攻撃を開戦直前まで、陸軍に伝達しなかった事が該当するだろう。
海軍サイドで相当前から準備しているにもかかわらず陸軍には伝達せず、御前会議前のに11月中旬に択捉島から出撃、
既に、真珠湾攻撃部隊がハワイに向かっている最中に、東条英機首相は事の次第を知ったという説がある。

・真珠湾攻撃は山本五十六の私戦だった?  
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/#entry136

また、ミッドウエー海戦については、山本五十六は、急がせれば出撃可能な戦艦武蔵を艦長室の改造工事という理由でわざとに就役を遅らせたとする説もある。

戦艦大和・武蔵の艦長室について 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-133.html

戦艦武蔵が、一時的にでもミッドウエーに艦砲射撃を行い、直後戦線離脱の戦術をとったらどうだったであろうか?
少なくとも、ミッドウエー島の燃料タンク、滑走路、軍関係の施設を一時的に使用不能くらいにはできたはずである。

日本ハムが優勝したのは、監督、投手陣、打撃陣が辛坊し協力した結果であり、対戦した広島も内容的には遜色ない闘いぶりだった。
それゆえ、両チームそれぞれを祝福すべく書いたのである。

それと比較すると、三菱自動車、製造部門の不祥事を支えるはずの販売部門の体たらくが企業業績の悪化に拍車をかけていると、どうして考えないのか?

私は、三菱自動車の社長や出資した日産のゴーン社長にかく提言したいくらいである!

以上


スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

07:12  |  企業・団体  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.10.30 (Sun)

韓国の支配者は誰なのか?

今の韓国の支配者は少なくとも大統領ではないようだ。
そのことを確信させる事案が起きた。

ついに韓国・朴大統領にも強制捜査ww 大統領府に検察が乱入 年内に死刑の公算
http://hosyusokuhou.jp/archives/48760818.html

韓国の有力企業の支配者が実質アメリカであるという情報もある。

「韓国」経済の実態 米日独占が実質的に支配
http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5711-22.html

アメリカは、日本との経済戦争において、日本企業の力を削ぎ、一方でアメリカ企業の利益とするために、動いてきたようだ。

アメリカが日本に経済戦争を仕掛け始めたのは
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1061335645

ロックフェラーセンターの買収がすべての発火点だったかもしれない。

CIA東京支局 公開されている情報から読み解くと…
http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_6.html

ビル・クリントン大統領による、多分に差別的な対日制裁発言の動機は、どうもそこにあるようだ。

ビル・クリントンはウィンスロップ・ロックフェラーの隠し子
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14121969949

―――――――――――――――――

http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_7.html

ハリントンなる人物、在米日本大使館嘱託からCIA東京支局長に転身
 日米貿易摩擦のアメリカ政府対応シナリオの台本を用意
 電話盗聴に関与?
その後の日本の市場開放シナリオをアメリカ政府に提供

―――――――――――――――――

CIA東京支局 公開されている情報から読み解くと…
http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_6.html

アメリカ政府・CIA東京支局はフェアではない
http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_3.html

こういうのを読み込んでいくと、今の韓国の経済発展の筋書を準備、作成したのが、C●Aの東京支局ではないかと思い至る。(勝手な推論)

すべては、一見バラバラな様に見えるものの、動機は一筋の意図で繋がっている!

そして、今朴大統領周辺に捜査が及んでいるのも、中国との二股外交をやめようとしないことに業を煮やしたアメリカが裏でシナリオを書き、焚き付けていそうな気がする。

一方、産経支局長は、一連の捜査の最終目標がどこにあるのか、大統領のバックにいる人物の存在を指摘した。

【韓国崩壊】産経の加藤達也元支局長が衝撃の暴露
http://www.news-us.jp/article/20161029-000008k.html

前李明博の場合といい、在日勢力は韓国を支配しようとして失敗したようだ。動機は、自身の納税特権(日韓両国どちらにも納税しないで済む特権)継続のためと推定する。

どうやら、韓国の支配者は、韓国の国外にいて大統領以上の権限を有しているようである。


日本の場合はどうだったか?

ロッキード事件で、検察は当時の首相を逮捕した。外国政府における簡略化した手続きを正当なものとして認め、日本の検察が追従したことで、当時の田中角栄首相は、辞任、刑事裁判で有罪となった。
その時から、我々は事件を通して、日本の支配者は検察だと教えられ、検察がアメリカCIAのエージェントだという想定のもとで、びくびくして生活する羽目になった。
不思議なことに、捏造慰安婦問題を焚き付けた政治屋、マスコミ記者、キリスト教会関係者は一向に逮捕されない。どうしてか。アメリカ国務省が黒幕と考えれば辻褄があいそうである。

そんな状況で、微罪相当事案であるのに、田母神がかつての同士からの告発を受け逮捕、長期拘留されることとなった。

田母神は持論として、日本に輸入されるアメリカ製兵器は格落ちであり、日本が核武装しない限り外交交渉はうまくいくはずがない!と再三主張、アメリカ支配者にとっては目障りな存在となってしまった。
なぜなら、我々ネット界でこぞって田母神を支持、一大勢力となりつつあった。アメリカの支配者はそうなることを怖れ、エージェントたる●●に逮捕を打診、長期拘留が実現したのである。

長期拘留されている間、格落ちかもしれない、F35が破格の値段で日本に納入された。これは、偶然であろうか?

トランプ旋風ーF35納入ー田母神逮捕は連動している?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

価格が性能に見合ったものか、検証しようとした言論人はいるのであろうか?


私は書き過ぎであろうか?
実相そのものではないのか?
こうして、シナリオをイメージ、文章化、シナリオに矛盾が生じないか、書きながら確認しつつ出稿を続けている。だからこう書けるのだ。

もちろん、シナリオに矛盾点を見出せば、都度軌道修正する、当然のことだ。


少なくとも我々は、田母神逮捕、そしてかつての検察庁ペンキ事件、アメリカに示唆されて検察が動いたロッキード事件に学んだはずである。

たとえば、二重国籍議員の逮捕を実現するのに、政治テクニックはいらない。

既に、告発状は1通作成、受理されたようである。
もし、捜査しないのであれば、次は100通用意しなくてはならない。
もし、逮捕しないのであれば、告発状は1000通用意しなくてはならない。
もし、起訴しないのであれば、告発状は10000通用意しなくてはならない。

なぜなら、エージェントと化したことが知れ渡り、さらに金丸への穏便な処置で怒りを買い、検察庁ペンキ事件が発生、検察は敗北?したのである?この意味おわかりであろう。
国民各層からの告発状が続々地検に提出されれば、それが山のように積み上げられれば、検察はその権威を護るために、動かざるを得なくなるのである。

二重国籍議員問題 1人1通東京地検に告発状を出す戦術が有効かもしれない
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-172.html

検察は、どの組織よりも権威(良い意味:国民の信頼、悪い意味:エージェントしての権力?)を大切にする組織である。
いや権威がなければ検察は検察でなくなってしまうかもしれない。
検察は、権威を失うことを何よりも恐れる組織なのである。

「政界のドン」金丸元自民党副総裁逮捕の翌朝、特捜部長は目を潤ませた
(10) 電撃作戦で金丸氏を逮捕し国民の信頼を回復
http://judiciary.asahi.com/fukabori/2012102900007.html

繰り返す。検察は支配者のように見えて、実質敗北?しているのである。
若狭が政界入り、小池の選挙区から出馬した動機を、そこに見るのである。

少し脱線してしまった。

次に、韓国国防相の発言を参照したい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.asahi.com/articles/ASJBX4WVHJBXUHBI02G.html

在留邦人救出に必要な軍情報「渡さない」 韓国国防相
2016年10月28日22時44分

日韓の防衛情報を共有する基礎となる「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を巡る問題で、韓国の韓民求(ハンミング)国防相は28日、韓国在留邦人の救出に必要な空港や道路の状況、韓国軍の展開などの情報について「それは(日本側に)渡さない」と語った。

韓国政府が27日、日韓GSOMIA締結交渉の再開を発表したことを受けて開かれた国会国防委員会で答弁した。韓氏は「必要な情報だけを必要な水準でやり取りする」とした。

韓氏は「日本は監視や偵察など、海洋での情報収集能力で我々よりも多くの資産を持っている」と指摘。北朝鮮の核・ミサイルや潜水艦に関する情報交換に期待感を示した。日米主導のミサイル防衛体制への参加は否定した。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ここで、平和安全法制の一部を参照したい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/gaiyou-heiwaanzenhousei.pdf

自衛隊法の改正(在外邦人等の保護措置、米軍等の部隊の武器等の防護関連)

在外邦人等の保護措置
○ 外国における緊急事態に際して生命又は身体に危害が
加えられるおそれがある邦人の保護措置を自衛隊の部
隊等が実施できるようにする。(第84条の3)
【手続】防衛大臣による命令
○外務大臣からの依頼・協議、内閣総理大臣の承認
【実施要件】以下の全てを満たす場合
① 保護措置を行う場所において、当該外国の権限ある
当局が現に公共の安全と秩序の維持に当たっており、
かつ、戦闘行為が行われることがないと認められること。
② 自衛隊が当該保護措置を行うことについて、当該外
国等の同意があること。
③ 予想される危険に対応して当該保護措置をできる限
り円滑かつ安全に行うための部隊等と当該外国の権
限ある当局との間の連携及び協力が確保されると見
込まれること。
【武器使用権限】
○いわゆる任務遂行型の武器使用が可能。
○危害許容要件は正当防衛・緊急避難。
保護措置:警護、救出その他の当該邦人の生命又は身体の保護のた
めの措置。輸送を含む。
※ 邦人以外の外国人も一定の条件の下、保護することが可能。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

韓国国防相は、日本の自衛隊に対し、邦人保護名目であっても、朝鮮半島上陸を認めたくないようである。


つまり、北朝鮮有事に、日本政府は、拉致被害者を救出できなくなる可能性がある。
言い換えると、韓国国防相は、日本の拉致被害者救出を阻止しようとしているとみなすことができる。

安倍政権は拉致被害者救出に向けた措置を何一つしていないという趣旨の発言を昨年聞かされたことがあるが、少しは安倍首相を弁護したくなる。

韓国の国防相の了解をとらないと、拉致被害者の救出もできないのか?

そう考える根拠は、あの日韓基本条約にある。北朝鮮政府がいない前提での条約とすることで、韓国は朝鮮半島全体に係わる独占的な利権を手に入れた。

水間政憲は指摘する。捏造慰安婦問題は、韓国の財政問題とリンクしているとしている。

拡散希望:白熱!!討論・討論・討論
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1407.html

水間政憲 ひと目でわかる慰安婦問題の真実からの引用

ひと目でわかる慰安婦問題の真実 水間政憲


アメリカの支配者の立場ならどう読むであろうか?
韓国経済が傾いているなら、日本に金を出させ、てこ入れさせることを思いつく。日本政府にはATMとして振り込ませる口実が必要なので、それを捏造慰安婦問題にしたのではないか???

実際、韓国は朝鮮戦争の後にアメリカの都合で創られた国ではなかったか?

時期的に冷戦後の日米経済戦争勃発、ビルクリントン大統領の対日蔑視・制裁発言、と一致するはずだ。

既に、CIA東京支局は、日米経済戦争のシナリオ作成者であることが公表されている文書から確認……………

では、韓国国防相発言の真意をどう読むか。

私はこう解する。
邦人救出、拉致被害者救出のための自衛隊の朝鮮半島派遣実現に際し、韓国国防相筋に、巨額の●●を●●することを確約しない限り、日本政府(自衛隊)による朝鮮半島での邦人救出を認めないということではないかと。

既に、捏造慰安婦カードは韓国にとって無効になった。彼ら支配者は新たな切り札を欲しているのだ。

すなわち、韓国の支配者(どうも大統領ではないらしい)は、捏造慰安婦問題の代替利権を在韓邦人に向け始めたようである。
韓国国防相は、自身が手にできる、みみっちい(それでも数億程度?)の利権のために、そう発言しているかもしれない。

その第一弾は、ロッテ創業者事案。

ロッテ会長逮捕
http://hosyusokuhou.jp/archives/48527560.html

その一方で、中国にすり寄っている。

韓国政府、中国に軍事情報協定締結を提案
http://hosyusokuhou.jp/archives/48760692.html

韓国の支配者が、軍事・国防・検察を押さえていることは確かなようだ。それが、韓国の保守政界の実相のようである。

日本に難癖をつけつつ、日本政府から金をむしり取るために手段を選ばず、孤立する中国に対してはすり寄り何かを得ようとする…………………

歴史は繰り返すというが、韓国の場合は、日露戦争前夜のあの閔妃がコウモリの如く軍事・国防・検察を支配し、あっちにフラフラこっちにフラフラ、国民の生活のことなど眼中にないようである。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

閔妃
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%94%E5%A6%83

親日開化主義から親清事大を経て親ロシアへと次々に方針を転換したかのように見える閔妃の政策は、まさに大院君への怨念ともいえる姿勢で貫かれており、これらが原因で大院君に代表される反対派勢力による反感を買うことになる。閔妃の動きは閔妃に不満を持つ大院君や開化派勢力、日本などの諸外国から警戒され、開国504年(1895年)10月8日早朝、景福宮に日本軍守備隊、領事館警察官、日本人壮士(大陸浪人)、朝鮮親衛隊、朝鮮訓練隊、朝鮮警務使らが侵入する事件が発生、その混乱の中で殺害された(乙未事変)。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

朝鮮半島史をきちんと読めば、こういう理解となるはずだ。
日本が朝鮮の独立を認めようとした際に、朝鮮の支配者たちは清になびき、日本は日清戦争を余儀なくされた。
やがてロシアが南下政策を強化、朝鮮半島がロシアの影響下になりそうな状況下で、清はロシアの南下を容認?、朝鮮は日本支持・ロシア支持に分断され、閔妃は親日開化主義から親清事大を経て親ロシアへと次々に方針を転換した。


まさに、今朴槿恵大統領がやった外交も似たようなものだ。
韓国の朴槿恵大統領は、安倍政権との慰安婦問題に係わる日韓合意でヘマをしたと韓国の支配者から睨まれ、政治生命は風前の灯状態にある。

つまり、安倍政権は、韓国の支配者からみればうまく立ち回ったように映っているはずである!

それゆえ、朴槿恵があれだけ政治的に追い詰められているのに、捏造慰安婦日韓合意した安倍政権を批判している者の中に、韓国KC●Aのエージェントがいるのではないかと、勘ぐってしまうのである?

ただ、閔妃は殺害されたことを知るならば、韓国国防相は朝鮮半島有事に自身に危害が及ぶことを避けるべく、自衛隊の朝鮮半島派遣を拒否する動機を見出すことができる。


視点を変えたい。

一連の流れを追っていくうちに、日本の民主党の発想がどこにあったのか?について気が付いてしまった。

朝鮮半島史は、庶民の生活を顧みない、怠惰で傲慢な両班によるおぞましい支配の歴史である。そう総括することができれば、韓国に優しい、(日本人なりすまし、二重国籍議員が150人いると噂される)日本の民主党は、暗黒の朝鮮半島政治史を振り返り、当時「国民のために」というキャッチフレーズを掲げ、2009年の衆議院選挙に臨み、民主党政権は、韓国民そして在日韓国民に異常に配慮したかもしれないのだ。
我々保守層は、それら一つ一つに愕然とさせられたのであるが、あれは、暗黒の朝鮮半島史への反省から編み出された、(韓)国民そして(在日韓)国民向けの日本の(一時的)支配者としてのメッセージでもあったのだ。

以上、面白がって書いていくうちに、かようにフィクション化してしまったことを反省していることを表明し、本稿を終える。

テーマ : 時事ネタ - ジャンル : ニュース

06:19  |  韓国  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2016.10.29 (Sat)

厚生労働省は3分割されるべきだ

厚生労働省は、年金、医療費、雇用保険等を扱う、巨大予算を執行する官庁である。
中でも医療費は右肩上がり、これに歯止めをかけるのは難しい状況にある。

財務省は、生活保護受給者による医療費の全額支給をやめさせるべき、審議会で、一定の条件で自己負担とすべく、答申を出した。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.daily.co.jp/society/economics/2016/10/27/0009616012.shtml

2016.10.27
生活保護でも医療費自己負担

 財務省は27日の財政制度等審議会分科会で、公費で全額賄う生活保護受給者の医療費に関し、医療機関への過剰受診が続く場合などに一定の自己負担を導入するよう提言した。自治体全体の収支見通しを示す地方財政計画では歳出が恒常的に過大計上されていると分析し、経費の絞り込みを求めた。ともに2017年度以降の予算編成で歳出膨張を防ぐのが狙いだ。

 生活保護受給者に自己負担のないことが過剰な受診を生みやすいと指摘。行き過ぎた受診だと医師が認めた人が改善指導にも従わない場合は、自己負担や受診回数制限の導入を検討するよう厚生労働省に促した。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

じっくり読んでいただきたい。

生活保護者受給者が無料で治療を受けられる病院を制限すれば、少しは公費負担が減ると考えるべきだろう。
たとえば、大学付属病院等での生活保護受給者の取り扱いをやめるというはどうだろうか?
また、紹介状ない状態で大病院で診察を受けた場合、生活保護者を含め、一般の健保加入者と同様の負担を求めるべきだ。
公立の地域基幹病院の重複診療などは、自己負担とすべきだろう。
他に考えられるのは、生活保護受給者に全国共通の電子カルテを適用すること
行き過ぎた受診をやめないなら、保健婦を動員、保健指導強化という手段もあるだろう。

しかし、とにもかくにも、これらは厚生労働省本省本来の検討課題ではないのか?
財務省の個別分科会でこの種の処方箋的提言を受けた時点で、厚生労働省は実力的に3流官庁という印象を持った次第。


次は、抑留者の遺骨管理に係わる不祥事。

抑留者の遺骨を誤って焼却 ロシア人がたき火に使う 61柱分身元特定できず 厚労省が謝罪
http://www.sankei.com/affairs/news/161028/afr1610280018-n1.html

こういうことが起きる背景を考えてみたい。

ロシア国内で日本人バックパッカーが旅行中、襲撃され亡くなった事案があることをご存じであろうか?

日本人バイク旅行者殺害される ロシア
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/3424251.html

亡くなられた人は、写真撮影が好きなようで、おおっと言うような画像が見られる。

厚生労働省は、職員を現地に派遣していたとするが、この事案を知っているためか当該現場には常駐はさせず、ロシア人が間違ってたき火にしてしまったようである。

しかし、本当に間違ったのであろうか?真実は違うと思う。ロシア人はわざとにそうしたのではないか。なぜか?
身元判明すると外交的に困る人が含まれていた可能性があるかもしれないのだ。

政府は、重要度を勘案、優先順位をつけて調査する。当然のことだ。ロシアは弱みを握られては困る。外交とはそういう性格のものだ。

私は、親日的というだけで外国人を信用しない。拙ブログをお読みの皆様は、ドナルド・キーンを信用されるであろうか?テレビ出演回数が多く、保守的な論調で本を突如書き始めた、ケント・ギルバートに対し、血筋がユダヤ系なのか、フリーメーソンの集会に参加しているのか、C●Aのエージェントだった期間はないのか?質問する必要性を認めるべきだろう。どう答えるのか、私は興味がある。ただ、最近のケント・ギルバートは評価してもいい。
だが、疑うことなく、絶賛することは幼稚過ぎる。マッカーサーが日本人の精神年齢が12歳だと語ったことを思い出してほしい。ちょっと親日のポーズを見せるだけですぐに信用してくれる、日本人の無邪気さをマッカーサーはそう言っているのかもしれないのだ。


その厚生労働省は、一応、戦没者慰霊事業全般を所管している。

戦没者慰霊事業の実施
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/senbotsusha/seido01/

見方を変えたい。もし、拉致問題を扱う部署が所管した場合を想定したい。もっと丁寧に抜かりなくやるだろうと、私は予想する。
私は、厚生労働省というぬるま湯体質で、抑留者の遺骨を誤って焼却という事案が発生したとみている。

その厚生労働省という役所、なぜかシベリア抑留事案を含め遺骨収集事業に後ろ向きな印象がある。

~ロシア連邦政府等から提供された抑留者に関する資料について~
資料の一覧や死亡者名簿が閲覧できます
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/

これなどは、抑留死亡者の名簿公表を意図的に遅らせた形跡がある。読売は、厚生労働大臣が名簿公表が遅れたことについて謝罪したのだ。

抑留死名簿新たに1万人、シベリア外2130人
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000799/20150430-OYT1T50146.html

どういう理由で公表が遅れたのか、実は判然としないが、一つ手がかりを見つけた。

シベリア抑留調査を妨害する勢力について 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

「平成3年度以降にロシア連邦政府等から提供された各種名簿」とあるので、あの瀬島龍三が生きていた時代に、名簿公表が遅れるべく措置されたと私はみる。
なお、瀬島龍三が亡くなったのは、2007年である。

すなわち、厚生労働省のOBか現職員あるいは、陸軍関係者の中に、遺骨収集ならびに抑留調査を妨害する勢力がいた可能性を指摘するのだ。


そうする動機はどこにあるのか?

抑留が政治的取引として行われた可能性があり、真実を大々的に証言されると政府として立場がなくなる、抑留によって敗戦革命を意図したが実際には敗戦革命が失敗しそれがバレるのを防ぐ?目的と推定する。

抑留者が抑留体験を語る講演会なるものに参加したことがある。なぜか、地元新聞社から数人来ていた。彼らは、それを報道することがあった。その一方で、抑留体験者としての講演者は、何かに怯え語っていた印象があった。

新聞記者がソ連のスパイに見えたのだ。
彼ら新聞記者は、抑留期間内で行われた、陰湿かつ凄惨な政治活動、闘争について語っていないか、抑留体験者を監視していたかもしれないのだ。

講演を聞きにきた記者の中に、偏向報道常連の、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道が含まれていたので余計そう思うのだ。

話題を変えよう。独ソ戦では、ドイツ、ソ連双方が抑留を繰り返した。

独ソ戦の経緯を知れば大本営はシベリア抑留を予知できたはずだ 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/?q=%E6%8A%91%E7%95%99

戦局的に有利になると大量の捕虜が発生し、それを自国経済のための強制労働のために使役したことがわかる。

日本軍による捕虜収容はそれと比べれば極めて良心的なものだ。

ドイツにいた大島大使(暗号解読されて情報筒抜け)は、ソ連に侵攻後、大量のソ連人がドイツに移送され、逆に、ナチス解体後、ドイツ軍人が大量にソ連に移送された事実2つとも知らないとしたら、間抜けとしか言いようがない。

女でもあてがわれ、腰抜けにされたのであろう。

観戦武官の勤務実態、報告書はすべて調べ直す価値はあるかもしれない 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-103.html

実態的には、雇い入れた、美人タイピストなどに、機密情報を盗まれたとみていい。

大島大使は、普通に仕事をしていれば、ナチス解体後、日本陸軍は、敗北すれば抑留される可能性があることを察知していたはずである。

<満州の記憶>関東軍撤退 置き去り
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160918_13019.html

私は、抑留調査妨害の黒幕は、瀬島龍三ではないかとみている。その背後に首相経験者が潜んでいるような気がする。瀬島龍三を政府委員として重用した首相が誰であるかおわかりであろう。厚生労働省が平成3年時点で公開可能なものが、なぜかその時点で公開されず、最近になって公開される人的要因があると考えるのだ。瀬島龍三が亡くなったのが2007年。辻褄はあう。


その厚生労働省は、最近、さらに二つチョンボが発覚した。

どちらも労働行政においてである。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/affairs/news/161028/afr1610280006-n1.html

電通「働きやすい」認定取り消し検討 厚労相「厳正対処」

【電通女性社員、過労自殺 刑事事件に発展する可能性も】

 昨年12月に新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺した電通について、厚生労働省が労働時間短縮に取り組み、働きやすい「子育てサポート企業」に認定していたことに対し、塩崎恭久厚労相は28日の閣議後会見で「認定取り消しを含めて厳正に対処する」と述べた。

 「子育てサポート企業」は次世代育成支援対策推進法に基づく制度で、重大な法律違反がないことも基準となっている。認定されると、専用のマークを広告などに使ってアピールできるメリットがある。電通は平成19、25、27年の3回認定された。

 しかし電通は、労使協定で定めた残業時間の上限を超える違法な長時間労働を社員にさせたとして、支社も含めて26、27年と過去2回是正勧告を受けている。

 現在も高橋さんの過労自殺を受けて、東京労働局が刑事事件化も含めて調査している。塩崎厚労相は「認定基準もより適切なものにしていきたい。過労死にかかる労災請求の事業所に対し監督指導を徹底して、調査結果を踏まえて厳正に対処していく」と話した。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

厚生労働省の本省職員は、モノの本質が見えているのであろうか?東大卒のエリートで固めた組織の間抜けさがかように表面化したのである。

また、厚生労働省は、電通に巨額の契約を行っていたそうだ。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/life/news/161026/lif1610260004-n1.html

電通と厚労省 5年で約10億円の契約 女性新入社員自殺問題に絡み民進が問題視

 電通の女性新入社員自殺問題に絡み、民進党の石橋通宏参院議員は25日の参院厚生労働委員会で、「厚生労働省は電通と5年で約10億円の契約実績がある。しかも、この3年間で増えている。過労死を出す企業については、状況が改善するまで契約を見直すべきだ」と指摘した。

 塩崎恭久厚労相は「今の提案を含め、今後何が必要なのか考えていきたい」と答弁した。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

何かにつけて審議拒否、質問らしい質問ができない、二重国籍者だらけの?民進党にしてはまともな質問である。


そもそも電通がつけ上がるのは、官庁が電通に発注するのをやめないからだ。中央官庁、外郭団体、自治体、愛国議員の皆様におかれては、それぞれの立場にて、電通への発注量削減について試みられんことをお願いする次第。

厚生労働省は、年金の所管官庁でもある。第一安倍政権時代、社会保険庁が安倍政権崩壊の引き金を引いたことを皆様ご存じであろう。
安倍政権を倒す目的で、社会保険庁職員は総出で仕事をサボタージュしたのである。
その後、別組織になって、個人情報流出以外の不祥事は起きていない。が、監視を怠ってはならない状況にある。
彼らは、労使一体化して?、その業務執行を意図的に手抜きし、それによって日本国内を混乱させ、政権崩壊させようと目論んできた勢力なのだ。


こういう事例と経緯を知るならば、厚生労働省は、雇用、医療、年金、介護・福祉、遺骨収集と主要分野がある中で、雇用は消費者庁と合体させるか独立、あるいは総務省の外局に移行。
抑留調査・遺骨収集は拉致対策と一体化。年金は、運用に係わるとみれば、厚生労働省から独立させ、金融庁と同格とすることが考えられる。

厚生労働省の中で、医療、介護・福祉といった分野のみ残し、厚生省と名称変更するのである。

厚生労働省は少なくとも3分割されるべきなのだ。

最後に、国家公務員共済組合組織の肥大化について述べたい。

国家公務員共済組合 医療事業
http://www.kkr.or.jp/hospital/hospital/

実は、全国各地に、国家公務員共済組合所管の大学付属病院クラスの大病院が存在する。
私は、こんな巨大化した病院が、必要なのか疑問に思っている。
共済組合の所管は、労働省管轄、それが厚生省と一体化したことで、労働利権と医療利権が結びつき、共済組合が経営する巨大ビジネスが出現した。
大規模に土地を取得し、その一方で中共に領事館の敷地を提供するなら、共済組合事業について、優遇措置が存在するなら廃止、共済組合事業の制限を政府は検討すべきだが、それを自らの天下り先と考える、厚生労働省職員にやらせてはならない。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

中国大使館都内一等地買収問題
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E9%A4%A8%E9%83%BD%E5%86%85%E4%B8%80%E7%AD%89%E5%9C%B0%E8%B2%B7%E5%8F%8E%E5%95%8F%E9%A1%8C

中国大使館都内一等地買収問題(ちゅうごくたいしかんとないいっとうちばいしゅうもんだい)とは、2011年(平成23年)4月26日に中華人民共和国政府が東京都港区南麻布(地図)に国家公務員共済組合連合会が所有する5,677平方メートルの敷地を一般競争入札で落札したことに端を発した、一連の問題のこと[1][2][3]。
現在、新潟市で新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題、名古屋市で名古屋中国総領事館の国家公務員宿舎跡地移転問題が同様に起きており[4]、これらの動きへの懸念・反発の声が出ている[4][5][6][7]。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

かように肥大化した、国家公務員共済事業が中共の領事館用地取得と連携するのであれば、安倍政権は、報復措置として国家公務員共済事業の制限(一定面積以上の用地取得等、大規模事業の制限)を行うべきなのである。

結論として言えることだが、肥大化した厚生労働省、最低でも3分割くらいにスリム化するのが、不祥事根絶、医療費削減、年金制度の維持に繋がるのではないかということを指摘し、本稿を終える。

以上

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

本稿のまとめ(再掲)

・厚生労働省は最低でも3分割されるべき
・戦没者慰霊事業は、拉致被害者救出組織と一体化
・労働機能は、独立させるか消費者庁と合体(総務省の外局?)
・年金組織は、独立させ金融庁と同格の組織にするか労働省の外局?
・医療、介護・福祉は独立させる→厚生省?
・国家公務員共済事業の大規模化への歯止め

07:29  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2016.10.28 (Fri)

安倍政権「価値観外交」の勝利 告げ口外交の敗北が確定した

韓国経済新聞によれば、最近、安倍首相と会談するために来日する外国首脳がひっきりなしなのだそうだ。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://japanese.joins.com/article/948/221948.html?servcode=100&sectcode=110

韓経:【社説】安倍首相の外交はピークだが、韓国は…
2016年10月24日09時32分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版] comment84 sharemixi
  15カ国の首脳が9月から12月の間に日本を訪問すると、日本経済新聞が報じた。安倍首相は1カ月間に平均5人以上の首脳に会うということだ。安倍外交の驚くべき成功だ。いま世界的に話題になっているドゥテルテ・フィリピン大統領があす日本を訪問し、安倍首相と首脳会談をする。ドゥテルテ大統領は数日前、習近平中国主席との会談で「米国と決別する」と宣言し、国際政界を揺るがしている。ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問も来月1日に日本を訪問する。モディ・インド首相も、ナザルバエフ・カザフスタン大統領も訪日する。もちろんロシアのプーチン大統領も、ドイツのメルケル首相も安倍首相に会う。

  米大統領選挙と中国の独自路線による北東アジア地域の急激な政治地形変化が予想されている。北朝鮮の挑発的な行動も大きな変数だ。世界的な「力の空白」を話す学者も多い。その中で政治経済的な実利を得るために各国が日本に向かっている。多極化に合わせた連衡戦略で日本が核心パートナーに浮上しているのだ。もちろんその間、日本が積極的で能動的な外交戦略をした結果だという事実は否定しがたい。特に日本はいわゆる韓国の中国傾斜を利用しながら対米関係などで韓国に対する優位を確保してきた。

  このように急速に動く国際政治地形で韓国の外交は見られない。ドゥテルテ大統領もアウン・サン・スー・チー国家顧問も日本だけを訪問して帰るようだ。韓国を訪問するという計画はまだない。一昨日マレーシアであった米国の元官僚と北朝鮮の現職の接触も、韓国は観戦ばかりすることになった。ただ、政府当局者が昨日、「米国政府は今回の協議が民間レベルの対話であり、米国政府とは全く関係がないと説明している」と明らかにしただけだ。批判を逃れるための発言として聞こえる。米国の新政権を控えて韓国だけが孤立している感じだ。このままで井の中の蛙という状況に転落するのでないだろうか。
※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

この記事は重要なことを一つ指摘している。
韓国の首脳と対話しようとする外国首脳はほとんどおらず、安倍首相に会いたい首脳が増えていることだ。




昨日は、ヨルダン国王が来日したそうだ。

日・ヨルダン首脳会談等
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201610/27jordan.html

ヨルダンは小国だが、地域において政治的影響力ある国である。だが、マスコミは外交的意義を報道しない。

ヨルダン国王の来日について、私はシリア情勢安定化に向けたシグナルとみる。

会談内容から、10億円の無償化資金協力によって、テロ・治安情報が入手可能となったようだ。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me1/jo/page4_002465.html

二国間関係

(ア)安倍総理大臣から,「防衛協力及び交流に関する覚書」の署名により両国間の防衛分野の協力進展を期待する,また,治安対策に関する総額10億円の無償資金協力の実施に言及しつつ,今後ともテロ・治安対策の分野でも協力していきたい旨述べました。
 これに対し,アブドッラー2世国王から,日本からヨルダンへの変わらぬ支援と協力に常に深く感謝する旨述べました。

(イ)また,アブドッラー2世国王から,難民の流入等ヨルダンの大きな経済的・社会的負担についての言及とともに,日本の国際社会における様々な取組を支持する旨の発言がありました。
 これに対し,安倍総理大臣から,シリア難民を寛大に受け入れ,テロや過激主義対策に全力で取り組み,中東地域の安定の要となっているヨルダンをしっかりと支えていく旨述べました。この文脈で,新たに開発政策借款として300億円程度の円借款を供与する旨表明しました。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

なるほど、日本政府は表だって諜報機関は持たないが、無償資金協力という手法で、ヨルダンに諜報業務委託しているとみなすことができる。
彼らは、直接はアメリカ政府には言えない。が、地域の安定のため、安倍首相に託しアメリカやロシアに対応してもらいたい一心で来日する。
仮に、日本政府がヨルダンで自前で諜報活動しようとすれば、年間10億くらいはかかる。一部は、ヨルダン国王が直接使える機密費?ということなのかもしれないが、親日的立場で日本を支えていただけるのであれば、これはこれで良しとしなくてはならない。

私は、首脳会談をこう読み取った。

ヨルダンは、中東問題に係わる、日本にとって有力なエージェント的役割を担ってきたのだ。日本人誘拐事案、ヨルダン政府が相応の役割を担っていたことは周知の事実である。

【イスラム国殺害脅迫】「日本人記者を誘拐せよ」…ISIS支持者ネットに書き込み、横行する人質ビジネス
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422719181/

ところが、ヨルダン国王との首脳会談は何故か、記事にされない。
読売も産経も記事にしていない。朝日、毎日は読む対象外である関係で、内閣記者クラブの政治記者たちの政治センスのなさ、分析力のなさに愕然とするのである。



内閣記者クラブ記者たちは、安倍外交が世界中から評価されていることを国民に知らしめさせないために、安倍外交の経緯と実績を報道してこなかった可能性があるのだ。
劣化した記者だらけの状態で、日本の外交力が浮上することは難しいのであるが、安倍政権は、とにもかくにも超人的な外交日程を消化してきた。

安倍総理大臣の公式外国訪問や国際会議出席、要人との会談等
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_abe2/index.html

はっきり書こう。
もう馬鹿馬鹿しくて、テレビニュースを見るのはもちろん、新聞記事も読む気がしないのである。
論説記事の大半も、日本は悪い国なので中共に支配されるべきだ、日本はどうなってもいい、と考える馬鹿な学者・言論人たちの戯言だらけなので、添削目的以外で読む気がしないのである。

政府発表の情報としての1次情報、政府要人の談話原文、判決文全文を掲載いただいた方が何かの役にたつと言うものだ。
実際、読売の紙面はそうなりつつある。記者が書いたものが世間では信用されないことを知れ渡っているためか、そうならざるを得ないのだ。

そういう記者たちの素性はどうか?
直ぐに火病を起す癖、日本人なら着ないファッションなどから、在日、二重国籍者だらけであろうとみている。
読者の皆様もお気づきであろう。大半の記者の出自がそうであろうことを。

安全保障外交分析記事については、外国通信社との比較となるが、重要な首脳会談に係わる、事前調査は完全手抜き状態、もちろん会談内容の分析がおざなり、普段、どういう仕事をしているのか、と思われる記者だらけである。
実際、フイリピン大統領の記事は、あの人はこう言った、この人はああ言ったという類の内容だらけである。私は、記者たちが如何に分析下手であるかについて指摘している。
独占取材記事は目玉かもしれない。しかし、事前準備を怠っての独占取材は、あの人はこう言った、この人はああ言ったという類の情報でしかない。フイリピン大統領は言っていることがコロコロ変わるタイプなので、取材した時点はそう言った程度の価値でしかない。それゆえ、事前分析が伴わない取材は、賞味期限が短いということだ。私は、各紙の海外特派員たちが普段、何もせず遊んでいる?可能性を指摘するのである。

大凡、内閣記者クラブ記者というのは官房機密費で接待・贈答品を貰う一方で、中韓・民進・在日に都合の悪いことは不報道としてきたため、肝心な時に役に立たないのである。




そういう悪癖がたたって、記事の劣化が今、あちこちで表面化しつつある。

マスコミの劣化 飛ばし記事&ポカ&談合的不報道
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

最近の一例を示そう。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161026-OYT1T50083.html?from=ytop_main4

朝日新聞が年金試算記事で「おわび」、訂正
2016年10月26日 12時03分
 朝日新聞社は26日朝刊で、厚生労働省の年金試算に関する22日付朝刊の見出しと記事に誤りがあったとして「おわび」を掲載し、一部を訂正、削除した。


 記事では、現役世代の平均的な賃金に対する年金額の割合(所得代替率)について、厚労省の試算を「不適切な計算方式」としていたが、おわびでは「法律に基づく現行の計算方式」と訂正。21日の衆院厚労委員会での塩崎厚労相の答弁についても、内容を取り違えて記事に引用したとして訂正した。

 厚労省は記事が掲載された22日、事実誤認があるとして朝日新聞社に厳重抗議し、訂正を求めていた。同社の報道について、塩崎氏は26日午前の衆院厚労委で「誤った報道が出て極めて残念だ。報道には正確性を期待したい」と述べた。

 朝日新聞社広報部は読売新聞の取材に対し、「厚労省からの指摘を受けて社内で確認した結果、国会答弁の趣旨を取り違えていたことが分かった。重く受け止めており、再発防止に努める」と回答した。

2016年10月26日 12時03分

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

これなどは、厚生労働省の抗議があったのでこう対応しただけであって、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道などは、記事の大半がこの種の類であることがネット界に知れ渡りつつある。



朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道の社説、論説記事などは、添削対象の教材として有用である。
伸び盛りの18歳前後の有権者におかれては、自民支持層が多いそうなので、是非、新聞を読むのではなく、知識も能力もない新聞記者が書いた3流記事を添削するという感覚で眺めることを推奨する。
少なくとも添削対象の国語教材としては使えそうなのである。

新聞記事を真面目に読む読者が多いから、3流記者が(世論を動かせると勘違いして)調子に乗るのであり、3流記者の書いたものは3流だと認識して読まなくてはいけない。
皆様は、一流の記者に遭遇したことがあったのであろうか?
私は遭遇した中で、一番まともだったのは業界紙記者だった。それ以外は、見識、態度含め、すべて平均的なビジネスマン以下という印象である。産経のあの名物記者の講演を聞いたことがあるが、下品な印象しか残らなかった。

そういう記者だらけなので、フイリピン大統領が来日し、米・比関係についてついて気になるなら、自分なりの知識と経験でまず調べ、外務省HPで会談内容を確かめ、そのうえで新聞記事を読んでみることだ。
自分なりの経験、意外に役にたつのだ。フイリピンの地域性がわかるとなお良い。
そういう習慣があって、初めて新聞のレベルの低さ、記事の劣化がわかるのだ。

最後に、安倍外交のウンチクについて述べたい。

安倍外交は価値観外交であると言われるが、これは、キッシンジャー外交路線とは対極にあるものとして知られている。
日本のマスコミは、かつてこぞってキッシンジャー外交(実はアメリカ支配者の代理人)を肯定してきたが、ここにきて、中共の独善的暴走外交が各方面で顕在化し、アメリカ外交は力を失いつつある。




世界は知っているのだ。価値観外交の重要性を!

「日米戦争を起こしたのは誰か」という共著本の中から、藤井厳喜が定義する、価値観外交について紹介し、本稿を終える。
藤井厳喜は、価値観外交を道徳的正当性を重視するものと規定しているが、韓国の慰安婦外交は道徳的正当性があるはずもない点において、価値観外交ではないと婉曲的に位置づけている。

すなわち、安倍首相は、「価値観外交」という政治用語を(敢えて)使用することで、韓国外交を痛烈に批判していることになるのである!


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

213~215頁

バランス・オブ・パワーと価値観外交 藤井厳喜

バランス・オブ・パワー(勢力均衡)に関してはさまざまな定義があり得るが、ここではごく一般的な意味に解しておく。バランス・オブ・パワー外交とは、自国の国益に有利な諸国(勢力)間の平衡状態をつくろうとする外交である。自国の国益増大を至高の目標とし、道徳的配慮は第二次なものとする。
価値観外交とは、当面の自国の国益の増大を至高の目標とするのではなく、ある価値、例えば自由やデモクラシー、を外交の目標とする外交である。安倍晋三首相は、価値観外交を前面に押し出している。これは勿論、「国益を無視して或る価値を実現する」という意味ではなく、「価値観の重視こそが、国益の増大に結果する」との信念から発した外交姿勢である。

二〇○五年五月七日ラトビアの首都リガで、対ドイツ戦勝六〇周年を記念してブッシュ(ジュニア)大統領は演説を行った。主たるテーマは一九四五年二月のヤルタ協定に対する批判であった。中略
ブッシュ外交の面目躍如たる演説であった。
これと全く対照的なのが、キッシンジャー氏の思考法である。キッシンジャー元国務長官はいまだ健在であるが、彼の外交分析を見ていると、現在のシナが共産主義独裁国家であり、国内では自由やデモクラシーはおろか、法治主義すら全く無視されている、という事実に対して、全く一顧だに与えていない。キッシンジャーにとって問題なのは、国際関係においてアメリカが占める位置なのであって、各国の国内状況がどうだろうと、それは全く彼の関心外の事である。各国政府の道徳的正当性などは、彼の視野にはない。同氏は今日も中共政府の公然たるアドバイザーである。

価値観重視なのか、バランス・オブ・パワー(ということは直接の国益)重視なのか、というのは、アメリカのみならず、全ての民主国家の外交の抱える課題といってよいだろう。カーター外交は米リベラル派による価値観が移行であり、その直前のニクソン・キッシンジャー外交への明らかな反動であった。価値観外交といっても、レーガンやブッシュ・ジュニアの保守派のそれもあれば、カーターのリベラル派のそれもあり得るのである。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

06:16  |  外交  |  トラックバック(1)  |  コメント(3)

2016.10.27 (Thu)

アメリカは文明国から野蛮国に転落 フイリピン大統領がこれを読めばもっと反米となる?

アメリカ大統領選挙戦、どちらの候補者も品位も教養のかけらもない。

えんだんじさんは、トランプ候補に手厳しい。

アメリカ国民よ、トランプ氏に投票しないでください。
http://www.endanji.com/?p=868

一方、ブログ「新ベンチャー革命」はヒラリーの背後にいるアメリカの支配者とそれを支援するマスコミ勢力について懐疑的なスタンスである。

最近の米国マスコミの露骨なヒラリーびいきの偏向報道は裏目に出ており、トランプが米国寡頭勢力の傀儡候補ではないことを米国民に印象付けている
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36293801.html

私は、どう見ているか。
どちらも、アメリカの支配者の操り人形を演じているような気がする。
クリントンは現状追認型、トランプはドラステイックな安全保障の枠組みの変更、どちらが痛みを伴うのかは言うまでもない。


従って、憲法改正、防衛費大幅増加が実現するまでは、日本にとっては、クリントンの方が居心地がいいかもしれない。

要するに、選挙戦自体が茶番のようなのだ。
従来は、テレビ討論で大統領選挙の趨勢が決まるとされてきていたが、どうもそうではないらしい。

トランプ支持率がまさかの再上昇、クリントンに4ポイント差に詰める
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/10/4-19.php

テレビ討論で3連敗を喫した、トランプ候補、テレビ討論終了後に再度、支持率が上昇。今回の選挙戦、ここが注目点だと思う。

マスコミのフイルターはアメリカの支配者に操られ、操り人形に有利な操作が日常的に行われているとみるべきだろう。

さて、アメリカ大統領選挙方式でのテレビ討論、これを日本でも選挙区単位でやったらどうなるか?

審議拒否、対案なしの反対、質問に値しない質問だらけ、二重国籍問題をつかれれば、討論会で、民進党は手も足も出なくなるのは明らかだ。

アメリカでは、アメリカの支配者が、共和党、民主党どちらにも献金、都合良さそうな候補者を大統領にする、アメリカでは大統領になるよりも大統領候補者になる方が難しいと言われているそうだ。

日本でも民主、自民両方に献金する方がいる。自民党議員の中にパチンコ議員がいるのはそういうことなのだ。

パチンコに関与する政治家44名の顔・選挙区一覧
http://matome.naver.jp/odai/2135643027293121701

自民党が、二重国籍議員の追及に手加減しているのは、パチンコ業者の大半が在日か二重国籍者であることを知っているからなのであろう。


こういう現実を眺めると、保守二大政党制は、政界支配を目指すスポンサーにとって実に都合が良いシステムとみていいようだ。
二大政党制なので、寄付する額がミニマムで済みそうなのだ。多党制だとそうはいかない。
保守二大政党制についてウンチクを学問的に研究されている政治学者が、もし、かようなアメリカやイギリスの支配者の素性を知らないで研究しているとしたら、おめでたい!か民進党の御用学者としか言いようがない。

政治学を研究するよりも先に、フリーメーソン研究する方が先かもしれないのだ!?


私が、アメリカを野蛮な国とする理由は他にもある。

大東亜戦争でのアメリカ兵の日本兵への措置は目に余る。

・アメリカ兵の残虐行為(対日戦)について 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

・アメリカ兵の残虐行為(対日戦)
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-130.html


アメリカ兵全員が野蛮人だと言いたくなる。当時、フイリピン、普天間と転線し、日本に帰化したドナルド・キーンは、これらの事実あるいは情報の一部をまったく知らないはずはない。

ドナルド・キーンは、お花畑日本人に気づかせない任務を負っているかもしれない。

ドナルド・キーン、沖縄戦を語る
http://ameblo.jp/lovemedo36/entry-11283720317.html

なぜなら、投降兵を射殺する、捕虜を射殺することは、当時のアメリカ軍内でまかり通っていた、白人優越(日本人迫害)作法であったと、リンドバーグの記述から判断されるからだ。

実際、特攻兵は救助されず射殺されたのだ。

特攻隊員を射殺するアメリカ軍 YouTube - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=aWh3CNHkWJM

このアメリカ兵は戦争犯罪者ではないのか?


終戦の詔にはこう書いてある。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


http://homepage1.nifty.com/tukahara/manshu/syusensyousyo.htm

口語訳の一部を抜粋

それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転していないし、世界の大勢もまた我国に有利をもたらしていない。それどころか、敵は新たに残虐な爆弾(原爆)を使用して、しきりに無実の人々までをも殺傷しており、惨澹たる被害がどこまで及ぶのか全く予測できないまでに至った。
 なのにまだ戦争を継続するならば、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明をも破滅しかねないであろう。このようなことでは、私は一体どうやって多くの愛すべき国民を守り、代々の天皇の御霊に謝罪したら良いというのか。これこそが、私が日本国政府に対し共同宣言を受諾(無条件降伏)するよう下命するに至った理由なのである。


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

文明破壊されないために終戦を受け入れると昭和天皇は述べられた。


また、あと一週間、終戦が遅れれば、次なる原子爆弾の標的は京都だったという指摘がある。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

京都の原爆投下計画の候補地(場所)は梅小路だった
http://osumituki.com/hack/kyotokanko/74875.html


http://yamada.21jp.com/oyaji-386.htm

1945年8月20日に投下予定だった原子爆弾三発目は、京都梅小路国鉄車庫の転車台がその標的だったことは、周知の事実です。
京都は 広島や長崎と同じ運命だった・・・、身の毛がよだちます。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

当時のアメリカ大統領は、人種差別主義的な文明の破壊者だったとみていいだろう。


降伏文書調印式が、如何に非礼だったかご存じであろうか?

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

国旗で見るミズーリ号での日本降伏式①
http://www.worldflags.jp/blog/3541/

まず、事実を列挙しましょう。

1. ミズーリ号はその92年前、すなわち1863年にマシュー・ペリー提督が4隻の軍艦を率いて鎖国下の日本にやってきたとき、旗艦ポーハタン号が停泊したと緯度・経度がまったく同じ場所に停泊させました。

2. ミズーリ号の甲板は「星条旗」が2枚掲げられました。1枚は真珠湾攻撃を受けた時、ワシントンのホワイトハウスに掲げられていた48星の「星条旗」です。3日かけて首都から運び込んだようです。

もう1枚は1853年にペリー艦隊の旗艦である蒸気外輪フリゲート艦サスケハナ号が掲げていた31の星を描かれた「星条旗」をメリーランドのアナポリス海軍士官学校博物館から取り寄せ、額装のまま掲げたものです。ダグラス・マッカーサー(1880~1964)の強い要望で届けられたそうです。この旗は、現在、再び米国海軍兵学校に戻されて、保管されています。降伏式場でのペリー時代の旗は、米国の国旗の扱い方からして、左右が逆です。星の並ぶカントンが常に左側に来なくてはいけません。アメリカ人、ましてこういう場面でそれを間違うということはありえません。布がこびり付いていて剥がせなかったということが真相のようです。

3. 式場には「日の丸」はもとより、署名する他の連合国の国旗も掲げられませんでした。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

少なくとも、これらの事実を以て、ハワイ、フイリピン、普天間と転線したドナルド・キーンに対し、質問する価値はあるだろう。
日本に帰化した以上、「アメリカは日本に対し、文明国として存立し得ないほどの野蛮なこと、残虐なことをした」と語るべきだ。帰化の理由は、「アメリカが嫌いになったからだ」と語れば、信用していいだろう。とにもかくにも親日的だと知れれば、無防備となる日本人が多いのは困ったことだ。


話は、変わるが歴史的には、日本軍は日露戦争で降伏したロシア側の帯刀を許可したことは世界的に評価されている。

日本軍の乃木希典大将とロシア軍のステッセリ中将が水師営で会見。
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-5239.html?sp

こういう措置などがあり、当時の乃木希典大将は世界的に英雄に知られている。

これに対し、降伏文書調印式に参加したアメリカ政府関係者は、ペリー総督時代のアメリカの野望が実現した象徴の場にしたかった点において、外交儀礼もわきまえない愚か者(無作法という点において)と、歴史的には判断されることになるだろう。

続いて、戦勝国としての日本の政治家、軍人に対する訴追・追及措置の異常さについて述べたい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

●第一次戦犯指定・逮捕命令日:1945年9月11日
https://ja.wikipedia.org/wiki/A%E7%B4%9A%E6%88%A6%E7%8A%AF
私は、日本における暦の中で、9月11日、3月11日は特別な意味があるのではないかと思う。
アメリカの9・11事案と関連づけて、日本の3・11事案が仕掛けられたとの言説があるが、当時の民主党政権の裏切り?に対する報復措置とみなせば、菅首相が東電を恫喝したのは、その代理人としての行為かもしれない。

●A級戦犯の被告人名簿公表日:1946年4月29日(昭和天皇誕生日は4月29日)
A級戦犯に昭和天皇が入っていないが、実質的に戦犯であると暗示?
昭和天皇に対し、呪い?の始まりを通告?

●東京裁判の初公判日:1946年5月3日(後に制定・施行された憲法記念日は5月3日)
明治天皇の誕生日が11月3日であることを知れば、半年違いの日程を選ぶ意図は、たぶん、あるだろう。私は、暦の裏の読み方までは知らないが。

●日本国憲法施行日:1947年(昭和22年)5月3日に施行(東京裁判の初公判日)
日本国憲法施行日は、東京裁判の初公判日と同様、日本を滅亡させるための憲法として機能させる最初の日の位置づけ?

●東京裁判判決の言い渡し:1948年11月4日~12日
本当は11月3日開始予定だったのが?1日ずれ込む?

●A級戦犯の処刑日:1948年(昭和23年)12月23日(今上天皇誕生日)
皇室滅亡、皇太子も処刑すべきとの意思表示?
今上天皇が、歴代天皇の中でとりわけ宮中祭祀に熱心、かつ東京裁判史観のスタンスで発言せざるを得ないのは、「呪い」の存在を知っているからなのであろう。ひょっとすると、「呪い」とただ一人闘っておられるのかもしれない。

●本間雅晴中将の処刑日 1946年2月11日(紀元節)

マッカーサーをフイリピンから敗走させた恨みを処刑という形で実現、その処刑の日を紀元節の日を選んだのである。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

これらはマッカーサーの指令によるものであろうと考えるのが普通である。
こんな理不尽なことまで敗戦国は受け入れなくてはならないのであろうか?

マッカーサーは、呪術者的統治者だったのである。この人物が肩書が付いていた時代の言うこと、やること、すべてが野蛮人に思えて仕方がない。
あと10年もすれば、マッカーサーの評価は激変すると私は予想する。アメリカ政府は日本に対し、謝罪すべき恥ずべきことを多々したことを認識すべきだ。

ただ、解任され後のマッカーサーは、物事が見えていたようである。


そんなアメリカは、2060年までに非白人ウエートが60%となるのだそうだ。

米国の非白人比率、2060年までに6割に拡大=国勢調査局
http://jp.reuters.com/article/tk0573495-usa-census-idJPTYE8BC04520121213

少なくとも白人は2060年頃には、少数派となり、白人優越主義だった国家は非白人多数派の国に変わり、白人からみて念願かない?晴れて野蛮な国?に転落することを知るのであろう。

ほかにもアメリカ人が野蛮人だと断定できる情報はたくさんある。

アメリカ人はこれでも我々を歴史修正主義者だと罵るのであろうか?アメリカ人は自分たちが野蛮な人間だと理解できているのであろうか?

そのアメリカをフイリピンのドゥテルテ大統領が挑発している。

フィリピン・ドゥテルテ大統領、オバマ氏をののしる「このくそったれが」⇒会談中止
http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/05/duterte-curses-obama_n_11869916.html

ドゥテルテ大統領は、フイリピンの麻薬ビジネスの上層部にアメリカの支配者が少なからず関与、それに気づいているはずのオバマがきれいごとを語っているから、毒づいてああ語っているのであろう。


いずれにせよ、毒気たっぷり、野蛮さを表面に出し、個性的である。
来日中のイベントに2度、遅刻するなど、無作法極まりない。

ドゥテルテ大統領また遅刻、経済界の歓迎昼食会にも30分以上
http://www.sankei.com/economy/news/161026/ecn1610260012-n1.html

が、彼は彼なりに計算し、わざとに無作法を演じているのかもしれない。

フィリピンのドゥテルテ大統領「日本は兄弟より親しい特別な友人」
http://military38.com/archives/48742486.html

世の中には、行儀だけはいいが、肝心な時に、さっぱり役に立たない人がいる。大抵の現代の日本人は、そのような雰囲気だ。
保守だ、愛国だと言いながら、裁判をやれば敗訴続き、何ら成果を出せず、同士討ちに明け暮れる者、マイナンバーカード配布されているのに通称名と思われる口座で寄付を求めるしみったれた方、歴史がご専門のはずなのにリライト原稿だらけで本職の分野でブログ登録しない不思議な研究者もいる。


日本の保守政界・活動界には

(お行儀は悪いが)やる時はやる人
口やペンは達者だが、肝心な時に役に立たない人
どう考えても肩書コレクター的な名誉欲・ビジネス目的の人

の3種類がいる。(お行儀は悪いが)やる時はやる人はごく少数。

ドゥテルテ大統領、どんな人? 「フィリピンのトランプ氏」は意外と親日家
http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/25/who-is-duterte_n_12633698.html

こういう輩を比較すると、市長時代に自費で日本兵戦没者記念碑を設立したドゥテルテ大統領は、何かにつけて保守だの愛国だの語るお行儀の良い人、名誉欲・ビジネス目的の人よりは、信用して良さそうだ。

そして、ドゥテルテ大統領が如何に野蛮だったとして、本稿で紹介したような、フイリピンや沖縄でアメリカ軍がやったこと、占領直後のマッカーサーのようなことをするとは思えない。




いろいろ皮肉っぽい書き方となったが、アメリカは、
これら過去にあった事実を直視すべきであり、フイリピンが親中に寝返ればアメリカにとって信用しうる友好国は日本だけになるため、今後日本国内において同盟国として真摯に対応されんこと(日本の首相を嵌める等の謀略工作することは諦めること)を要望し、本稿を終える。


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

参考文献

・ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実 水間政憲

テーマ : 時事ネタ - ジャンル : ニュース

07:22  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |  NEXT