FC2ブログ
2016年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.07.31 (Sun)

都知事選後の最初の後始末  内田某は自民都連から追放されるべきだ!

NHKは、8時直後に、小池百合子当選確実を報道し、小池百合子事務所は万歳三唱を行い、小池百合子は新都知事としての抱負を語っている。

当選確実が報道されるや否や、小池百合子は、都議会各会派との対決姿勢についてトーンダウンし、何が都民ファーストであるか都議会各会派と協議したいと語った。

確かに、そのとおりだ。
無用な対決はいたずらな混乱を招く、そのとおりだ。

だが、都議会各会派との円滑な協議の実現に際し、たった一つだけしておかなければならないことがあるはずだ。


それは、自民党都連のボスの取り扱いについてである。
私は、自民党都連執行部は総入れ替えされるべきだと思う。

特に、内田某の処遇については無関心ではいられない。都連を私物化していたと思われる内田某については、公私混同で辞任した舛添と同様、(小池百合子が当選確実と報道された直後に事務所語っていたことではあるが)、再発防止のための対策が講じられるべきだろう。

さて、その内田某は既に現職議員ではないようだ。
現職議員でない者がなぜ、都連の幹事長になれるのか?

内田某
http://uchida-shigeru.com/profile/

【激震】樺山卓司の遺書を猪瀬直樹が公開!内田茂が都議を自殺に追い込んだとの噂が浮上…【都議会のドンの経歴・画像あり】
http://www.akb48matomemory.com/archives/1059306443.html

また、失礼な言い方かもしれないが、学歴的には高校中退である。(学歴云々いうことはマナー違反であることは承知しているつもりであるが)学歴ない人が政権与党の都連の中枢に君臨できる特別な事情があるとしか思えない。
893組織との関係は本当にないと言えるのか?


自民党組織の規約に欠陥があるとしか思えない。

亡くなられた樺山さんの奥さんは、小池百合子の選挙応援をしていたそうである。

―――――――――――――――――

自殺した樺山卓司さんの妻、小池百合子氏の応援で内田茂氏を批判
http://news.livedoor.com/article/detail/11819647/

【都知事選】自殺した都議の妻、小池氏応援で都議会のドン批判「夫を死に追いやった」

2016年7月28日 17時40分 スポーツ報知
5年前に自殺した樺山卓司都議の妻・京子さん(右)が小池百合子氏の応援演説を行った

 東京都知事選(31日投開票)に立候補している小池百合子元防衛相(64)が28日、江戸川区、葛飾区などで街頭演説を行った。JR金町駅前で、小池氏と敵対関係にあり“都議会のドン”と呼ばれる自民党東京都連・内田茂幹事長(77)らにいじめられ自殺したとされる樺山卓司元都議(享年61)の妻の京子さん(66)が応援に駆け付けた。「内田さんのひどい態度が、夫を死に追いやった」と声をからし訴えた。

 京子さんによると、樺山氏は2011年7月1日未明、ポリ袋をかぶって自宅で自殺した。1年後、京子さんの部屋からのし袋に書かれた遺書が見つかり「内田、許さない。人間性のかけらもない。来生で必ず報復します」などとつづられていたという。京子さんは「議会で内田氏に逆らった夫は、都議の集まりの中で嫌がらせ的に罵倒されたり、議長になれたのにならせてもらえなかったり、いじめ抜かれた」と話した。自殺する2年前から、京子さんに「内田氏は私利私欲のために自分の配下を作り、思い通りの都政をしている。でもそれは民主主義ではない」などと毎日のように愚痴をこぼすようになったという。

 夫の死から5年、公で語ることのなかった京子さんは「小池さんが都議会を改革するということを聞いて、天から主人が言ってるように思った」と応援に入った理由を明かし、「今回の都知事選でも自民党推薦の候補のバックには内田さんがいる。これが続くとどうなるか分かりますか」と約1000人の聴衆に訴えた。

 日本新党時代から樺山氏と親交があったという小池氏は「樺山さんは都政をもっと都民に近づけようとしたのではないか。無念の思いを引き継ぐ」と盟友の志を背負う覚悟を語った。京子さんは「小池さんは聡明でパワーもある。都政に新しい風を吹き込む知事になってほしい」と期待した。

 樺山氏は葛飾区議を3期務めた後、1993年に都議選に初当選。5期目の途中で自殺した。都議会関係者によると、内田氏側は樺山氏の死とは関係ないと話しているという。

―――――――――――――――――

石原伸晃は、小池百合子と絶縁宣言したそうだ。

【東京都知事選】
石原伸晃都連会長が小池百合子氏に絶縁宣言「今日をもって自民党の人間じゃない」 
http://www.sankei.com/politics/news/160726/plt1607260034-n1.html

石原伸晃あるいはその一派は、証拠を握られているのであろう。


小池百合子が知事選に勝利したのであれば、石原伸晃は都連の役職から降りるべきだろう。同時に、内閣改造人事で大臣職に留まる必要もないと普通は思う。

【内閣改造】稲田朋美氏を重要閣僚に 安倍首相意向 石破茂氏は残留へ
http://www.sankei.com/politics/news/160731/plt1607310004-n1.html


なお、樺山さんと関係が深い、一水会関係者の情報もあるが、一水会という組織が保守なのか左翼なのか、別の動機を持った組織なのか?判然としない部分がある。

一水会が樺山さんの仇討を意識しているとすれば、樺山さんという方もそうクリーンではなさそうな気がする?のである。
その親戚と思われる方の、変な挙動の方を知っていることもある。被害を受けた女性から、涙ながらに告白されたことがある。


もちろん、仇討部分については賛同する、よって、都議会改革を宣言した、小池百合子支持はする。

ただし、一水会代表の講演を聞いた経験ある者として、仇討には賛同するが、一水会マターの部分まで深入りすべきかどうか、戸惑っているスタンスであることを表明し、本稿を終える。


以下は、参考情報

―――――――――――――――――

【新・東京の闇】自民都連の濃ゆい膿を出すべく、2人の候補者が弔い合戦。都連のドンもここまでか。
http://ameblo.jp/moody-night/entry-12185451937.html


山口敏夫氏、どんな人? 「政界の牛若丸」が都知事選に立候補表明
http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/05/toshio-yamaguchi_n_10809426.html

日刊ゲンダイ:山口敏夫氏が全議員に配布「森喜朗は辞めろ」檄文の中身=見たい読みたい辞めさせたい!FIFA幹部逮捕の様に辞めなければ逮捕したらどうか?日本検察は男芸者か?
http://blog.livedoor.jp/my629015/archives/47099690.html

東京都知事選 山口敏夫候補の世直し政策
http://ameblo.jp/issuikai/entry-12182126298.html

反共愛国の精神、再び…!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/2016-06-25.html

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53009648.html

一水会を鼓舞する会 
「一水会を鼓舞する会」の発起人名簿の一部。
有田芳生 (ジャーナリスト)
井上聖志 (創価学会広報室渉外部長)
柴田泰弘 (「よど号事件」メンバー)
高野  孟 (「インサイダー」編集長)
徳田虎雄 (徳洲会理事長)
中台一雄 (大悲会前会長)
宮崎 学  (作家)
山口敏夫 (元労働大臣)
塩見孝也 (元赤軍派議長)

「新右翼一水会」への抗議は右翼の仲間割れでなく左翼への抗議?
http://kokusaipress.jp/80047

http://www.moeruasia.net/archives/48100857.html

31. もえあじのななし
2016年07月27日 12:27
ID:lhXWytQJ0
桝添なんかにやらせたから、都議会は実力や脳力も無い帰化韓国人ばかり優先採用し、組織が腐った。
帰化同和在日枠独占禁止法違反だ!
公平に競争させ採用しろ!
内田が何故学歴も無いのに、東京都議会のトップに出世するの?不自然だ!
朝鮮のカラクリが有るに決まってんじやん。
こんな奴朝鮮半島に、東京都の税金垂れ流す工作員として送られたに決まってんじやん。

32. もえるななしさん
2016年07月27日 12:30
ID:0vSuPBvc0
1ボス=自民党都議連
2ボス=宏池会
3ボス=2F派
4ボス=日韓議員連盟
ラスト=野田聖子

49. もえるななしさん
2016年07月28日 11:05
ID:dZ0Tmf0i0
ふうん。↑で書いてる人おられたけど、
私も動画で桜井誠が選挙演説終わりで握手とかしてるときに
エセ右翼、一水会だっけ?が桜井に車どかせるように圧力かけてるの見たけどね。
やつら山口敏夫の応援してるよね。

しばき隊は鳥越応援だけど、山口ゆうじろうだっけ、あいつは一水会だよね?
桜井誠のこと選挙期間狙って訴訟も起こしてるしね。
内田は大嫌いだけど、山口敏夫の美談仕立てもなんかなぁ。って思ってしまうわ。

スポンサーサイト

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

20:41  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2016.07.30 (Sat)

アッパレ! 桜井誠都知事選出馬の政治的意義

本稿では、桜井誠都知事選挙出馬の政治的意義について述べたい。

というのは、桜井誠、今回の出馬を足掛かりに次を狙うのか、そうでないのか?気になる存在であるからだ。

ここで、桜井誠の去就について二つの説があることを紹介する。
―――――――――――――――――

http://hosyusokuhou.jp/archives/48117902.html

463. 名無しさん@ほしゅそく   2016年07月29日 19:37  ID:uuXL8.fW0 このコメントへ返信
桜井誠が上位入賞で変わること。

・都議選での投票先に桜井政党が出来上がる(彼は来年の都議選に保守系候補者を10~20人排出することを明言している)
・都議会に桜井派が誕生する可能性が高くなる。
・学生や現役労働世代のための政策を打ち出すので18、19、20~40代からの支持を得やすくなり、また、普段選挙に行かないこの層が選挙に来やすくなる(投票率上がるよ)
・韓国、中国嫌いの受け皿化
・与野党でもないおおさかのなんちゃって維新でもない第四の選択肢
・都議会の馴れ合い終結

要約すると、都議選が面白おかしくなる。

http://hosyusokuhou.jp/archives/48085810.html

113. 名無しさん@ほしゅそく   2016年07月24日 23:06  ID:tAiZjgx60 このコメントへ返信
桜井は次回に!って奴な

桜井は今回でもう出ないんだよ

事情があってな

今回が最初で最後のチャンスなんだよ

頼むよ

―――――――――――――――――

私は、前者をとるつもりだったが、どうやら後者だったようだ。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/160730/plt1607300021-n2.html

「選挙に出るのは今回が最後。人生をかけてやるのが選挙だ。受かっても落ちても(出馬は)今回だけ」と背水の陣であることも強調した。

―――――――――――――――――


次に、私が知る桜井誠について分析を試みる。私は、桜井誠と話くらいはしたことがある。蝶ネクタイした面白い雰囲気の人だという印象だった。

時系列的に大まかな活動経緯を書きだしてみたい。

・民主党政権時代の外国人参政権ほか売国政策の反対運動
・韓国の李明博大統領の反日侮蔑発言に触発された日韓断交運動
・捏造慰安婦問題日韓合意の批判
・舛添リコール運動

私の見立てはこうなる。

外国人参政権反対運動は、桜井誠の存在がなければ阻止できなかったと思われるくらい、存在感があった。当時の在特会は、全国で数千名規模のデモ隊を動員できる実力があった。
その後、日韓断交運動をきっかけに活動は先鋭化?、外国人参政権反対デモ参加者の相当数は離れた。公安のマークもきつくなった気がしている。この時点での一部過激な言動がヘイト法を呼び込んでしまったと私は見ている。
在日特権については、具体的分析結果に基づくものではなく、漠然とした問題提起的なものが多かったようだ。
慰安婦問題日韓合意については、完全否定に近いポジションをとり、政権批判は強烈だった。
日韓合意については、拙ブログはひたすら分析を試みた方だが、日韓合意当初から政権批判に傾注したことは、政権として民進党が主張するヘイト法法制化の動機となったかもしれない。
舛添リコール運動については、桜井誠が行動する保守活動の中心的存在とみれば、舛添都知事辞任は桜井誠の実績としてカウントできるだろう。


私は、桜井誠を客観的に評価しようとしている。

同時に、拙ブログは保守活動においては、活動論的には以下のような取り組みが重要であると表明してきた。

・批判ではなく、実現すべきものが何であるのか明確に意識するものであること
・まず批判ありきではなく、公開されている情報などから分析作業を必要不可欠なプロセスと位置づけること
・陳情を前提とする提言を意図し、提言は、コピペすれば陳情書として文書提出できる精度のものであること
・提言は、問題提起あるいは制度等見直しに係わる法整備、組織変体制更、財源等について言及したものであること
・提言には、実現目標ないし手順が書かれていること

私からみて、桜井誠は、都知事選出馬の公約によって、具体的な実現目標を設定、
表明したように見える。


一応、桜井誠の公約を読んでみたい。

―――――――――――――――――

http://www.tosyukai.net/

日本を取り戻す七つの公約

1.外国人生活保護の廃止

2.都内の不法滞在者を半減

3.反日ヘイトスピーチ禁止条例制定

4.総連、民団施設への課税強化

5.違法賭博パチンコ規制の実施

6.韓国学校建設中止

7.コンパクトな東京五輪の実施

http://www.sankei.com/politics/news/160629/plt1606290061-n1.html

桜井氏は「米国のトランプ氏に負けないナショナリズムを掲げる」と訴えた。

 桜井氏は7つの公約として、都内在住の外国人への生活保護費支給を停止し、受給者を日本国民に限定する▽都内の不法残留者を4年間で半減させる▽日本人に対して行われる反日ヘイトスピーチ禁止条例の制定-などを表明。舛添氏が進めていた韓国人学校の増設については「中止」し、代わりに保育所を建設して待機児童ゼロを目指すとした。

 また、パチンコに対しては「違法賭博」と断じ、営業時間の短縮や新規出店を認めないなどの対策を講じると主張。ギャンブル依存症の患者には心療内科などを受診させ、社会復帰をサポートするとした。

―――――――――――――――――

より具体的な政策を掲げている。ウエート的に在日朝鮮人に向けられたものが目につくことについて賛否両論あることは日本の現状がそうなっていると見れば致し方ないが、次世代の党時代の田母神俊雄や西村眞悟でさえ言わない政策が含まれていることは、注目に値する。

桜井誠は、総連・民団関係者にとっては都合が悪い存在のようである。
実際、桜井誠は殺害予告まであるそうだ。

都知事選の桜井誠候補 殺害予告5件、ポスター損壊10件の被害明かす
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/28/0009331433.shtml


さて、当然の事であるが、桜井誠が主導する「都政を国民の手に取り戻す会」は陳情を前提とする提言活動を目的とするという趣旨のことが書かれている。

―――――――――――――――――

http://www.tosyukai.net/

都政を国民の手に取り戻す会

事業内容
一、行政交渉(都側との交渉)
二、都政研究
三、当会の目的に沿った都政への立候補に対する支援
四、その他、当会の目的に沿った事業を展開

―――――――――――――――――

拙ブログは、トランプ大統領候補出現に伴い、批判文しか書かない言論人は不要の時代に入ったことを再三再四指摘している。
桜井誠は、陳情提言型の言論人の仲間入りを目指しているようだ。

その桜井誠は、来年の都議選では同志の出馬を宣言している。

―――――――――――――――――

http://www.sankei.com/premium/news/160713/prm1607130011-n6.html

--これからの展望はどう考えていますか

 「来年の都議選には10~20人ほど立候補させますよ。みんな政治活動は素人ですが、今回の都知事選でノウハウができましたから」

―――――――――――――――――


地方では、市民ネットワークを含め、実態的に、左翼が過半数を制する自治体が続出している。


まとめに入りたい。

桜井誠の都知事選挙出馬は、今まで日本人が公式には言わないできた(言えなかった)ことを代弁して語ると同時に、
来年の都議選に向けての地ならしとなるだろう。日本人を平和、人権などという言葉で惑わせるような選挙活動は通用しにくくなる時代に入る。

桜井誠の都知事選出馬は、これまで負け戦続きだった保守活動の一大転機となる気がするのだ。

安倍政権は、衆参で憲法改正に必要な3分の2の議席は衆参で獲得できた。
しかし、頼みとする次世代の党は衆議院選挙で壊滅、「日本のこころを大切にする党」は参議院選挙全敗、NHK・朝日の集団訴訟は実質敗訴状態、田母神俊雄は刑事裁判で動きがとれない…………
歴史認識問題では、つくる会がなんとか戦線維持できている程度、頑張れ日本系は抗議活動に留まっている。放送法遵守を求める視聴者の会は、少しずつ結果を出しつつある。

こういう負け戦続出状態を目の当たりにすると
桜井誠の都知事選挙出馬を転機としなくてはならないのである!

そして、これは私からの要望・意見の類なのだが、選挙戦を通じて意見表明するスタイルは大いに結構、ただし、議席をとれる可能性ある地域においては、選挙で勝てる組織づくりを行うとともに、都議にこだわらず、当選しやすい区議候補の確保も必要と思う。
当選しにくい選挙戦は一部の有名人のみ挑戦、それ以外は地道にコツコツやる、そういう(街宣中心の言いっぱなしではない)活動が、政策実現、そして議席獲得に繋がる近道ではないかということを指摘し、本稿を終える。

以上

参考
―――――――――――――――――

http://hosyusokuhou.jp/archives/48117902.html

72. 名無しさん@ほしゅそく   2016年07月29日 16:56  ID:.JxJU3.G0 このコメントへ返信
泡沫候補と呼ばれてる人の6人だったか5人だったかがメディア不公平選挙で訴え起こしたり、12人合同街頭演説やってたりしたが、桜井は居なかった。
本当にマイク1本とネットの力だけで立ち向かう気だなこれは。

学生時代は奨学金とバイトに明け暮れ、それでもテキスト買うお金も捻出出来なかった(実家への仕送りで手一杯)俺からすると、学費問題は学生には死活問題だわ。

86. 名無しさん@ほしゅそく   2016年07月29日 16:59  ID:qEs9xP750 このコメントへ返信
当選できないのがかえすがえすも惜しい。
次の機会のための地盤固めをしていただきたい。
必ず上に立てる日がやってくると思っている。

88. 名無しさん@ほしゅそく   2016年07月29日 17:00  ID:7fGwFWC90 このコメントへ返信
今回小池が出てなけりゃ前回のタモ以上に票集めたと思うが
所詮はそこで終わりやろな
今は知名度と政策の認知度上げるとき
団塊が半分以上くたばってからが本番やで

233. 名無しさん@ほしゅそく   2016年07月29日 17:41  ID:yRXvTFMh0 このコメントへ返信
桜井が一番まともなことを言ってるよ
そら全てに賛成できるわけではないけど
いちばん同意できる政策が多い

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

19:40  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2016.07.29 (Fri)

中韓留学生税金垂れ流し問題 桜井誠候補の演説に注目

桜井誠候補の演説が産経にて報道された。

これには意味がある。

【東京都知事選】桜井誠氏街頭演説詳報(23日)「国費(外国人)留学(生)制度で反日を育てている」「都内の学生に無償で奨学金を払う。財源は外国人への生活保護の停止」
http://www.sankei.com/politics/news/160729/plt1607290018-n1.html

さて、中共からの留学生の実態、皆様はどう見られていたであろうか?
実は、彼らは学業そっちのけでアルバイトをして蓄財して帰国する、国費留学生は、中共の共産党幹部の子弟のための、おこずかい提供枠であり、いくら中共から留学生を受け入れても反日が止まないのはそういうことなのだ、と私は解している。

こんなものに、一人当たり年間数百万円も支払う、お人好し政府であったということだ。

私の見立てが間違っているのであろうか?

実際、盛り場には支那人留学生だらけだった時期があったではないか!

文部科学予算は、ここ20年近く拡大の一途だった。調べればわかることだ。
少子高齢化が続いている中で、教員数は依然としてかつてと同程度。これも調べればわかることだ。実際、大学は増え続けている。
少子高齢化なら、本来、教員数は減るのが当然、大学定員は減らすのが当然だ。

しかし、現実は枠が増え続け、税金垂れ流し状況にある。

文部科学省や大学というところは、民間企業で言うところの要員管理手法というか効率化手法が理解できないところのようだ。
そのうえ、
外国人留学生に異常に優しく
日本人学生からは高い授業料を取り立て
なかなか正規雇用されない日本人大学卒は多額の奨学金返済に苦しんでいる。

ここで、こういう癒着を想定したい。

文科省の役人は天下り先がたくさん欲しい。
そのために、新設の大学の認可を進める。
大学側は、ビジネス的には学生がたくさん欲しい。日本人学生が少なくなる状況なので、国の留学生枠拡大を求める。
文科省と大学は、省益、大学ビジネスを守るために、税金垂れ流しを共謀しているのだ!
おそらく、認可を受けた私大は、見返りとしてしかるべき政治家に政治献金しているかもしれない。

そういう政治家に限って、愛国政治家に分類されていたりするものだ。
そう考えないと、辻褄が合わないのだ。

一方、最近の大学というところは、入学式や卒業式で国旗掲揚しないどころか、国歌斉唱もしないのだそうだ。

という訳で、日本の大学の大半は日本人のための大学ではなくなり、多文化共生の尖兵となりつつあるようである。

教育界は、本当に今のままでいいのだろうか?少子高齢化時代でも文科省予算は右肩上がりのままでいいのであろうか?

桜井誠が指摘するのは、中韓からの留学生に手厚い返済不要の奨学金であるが、今回の都知事選挙を足掛かりに、近い将来、国政選挙に出馬するなら

・国公立の大学を都道府県単位で一つに集約(単科大学は認めない)間接管理業務、教養過程の効率化を進める
・国家の役に立たず、反日的な学問を研究したがる文系学部の大幅なスリム化を実現
・勤務時間中に私的政治活動が常態化している大学教官(たとえば山口二郎)について補助金支給枠の対象外とし大学に処分の徹底を求める
・私的政治活動について、大学教授の肩書使用を認めない
・中高の社会科教育等を中心に、カリスマ教師による通信教育枠を拡大(特に社会科等における反日教師の根絶を進める)
・授業中に政治発言を行った教師については、保護者会の場などで謝罪を義務づける
・教員免許には、帰化の有無等を明記させる

などを含め、意志表示いただけることを期待し、本稿を終える。。
18:17  |  選挙  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2016.07.27 (Wed)

都議会自民党 地方組織のドンは都議会だけにいるのではない

自民党が野党時代、各地の地方選挙で不思議と自民党候補が負けなかったこと、覚えておられるであろうか?

当時の谷垣総裁は、小泉進次郎や丸川珠代を連れて、全国行脚を繰り返した。
見かけ上は、谷垣総裁が全国行脚し、自民党消滅の危機意識もあって、地方選で結果を出したように見える。

しかし、この動画を見ると、どうもそうではないようだ。


ドン内田と自民都議連内情
https://www.youtube.com/watch?v=c6-OV9QUag0

自民党の各地方組織のドンが本気になったので各地の地方選挙で勝てたと解するのである。

その時期に限っては、自民党公認候補と自民党地方支部は一体となって闘ったということだ。

話をもとに戻したい。
実は、上記動画で述べられているようなことは、全国各地で起きていると思う。

私でさえ、地方議会のそういう人物を二人は知っている。身内で内田某の如く理不尽な仕打ちをしているかどうかまで私は知らない。そういう人物は、選挙にはやたら強い。万年議長職の議員がそうだと思えばいい。

別に、内田某一人潰せばいいというものではない。
彼らは、意外に力を持っている。


私は、清廉潔白な政治家だけで政治の世界が仕切れるとは思っていない。政治の世界に売国奴や悪が巣くう限り、清濁併せ呑むことは仕方ない。

新人の知事候補、国会議員候補は、彼らの動員力、人脈に頼らざるを得ない。

新人で公認を得ようとするならば、このドンに頭を下げなくてはならない。それが公認の手続きであるからだ。
従って、このドンに頭を下げなければ、選挙で彼らは嫌がらせをするとみていいだろう。

もちろん、小池百合子はそういう事情をすべてわかったうえで発言しているはずだ。
地方議会選挙で自民党公認話で誘われたら、このドンへの挨拶次第ですべてが決まると考えていいだろう。石原慎太郎が都知事になり、石原伸晃が国会議員になり今そういう役職にいるのは、そういうことなのだ。

そして、少しでも●を持っているならまたは、利権がらみで金を廻せるなら………………ということだ。

その金は、政治資金報告書にはおそらく記載されない。
よって、内田某を潰すには、そういう切り口があるということである。

国税査察を受けたら、猪瀬都知事時代に露見したような事案が、相当数露見すると予想するのである。

小池百合子は、仮に当選できたとして、どう対峙するのであろうか?

内田某だけ潰してすべてが解決するとは思えないのである。

ここに来て、石原伸晃や石原慎太郎が反小池の演説をするのは、あることを怖れ、そういうならないために語っているような気がする。

―――――――――――――――――

【東京都知事選】
石原伸晃都連会長が小池百合子氏に絶縁宣言「今日をもって自民党の人間じゃない」 
http://www.sankei.com/politics/news/160726/plt1607260034-n1.html

【東京都知事選】
鳥越俊太郎氏は「売国奴だ、こいつは」 小池百合子氏は「あの人は嘘つき」…石原慎太郎元知事バッサリ 長男・伸晃氏には「苦労している」
http://www.sankei.com/politics/news/160726/plt1607260038-n1.html

小池百合子氏が“刺客”放つ 都議補選も分裂に
http://www.sankei.com/politics/news/160722/plt1607220039-n1.html

―――――――――――――――――


安倍政権は、小池百合子をどう扱うのであろうか?

オリンピックに係わる事の真相を知っていて、話しそうなのは、都知事を降ろされた猪瀬直樹くらいではないかと予想する。都知事に立候補したくても出馬できない東国原あたりも何か言いそうだが、当事者ではないため噂話の域をでないだろう。

という訳で、都知事選挙が終わっても、自民党支部内でゴタゴタが続くものの、無党派層はそれを面白がって、保守分裂選挙に引き付けられ、それは保守政界という大海で眺めれば弁論大会イベントみたいなものでしかなく、地方選挙での保守分裂効果で自民党支持はそう揺るがない、という不思議な現象が続くだろうと予想するのである。

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

21:03  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2016.07.26 (Tue)

小池百合子候補 選挙後になすべきこと

小池百合子優勢という状況で都知事選挙が投票日を迎えつつある。
このまま何もなければ、この都知事選挙、政治的には珍しいことではあるが?保守分裂で、勝ち馬に乗ろうとする有権者が増える結果、意外に投票率が上がる気がしている。
誰も想像しなかった得票数で小池百合子候補は勝利するかもしれない。

期日前投票の多さは、政権批判しかできない鳥越、政権の言いなりの増田に促されたものではないと私はみる。

都知事選期日前投票、前回の1・7倍…中間状況
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20160725-OYT1T50082.html?from=ytop_main5

選挙戦最終日の小池百合子候補の演説会での聴衆の規模が最終的にどうなるのか、そこが注目点である。

しかし、小池百合子にとっては、当選しようとしまいと、選挙後が本番となる。

どういうことか?

小池百合子は「闘い」を宣言した。
従って、闘わなくてはならない。

では、何と?


当選した場合は、利権勢力とである。
万が一当選しなかった場合は、(桜井誠ほどではないが)、愛国政治家として認知されたことを意識しなくてはならない。

当選した場合は、政治的には一大勢力となることがほぼ確定する。
闘いを宣言したがゆえに、官房長官クラスいや石原慎太郎並の政治的影響力を有する政治家として名乗りを上げることになる。

一方で、私が知る小池百合子は、こうだった。

・政界渡り鳥
・演出の上手さ目につく議員
・政策的に歯切れ良い部分がある一方、移民・外国人参政権・夫婦別姓については推進者とみられていた?
・人脈的に、石破茂に近い

―――――――――――――――――

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E4%BA%BA%E6%9D%90%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F

自民党国際人材議員連盟

自民党国際人材議員連盟は自民党国会議員議員連盟。2005年(平成17年)、外国人材交流推進議員連盟として12月13日設立。2013年5月22日に外国人材交流推進議員連盟を前身として自民党国際人材議員連盟が発足した。

勉強会の講師として坂中英徳移民政策研究所(旧外国人政策研究所)所長を迎えるなどしている[1]。

今後50年間で約1000万人の移民受け入れを目指す提言案、永住許可要件の大幅な緩和、「移民庁」設置案などが明らかになっている[2][3]。

安倍内閣は毎年20万人の移民受け入れ案など、移民の大量受け入れの本格的な検討を開始。移民議論と並行して、外国人労働者の受け入れ拡大を先行させる考えで、最長3年の技能実習制度の受け入れ期間延長などが検討されている。 現在、外国人労働者の受け入れは高度な専門性や技術を持つ外国人に限定されているが、大量受け入れには単純労働者を認めることが不可欠になるとみられ、自民党内からも「実質的な単純労働解禁で、移民受け入れへの布石」との批判がでている[4]。

幹部

会長
小池百合子

副会長
岩城光英

幹事長

(空席)

顧問
石破茂

事務局長
末松信介

―――――――――――――――――

小池百合子は、当選した場合は、既に表明していることを参考とすれば、今回の困難な政治状況における選挙戦を経験したことで

・政治的には石破茂よりも格上
・過去に取り組んできた政治課題よりも公約の実現が優先
・石原慎太郎並の骨太な愛国派

とみなされることになる。


すなわち、選挙後は、チマチマした付き合い、石破派の一員みたいな付き合いはやめるべきということになるのだ。

政策的には、どうかと言うと、

・当選できた場合は、選挙戦で言及したとおり、外国人参政権は否定、韓国人学校取りやめ、オリンピックボランテイア制服見直しを通じて、嫌韓?愛国派を演じる必要が出てくる

・当選できなかった場合は、今回の選挙戦、一早く水間政憲が小池百合子支持を主導したことを振り返れば、迂闊に売国政策の推進者とみられるような言動はできなくなる
(水間政憲は、鳩山邦夫から乗り換えただけかもしれないが)

言い換えると
当選できた場合、当選できなかった場合、これまでのように、石破茂と似たポジションをとる必要はなくなる、、、いやできなくなる??

既に、政治的には、石破茂よりも格上だ。
絶対絶命の選挙戦を制する勢いがある、小池百合子にとって、言っていることがコロコロ変わると言われている?石破茂のような存在は?????

と、考えると、導き出される結論

それは、
石破茂に遠慮はいらないということになるのだ。


それは、同時にポスト安倍を巡る闘いに参戦することを意味する。

安倍首相は、オリンピック終了まで総理大臣であり続けるかもしれない…………

安倍首相は、女性の活用について言及してきた。

それは、誰を後継者にするか、を意識している部分はあるだろう。(少なくとも女性宮家新設ではない。)

女性政治家の世界では、稲田朋美、高市早苗が競っているように、私には見える。
どちらも優等生扱いされている。

が、小池百合子が、退路を断った闘いを通じて、政治的立場を得ようとした「潔さ」を保守層や無党派層が評価していることは明らかだ。

都知事選、小池氏が引き離す? 読売世論調査では「鳥越3位」
http://www.j-cast.com/2016/07/24273377.html

これに、優等生議員は太刀打ちできるのか?ということになる。

倉山満の「嘘だらけの日英近現代史」にサッチャーの党首時代について書かれた一文がある。

―――――――――――――――――

一九七五年、サッチャーは保守党の党首選挙に勝利します。党首就任後、真っ先に行ったのは党改革、政党近代化です。イギリスの場合ですと、”再”近代化でしょうか。サッチャーは七人ほどの優秀なブレーンを集め、CPSという自前のシンクタンクをつくります。そして、議員・候補者・職員・秘書に保守の理念と政策を徹底させ研修を行い、各地の選挙区に散らせます。そして論争で勝ってこさせ、党勢を拡大させます。当選した議員の自由で民主的な議論により党の方向性を決め、党首のもとで実現し、さらに研修を行うというサイクルを確立しました。四年の野党暮らしでこれを行い、総選挙での勝利に結びつけました。綱領に基づき組織をつくり、組織が議員を当選させる近代政党は、大戦後にすたれていましたが、サッチャーは見事に再生させました。政権獲得後は権力基盤となります。

イギリスの近代政党システムは参考になるところが多くあります。保守党史上で二番目に若い党首は、ウイリアム・ヘイグの三十六歳です(一位の小ビットは抜きようがない)。保守党は弁論大会を開催していて、学生のときからリクルーテイングしています。高校生だったヘイグの演説を聞いたサッチャーは、「ウイリアム・ビットの再来だ!」と絶賛し、スカウトしたそうです。「アンタ、録音機がない時代の演説、絶対に聞いたことないだろ?」などと野暮なツッコミをしないのがイギリス紳士のたしなみなのです。同じように、現首相のデーヴィッド・キャメロンも学生時代にスカウトされ、保守党の政策スタッフとしてサッチャーに仕え、鉄板の選挙区を用意してもらって悠々当選。当選二回のときに党首選挙で当選し、三回で総理大臣です。

―――――――――――――――――

ウィリアム・ヘイグ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%98%E3%82%A4%E3%82%B0

―――――――――――――――――

既に、小池百合子は、都議会に決戦並の「論争」を挑んでいる。
それは、古い体質の都議会自民党を許容してきた安倍政権への挑戦でもある。

同時にそれは、稲田朋美、高市早苗への挑戦状でもある。


政権中枢は、小池百合子の闘いぶりを注視しているはずである。
選挙戦最終日に、自民党議員として実績が見当たらない増田候補応援に廻る自民党幹部は何人いるのであろうか?

谷垣幹事長の怪我は、果たして演説できないほどなのか???

稲田朋美には渡部昇一がついている。
高市早苗には櫻井よしこがついているかもしれない。

ポスト安倍の主題が、戦後タブーだった事案について、かつてサッチャーが行った如く
「保守理念の筋を徹底して通し、党内論争で勝利し、選挙戦を勝ち抜く」だとして
これによって戦後レジーム脱却が可能ならしむるとすれば、

これら3人の中で誰が最終的に勝利するのか?
いや勝利すべきか?

ということになる。

すなわち、ポスト安倍を巡る闘いは、これまでのような派閥間で繰り広げられるチマチマした多数派工作から

戦後レジームの脱却に向けて、党内論争で勝利しその実現に向けていち早く王手をかけた者に優先的に与えられる入札権みたいなもの!

に変質し、それが自民党の「再近代化?」を促すことになるであろうことを予測するのである。

それゆえ、小池百合子が選挙戦最終日に何をどう語るのか?

―――――――――――――――――

小池百合子氏演説詳報(24日)「あちらの政党の方、推薦を受けている方。使い勝手がいいんだと思います、一言で言って」
http://www.sankei.com/politics/news/160725/plt1607250008-n1.html

【東京都知事選】民進・枝野幸男幹事長「自民とケンカのふりして、無党派の票取ろうとしている!」 小池百合子氏を猛批判
http://www.sankei.com/politics/news/160725/plt1607250049-n1.html

【東京都知事選】小池百合子氏は「極右タカ派」共産・小池晃氏書記局長が批判
http://www.sankei.com/politics/news/160725/plt1607250034-n1.html

―――――――――――――――――

敗戦利得者を代弁する万年野党がこう語っているのであればなおさら、それが今後の保守政界の重要なキーポイントとなるのである。

見分けるポイントは、小池百合子が
(サッチャー並の)保守思想に裏打ちされた壮大なビジョンを語るのか
それとも
都知事選挙に限定したチマチマした話題に明け暮れるのか
ということである。

以上

08:15  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT