FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.08.11 (Sat)

テレビニュース「不報道リスト」を作成する意義

民主党への政権交代選挙の直前、不報道事案が多数発生した。不報道事案が保守ネット界で最初に問題視された。ここに来て、再び、不報道事案が増えてきた。

とりあえず、最近のニュースからテレビニュースで不報道扱いの可能性が非常に高い事案を並べてみた。

―― 参考情報 ――――――――――


■石破茂に都合が悪い情報

「石破4条件」の真相はこれだ!学部新設認めない「告示」の正当性示せなかった文科省
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/170722/soc1707220007-n1.html


■野党議員に都合が悪い情報

緊急報告 午後一時 連帯ユニオン関生ガサ入れ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53290151.html

関西生コン幹部ら逮捕 商社支店長を脅迫
http://hosyusokuhou.jp/archives/48821466.html

文科省汚職事件の黒幕は野党議員?更新続く谷口容疑者『妻』HP…Tweetまとめ18.07.16~07.31
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid2206.html

【裏口入学】立憲民主党の議員が関与と分かった途端に報道が止まる
http://netgeek.biz/archives/123608

東京医科大の裏口入学に野党議員が関わった事実を主要メディアが黙殺 被告妻の悲痛な訴えを無視
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512445.html

■野党に都合が悪い情報(今までこの種の世論調査がなかった)

【朝日新聞世論調査】自民党に対抗する勢力として、いまの野党に期待できますか? 「できない」80%
http://hosyusokuhou.jp/archives/48821377.html

■共産党に都合が悪い情報(ダブルスタンダード的情報)

時給1500円 家賃軽減 脱ブラック労働
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-29/2017062905_03_1.html

共産党「時給を1500円に上げろ!」→「事務所作るのでボランティア5日間募集」
http://kuromacyo.livedoor.biz/archives/1922401.html

■マスコミ記者に都合が悪い情報

元毎日新聞記者「河野外相は、北朝鮮外相から『ふざけんなコノヤロー』と怒られた」⇒ 河野外相「なんでこんな嘘を垂れ流すのかな」
http://www.honmotakeshi.com/archives/53966622.html

■テレビ番組に都合が悪い情報

青山繁晴「玉木雄一郎の獣医師会100万円献金を指摘したら『台本通りやれ!』と圧力をかけられた」
http://netgeek.biz/archives/123541

■左翼言論人に都合が悪い情報

青山繁晴 「田原総一朗さんが言う戦争が出来る国じゃない」
http://mix2ch.blog.fc2.com/blog-entry-21794.html

菅野完の犯罪疑惑でテレビが若い者からバカにされている、と専門家が指摘 野党には問題がありすぎる
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512744.html

■パチンコに都合が悪い情報

【「日本のカジノ王」岡田氏】香港で逮捕 賄賂容疑で
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-46202.html

■支那に都合が悪い情報

支那官僚の資産凍結!米国「ウイグル族を不当に拘束」!支那「内政干渉やめよ」!東トルキスタン
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7163.html

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 「あの国からアメリカに来る学生は全員がスパイだ」とトランプ
http://melma.com/backnumber_45206_6718931/

■韓国に都合が悪い情報

【ラオス】韓国企業によるダム決壊、「1126人を発見できていない」 ラオス・アッタプー県幹部  AFPBB News
http://hosyusokuhou.jp/archives/48821124.html

どうして日本のテレビはラオスダムの続報を報道しないの?
http://news-us.org/article-20180806-001710927-korea


■民団に都合が悪い情報

【森友】籠池長男「私だけでなく、両親も安倍夫妻に謝罪しなければならない」小川榮太郎氏と対談(月刊Hanada)
http://www.honmotakeshi.com/archives/53889564.html

菅野完「民団幹部から4千万円の籠池裁判費用を工面する!自分の庇護者は共産党」・籠池佳茂が暴露
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7165.html




■なぜが創作されたタイ洞窟遭難情報

タイの洞窟事故、日本の報道には誤報虚報が多い
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1549.html

―――――――――――――――――

上記は、民主党政権発足時の経験から、主要テレビ局、主要紙にて不報道扱いと推定される事案情報リストである。
拙ブログはテレビニュースを捨てているので関係はないが、テレビニュースをご覧になる方は、事前にリスト化しておいて、テレビニュースにて報道されていたかどうか、チェックするのに役立つと思う。

さて、民主党政権交代前後の時期に、不報道事案は、野党議員、野党、テレビ局、パチンコ、支那、韓国、民団に不都合な情報に集中していたことを、経験的に私は知っている。

これだけ不報道があることが、仮に確定すると、日本の視聴者を馬鹿にして、真実を知らせまいとするテレビ局の報道姿勢がどういうものか、わかってくる。

ニュース番組は特定の番組制作所が集中的に請け負っている。

―― 参考情報 ――――――――――

金富隆の経歴をwiki風で!韓国人でtbs?年齢と大学は?泉放送制作!
http://candy17.club/8795.html

―――――――――――――――――

なぜ、テレビニュース番組の制作が特定の企業が請け負うのか。
それは、日本国内を情報統制するのに都合がいいからである。


―― 参考情報 ――――――――――

元韓国軍将校がTBS報道番組「Nスタ」のディレクターだった!ソウル出身で元韓国空軍将校の朴眞煥
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/49572187.html

―――――――――――――――――

TBSのニュース番組のデイレクターはなぜ韓国籍なのか。

この人物は、C●A・KC●A・民団と関係があるだろうと見るべきだろう。

C●Aが、戦後日本を支配するために、C●A発足と同時に国内でKC●A、民団を組織し、国内で反日政治活動を好きなようにやらせる目的で、韓国籍の人材を選んで?登用した結果起きた現象であろう。
C●Aの黒幕は、あの反日「キッ●ンジャ-」であろうと考えれば、説明がつくはずである。


「内閣調査室の実像 謀略列島」(吉原公一郎)には、こういう一文がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

7頁

はじめに

麻布千台坂の韓国大使館、正面玄関をはいるとすぐにホールがあり、ホールの中央公論社から奥に廊下がつづいていた。廊下の右手に記者室、その向いに総務課長室がある。記者室につづいて階段があり、部屋はさらにつづいているが、それから先へ部外者が立ち入ることは許されない。日本人だけではなく、韓国人であっても、その例外ではない。
しかし、廊下をさらに奥に歩むと、右手の部屋には、幾台ものテレビを置いた部屋があり、日本におけるテレビ番組をチェックしている。ことし、一九七八年一月、民放労連が編集している『放送レポート』は、「ここに発表した『日韓報道五年史』は、いまやわずか十五分の宗教番組に至るまで、日本のマスコミ界を席巻している”韓国タブー”の実態と、その仕掛け人たちの工作のあとを可能な限りの追跡によって解明したものである」として、「『日・韓報道』ズタズタの五年史」というレポートを掲載した。これらの、日本の放送に対するチェックを行なっているのが、この部屋であるといってよい。廊下のつきあたりは「機密室」となっており、テレビが置かれている部屋以上に、立入りは厳重に禁止されていて、内部でなにが起んあわれているか、窺い知ることもできない。
階段を二階にのぼる。正面に向かいあって大使と公使の部屋があり、奥まったところに二〇五号室がある。
おなじように、この韓国大使館の敷地内で数字で呼ばれる部屋がもう一つある。大使館の裏手に、アンテナの立っているプレハブの別館がある。そこに七〇一号室というものがある。実は、これらの数字で呼ばれる部屋こそ、KCIAによる対日謀略工作の参謀本部であり、金大中氏拉致事件から、いま現在、すさまじいばかりに展開されている国際勝共連合の反共謀略は、ここで立案・計画され、指令されているのである。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

補足すると、対日謀略工作が、最終的に慰安婦問題、韓流番組推進に化けたと解するのである。

その黒幕は、日本弱体化を目論むC●A(キッ●ンジャー)とみていいだろう。構図的にはこうなる。

C●A⇒KC●A⇒韓国大使館⇒電通⇒番組制作会社(ニュース番組の場合は一社に集中)⇒テレビ局

政府は、電通社員過労死事案、厚生労働省が、電通の本社等を相次いで立ち入り調査し、韓国大使館と電通、電通と番組制作会社のやりとりについて情報収集した可能性はあるだろう。


今後、定期的に、定点観測のつもりで、このテーマで出稿予定。


以上

スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

05:54  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2018.08.04 (Sat)

押し紙問題  進んで地区別情報提供しなくていいのか?

私の近所のことだが、実際に配達されている全国紙は、読売、日経、朝日くらいであることを知っている。早朝に、玄関先に立っていると、配達しているのは二人くらいしか見当たらない関係で、この二人が、地方紙1紙、全国紙3紙くらいを(委託され)配達していると私はみている。


つまり、私が住んでいる地域で、毎日は、単独での配達実態がないとみているのである。

押し紙問題の専門家はかく分析している。

―― 参考情報 ――――――――――

新聞の部数減に歯止めかからず、中央紙5紙は1年間で120万部減、東京新聞2.5社分の新聞が消える、2018年4月のABC部数
http://www.kokusyo.jp/oshigami/12843/

止まらぬ新聞の凋落、中央紙5紙、この1年で約120万部減、2018年5月度のABC部数
http://www.kokusyo.jp/oshigami/13007/

6月度の新聞のABC部数、読売は年間約36万部の減、朝日は約31万部の減、新聞産業の衰退に歯止めかからず
http://www.kokusyo.jp/oshigami/13082/

―――――――――――――――――


ABC部数はこうなっている。地域別内訳まではわからない。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.kokusyo.jp/oshigami/13082/

6月調査

朝日:5,884,764(-314,046)
毎日:2,769,159(-202,353)
読売:8,419,052(-359,829)
日経:2,421,882(-296,674)
産経:1,464,355(-55,177)

http://www.kokusyo.jp/oshigami/13007/

5月調査

朝日:5,903,454(-312,681)
毎日:2,791,678(-212,136)
読売:8,441,979(-351,575)
日経:2,424,004(-292,079)
産経:1,466,881(-54,060)

http://www.kokusyo.jp/oshigami/12843/

4月調査

朝日:5,948,270(-294,948)
毎日:2,842,426(-207,827)
読売:8,474,483(-337,249)
日経:2,430,953(-285,510)
産経:1,522,427(-72,428)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


産経は、正直ベースとみていいだろう。
日経は、電子版への契約変更が加速している可能性がある。
私は、朝日と毎日について、購読実態に係わる重点調査が必要ではないかと思っている。



特に毎日の下落率。これは本当に解約実績とリンクしているのか?
購読部数の減少=実際の解約部数
となっているのかという意味である。


辻褄を合わせた数字のような気がする。ABC協会が、広告詐欺の片棒をかついだと疑われないことを前提に、購読部数が操作された可能性を疑っているのである。

森友・加計事案で、政権中枢が怪しいと朝日や毎日が率先して主張するなら、この二紙について集中的に押し紙実態調査を全国規模で行う活動を戦術的に有効な活動と位置づけ、地区毎に配達状況等について実態把握し、押し紙問題の調査者に対し、進んで状況提供する必要を痛感しつつ、新聞業界の闇が暴かれる日が来ることを期待する次第である。

以上

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

08:27  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2018.08.03 (Fri)

新聞(一般紙)の「情報価値の低さ」について

一般の人は、新聞を読めば、しかるべく情報が得られると考える方が多いと思う。

しかし、特定の専門領域においては、企業の調査マン、官庁の情報収集担当からみると、実は一般紙(読売、朝日、毎日、産経)の情報価値は、かなり下となるような気がしている。本稿の目的はそのことを実務ベースの視点にて説明することにある。

種子法のケースについて述べたい。保守系ネット界の一部に種子法改正反対の記事が続出した時期がある。改正反対の呼びかけがなされたが、拙ブログは同調せず、出稿も判断も見送った。専門情報入手の困難さ、専門情報の理解、専門的判断できるまでに結構時間を要するからである。

―― 参考情報 ――――――――――

全方位的な「情勢分析」の必要性について
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-428.html

―――――――――――――――――

とある有名ブロガーは、大して専門的見地から調べることもせずに?、種子法改正反対を煽動したようだ。
これに対し、拙ブログは、時間がかかり過ぎる、自分の専門領域外ということで、判断を避けた。有名人ともなれば、自分の言い方一つで世の中を変えられると思われる方がいるかもしれない。しかし、それは思い上がりというものである。

それなりの専門性を必要とする領域なので、あくまで、専門的な知見、ノウハウを身に付ける努力をしなくてはならないということである。

仮に、私が、業務上、種子法について調べ、種子ビジネス関係者だった場合を想定したい。(商社食品部門の新規事業企画担当者みたいな立場)

情報資料的には、以下の情報を集めることになるだろうと想定する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

専門性が高いと思われる分野、事案に係わる情報一覧

A その分野の専門家の書いた本、レポート
B その分野の専門機関が発行した本、レポート
C その分野の専門紙、専門雑誌
D 政府文書、規格(JAS)
E 与党文書(野党は反対しかしないので文書がそもそも存在しない?)
F 何でも首を突っ込みたがる、言論人の書いた本、レポート(池上彰など)
G 入門書(新書など)
H 新聞(一般紙)
I その他雑多なネット情報(必要に応じて)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

専門性という視点から、情報価値ありそうな順番に、並べてみると、一般紙は付け足しみたいな存在であることがわかる。
専門紙、専門誌の存在は大きい。特に、鉄道、軍事。これらの分野に関心ある方なら、一般紙の情報価値を認めない方が大部分であろうと思う。


また、一般紙は、読者数では日本が突出しているが、記事の質においては、イギリスの新聞(一般紙)の方が優れていると私はみている。

―― 参考情報 ――――――――――

イギリスの新聞一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%96%B0%E8%81%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7

―――――――――――――――――

種子法改正に際して、彼ら保守の反対論者は、上記A~Dの情報を揃え、読みこなしたのであろうか?
ブログ記事を読んだ印象では、F、G、H、Iを読んだ程度、ほとんどはI(ネット情報)のみで書き綴った可能性はないのか?

私は、新規事業企画担当の企業の調査マンの立場で書いている。
上司から、会社として種子ビジネスに参入できるかどうかを検討したいので情報収集し、分析し、レポート(A4で30頁程度以内で)を3カ月以内に提出いただきたいという指示を受けた、とする前提で書いている。

情報収集する対象は、上記A、B、C,D、Eが中心となる。専門機関が主催する講演会などにも参加することになるだろう。本、専門紙、専門誌の購入費用、ざっとみて10万円、講演会等の出張等で20万、社内向けに説明会やるとして50万(講師代)は用意することになるだろう。

ここで、何でも首を突っ込みたがる言論人がいたとしよう。その人が、種子法について見解を述べるべく準備したとしよう。情報収集費用にいくらお金をかけるのか?

少なくとも、上記A~Dは集めることになるだろう。費用的には最低10万円かかると推定。

しかし、有名ブロガーは、そういう費用支出をせずに、書く前から色眼鏡でそうだろうと決めつけ、官公庁文書の一部、雑多なネット情報を根拠に記事を書いてしまったような気がする。
書く前から色眼鏡で物事を眺めることについては、明らかに普段から同一の傾向がある(たとえば、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道など)などのケースは除き、業務上はしないものだ。私は、上司からそうならない様、厳しく指導を受けた経験がある。

従って、種子法で大騒ぎした有名ブロガーは、情報収集に金をかけず、十分な分析を怠り、色眼鏡でシナリオをイメージし、結論はこうだと決めつけ、その(安易な?)結論を以て無邪気な人たちを煽動したことになる。塾長を名乗る資格はあるのか、ということになるのである。
その人は、日韓合意反対、TPP反対を一早く表明したブロガーである。判断は早ければいいというものではない。金田一耕助主演の探偵ものの、映画・ドラマシリーズ、一早く、「犯人はアイツ」だと名指した(迷)警部がいたことを思い出している。

拙ブログは、日韓合意については2カ月近く分析を続行、政権として妥当な判断との結論に至った。TPPについては、消極的賛成のポジションを続け、最終的には、甘利担当大臣の頑張りによって、弱小国主導による「通商交渉史上の金字塔」という評価を下すに至った。
拙ブログのこれらの検討経緯、古くからの読者の方は、ご存じのことと思う。しかし、そうできるようになったのは、しかるべき上司の指導とそれなりの場数を踏んだ経験があったからなのである。正直に書くと、指導してくれた上司がいたことが大きい。

さて、一般紙の場合はどうか?
イギリスの一般紙のうち高級紙は、結構専門家の意見、見解等が掲載されていた印象がある。私が一時期愛読した、Independentあたりは、専門家による専門的な分析、論評が多かったようだ。(特に軍事面)


日本の一般紙は、総じて、全般的に均一で薄っぺらい印象がある。どれも書きぶり的に同じなのだ。専門家の意見、記事は一応は掲載される。が、往々にして採用される専門家の意見は、新聞業界、新聞のスポンサーにとって都合が良い意見が集められる傾向がある。新聞業界、新聞のスポンサーに都合が悪い、専門家の意見は、ほとんど新聞に掲載されないのである。
特に、外国人参政権、人権侵害救済法案関係の記事は読めたものではなかった。(特に、産経以外)

拙ブログコメント常連のSuica割さんの意見を掲載させていただく。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1068.html#comment1460

IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言う。キュレーションを行う人はキュレーターと呼ばれる。(コトバンクのキュレーションより引用。)

ここから類推するに、新聞やテレビ等の各メディアは、一次情報(現場取材や各機関の公式発表等)のキュレーションメディアといえるのではないかと考える。

WELLQのように、誤報等(医学的な間違い等)が多く、問題となったキュレーションメディアがあったが、日本の新聞等の各メディアも同様な問題があるのではと考えられる。

Suica割 |  2018.08.01(水) 23:11 | URL | 

日本の新聞等は、自分の主張に合うように、キュレーションを行い、伝えたい趣旨に合わない事実を隠蔽し、伝えたいことのみを伝える。

伝えるだけの力量の無いことは伝えなかったり、記事が薄くなる。(一例としてあげるが、軍事研究という雑誌と新聞の軍事記事の内容の濃さの違いが著しい。俺がデスクなら、専門ライターに書かせるところ)

ネットのキュレーションメディアより金を貰っていると推測される集団にしては、お粗末なレベルと思われる。

まだ、ブロゴス、イロンナ、リテラ(敵情視察及び自陣の弱点把握用)の方がましと思えてきます。

Suica割 |  2018.08.01(水) 23:24 | URL |

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

Suica割さんは、日本の一般紙の情報収集対象は、「一次情報(現場取材や各機関の公式発表等)のキュレーションメディア」であるとしている。

この指摘は、日本の一般紙の情報収集対象が、上記D、E、Fに集中していることを意味する。


専門紙、専門誌のように、上記A、Bについて普段から情報収集することはなさそうである。

つまり、日本の一般紙の記事の内容が薄っぺらいのは、普段から地道な情報収集活動をしているのではなく、何か騒動になった時だけ関係者に聞き回り、クイズ100人に聞きました的発想で報道方針をあわてて設定、紙面を確保、新聞業界と新聞のスポンサーにとって都合の良い情報中心で記者や識者と称する人(=実態的に、スポンサーに都合が良い意見を示す人)に書かせた結果、当然起きた現象と捉えることができるのである。

以上

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

08:18  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2018.08.02 (Thu)

まとめサイトは「不報道情報」拡散を担っている!

マスコミ関係者たちは、ネット情報はすべからく信用できず、いい加減だとしている。


ネット情報を否定するなら、ツイッター動画をマスコミが利用する行為は問題視、禁止されるべきことである。

―― 参考情報 ――――――――――

TV朝日さん、Twitterの動画をタダで使わせてもらおうとした結果
http://alfalfalfa.com/articles/228715.html

―――――――――――――――――


日頃主張していることと、業務上やっていることが、一致していない。
欲しい情報は、信用する。欲しくない情報は信用しないという意味なのであろうか?マスコミ関係者によるネットは信用できない、という主張は、ダブルスタンダードであるようだ。



私の場合は、政治ブログを維持する目的のため、官公庁HP(ネット)、自民党HP(ネット)、政治家ブログ閲覧は必要不可欠となっている。

―― 参考情報 ――――――――――

政治記者・政治ニュースが信用できない決定的理由
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1067.html

―――――――――――――――――

従って、「ネット情報すべてが問題」だとするマスコミ関係者発言は、官公庁、政党、政治家サイト等のネット情報閲覧ニーズをそもそも知らない点で、(情報を扱う人としては)ズブの素人ということになる。

自分たちは文書で情報を貰っている関係で、ネット情報に、官公庁、政党、政治家サイトが含まれていることに気づかずに、ネット情報はすべからく信用できないと語っているのであろう。



マスコミ記事において、分析力のなさを指摘する意見は多い。カジノ法案についての分析記事は皆無状態だった。記者の分析力のなさは、こういう事案に顕著に現れる。保存版となりそうな分析記事を書ける記者は、既に、絶滅状態にあるような気がする。

きちんとした分析記事を書けない記者が、ネット情報は信用できないとする(能力上の)資格はあるのだろうか?



一方、知る限り、記者というのは接待を絶対に断らないことを経験的に知っている。その昔、記者倶楽部あった企業や業界団体の場合、3次会、4次会(午前3時)くらいまで接待したのは常識。偉そうな記事を書いているが、かように接待を受けることが大好きな、卑しい?職種、なのである。
文科省事務次官が過剰接待で事情聴取される時代に入ったのだ。いまだに、記者倶楽部の必要性を訴えるマスコミOBがいたら、接待漬けで頭がおかしい人物と思っていい。相撲協会記者倶楽部に所属する、「ご高齢の記者」などは、そういう部類に入れていいだろう。

接待漬けの記者が、ネット情報は正しくないと言える(倫理上の)資格はあるのだろうか?



一方、被災地入りするテレビ局取材陣においては、被災地にて、多額の白紙領収書を収集し、経費ちょろまかしを企んでいる可能性が十分にある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

「正義の正体」からの引用

佐藤
で、その弁当の代金について、今度は大使館で偽造領収書を作ってやるわけです。それを僕がやらされた。大使館の公用箋の右下に日本大使館の判子をボーンと押して、僕のサインを入れる。「あとはお好きな額を書いてお使いください」とか言って記者たちに渡すんです。
田中
公印まで押してあれば、それは疑われない。
佐藤
特にテレビの連中のカネの遣い方はひどかったな。何百万円もする取材費の半分以上を着服したりするなんて平気でやっていた。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

経費ちょろまかししている、かもしれない取材陣が、被災地で配信されるネット情報が正しくないと言えるのであろうか?



これら、マスコミ関係者の生態などから、(ネット情報を信用できないとする)マスコミ関係者の主張が、大凡、正しくはないという見方に繋がるのである。



さて、ここ数カ月、再び意図的な不報道事案が増えているように思う。主要メデイア黙殺・不報道リストとして作成したのが以下。



―― 参考情報 ――――――――――


■石破茂に都合が悪い情報

「石破4条件」の真相はこれだ!学部新設認めない「告示」の正当性示せなかった文科省
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/170722/soc1707220007-n1.html


■野党議員に都合が悪い情報

【裏口入学】立憲民主党の議員が関与と分かった途端に報道が止まる
http://netgeek.biz/archives/123608
東京医科大の裏口入学に野党議員が関わった事実を主要メディアが黙殺 被告妻の悲痛な訴えを無視
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512445.html


■テレビ番組に都合が悪い情報

青山繁晴「玉木雄一郎の獣医師会100万円献金を指摘したら『台本通りやれ!』と圧力をかけられた」
http://netgeek.biz/archives/123541


■支那に都合が悪い情報

支那官僚の資産凍結!米国「ウイグル族を不当に拘束」!支那「内政干渉やめよ」!東トルキスタン
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7163.html


■韓国に都合が悪い情報

【ラオス】韓国企業によるダム決壊、「1126人を発見できていない」 ラオス・アッタプー県幹部  AFPBB News
http://hosyusokuhou.jp/archives/48821124.html


■民団に都合が悪い情報

【森友】籠池長男「私だけでなく、両親も安倍夫妻に謝罪しなければならない」小川榮太郎氏と対談(月刊Hanada)
http://www.honmotakeshi.com/archives/53889564.html

菅野完「民団幹部から4千万円の籠池裁判費用を工面する!自分の庇護者は共産党」・籠池佳茂が暴露
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7165.html


■なぜが創作されたタイ洞窟遭難情報

タイの洞窟事故、日本の報道には誤報虚報が多い
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1549.html


―――――――――――――――――


これらの情報源は、まとめサイト、個人ブログ。産経は不報道事案拡散活動の一翼を担っているとみていいだろう。
まとめサイトや個人ブログは、個別に不報道事案を見出し、配信し続けているようだ。
内容的には、意図的な不報道リストとしてまとめ、継続的に見直し、周知・拡散されるべきものである。


これらの情報を見渡すと、不報道の代表格と考えられる、テレビニュースを見る価値はほとんどなくなる。
これらの情報が配信され、注目度が増していることは、肝心な情報を配信していない証左となるのである。また、台本どおり喋らされる政治討論番組など、そもそも見る気がしない。森友・加計報道で政権が係わっていないとする証拠が示されていないとテレビ局の報道方針として指摘するなら、テレビ局も討論番組について、台本が存在していない証拠、出演者に発言を強制していない証拠を示すべきだろう。

以上、マスコミ関係者の「ネット情報は信用できない」とする一般論的主張について反論を試みるために、素材をかき集め、編集、シナリオ化を行なった。



どうやら、真実は、ネット情報が100%間違いだらけというのではなく、
マスコミがきちんと報道しないので、情報源として信頼性が高い、官公庁HP(ネット)、自民党HP(ネット)、政治家ブログの閲覧ニーズが発生する一方、
まとめサイトや個別ブログ等での「個別の不報道事案」が拡散されている面があると考えるべきではないのか。



上記で示した情報などを総合すると、まとめサイトや一部個人ブログは、マスコミが黙殺・意図的に不報道としている事案、マスコミにとって都合が悪い情報を提供、配信する唯一無二の媒体を担っていると考えられる。

最終的には、「官公庁・政党・政治家サイト」や「不報道事案を扱うサイト」を含めて、ネット情報を信用できない情報源と断定する、マスコミ関係者の認識が根本的に間違っていると判断せざるを得ないのである。

以上

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

05:41  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.08.01 (Wed)

新聞が社会的にまったく信用されない時代となった?

最近は、中学生、小学生も新聞を読まなくなったそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

【時事通信】小学生の6割、中学生の7割が「新聞を読まず」 新聞を読む頻度が高いほどテストの正答率アップ…全国学力テストの意識調査
http://hosyusokuhou.jp/archives/48821170.html

―――――――――――――――――

要因として考えられることは、若い世帯で家計収入が伸び悩み新聞購読世帯が激減しているか、親が子供に新聞なんてどうしようもないと子供に語っているか、新聞を読むよりもっとマシなものを読みなさいと親が子に語っているか、活字ものを読まなくなってきている親が増えているので、こういう結果となっている可能性はある。

また、世論調査手法的には、「新聞を読む頻度」ではなく、「本や活字ものを読む頻度」として調査すべきだったような気がする。
つまり、上記記事は、基本的には、新聞協会?主導のステマ記事(自分たちの業界に良い印象を持たせるための自作自演記事)ということである。
自作自演は半島系の得意技、、、

さて、新聞が信用されなくなってきているのは、多くの要因が絡み合ってそうなってきている。と見るべきだ。

私が、中学生時代読んだ新聞社説には、概ね次のようなことが日常茶飯事のように書いてあったと記憶する。

「日本は戦争を起こした悪い国なので、中共に対しては謝罪し続けなければならない。中共は賠償金は要らないと言ったので日本政府は賠償していないが、そんなことでいいのか……………」

田中角栄首相時代前後にこのような趣旨の記事を何度も読んだ記憶がある。

新聞を読めば読むほど、洗脳されるのである。
仕方なく、私はノンポリ(政治に係わらず、政治的に中立であること)を選んだ。

もちろん、このような報道姿勢は、歴史認識問題での政府対応により否定されつつある。
安倍談話の「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」という一文により歴史認識論争は下火となった。
中共は、その後、歴史認識問題について公式に語ることは激減した。安倍談話の効果はあったということだ。

本稿を読まれている、中学生、小学生諸君にお聞きしたい。どちらの発言がまともであろうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・安倍談話
「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」

・私が中学時代に読んだ新聞
「日本は戦争を起こした悪い国なので、中共に対しては謝罪し続けなければならない。中共は賠償金は要らないと言ったので日本政府は賠償していないが、そんなことでいいのか……………」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙は、安倍談話について否定的なスタンスのはずである。

「戦争に係わりのない、今の中学生、小学生諸君」に謝罪の義務を負わせるべきではないという安倍首相の発言の方が、中学生、小学生たちの未来を案じていると私は考える。

従って、中学生、小学生が読むべき情報は、(安倍談話についてどちらかというと否定的な)「朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙」ではなく、官邸HP(ネット)ということになるのである。

政党支持率で、10代が最も自民党支持率が高いという調査結果となっているのは偶然ではない。安倍談話に対する若い世代の評価とみなせるのである。

これに対し、森友・加計記事を眺める限り、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙は、誰がどう見ても?、倒閣目的の報道方針であるようだ。

そして、籠池の息子さんの告白によって、真実が判明した。

―― 参考情報 ――――――――――

【森友】籠池長男「私だけでなく、両親も安倍夫妻に謝罪しなければならない」小川榮太郎氏と対談(月刊Hanada)
http://www.honmotakeshi.com/archives/53889564.html

菅野完「民団幹部から4千万円の籠池裁判費用を工面する!自分の庇護者は共産党」・籠池佳茂が暴露
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7165.html

―――――――――――――――――

どうやら、ネットは、マスコミにとって都合が悪い真実を伝達する、唯一無二のメデイアの役割を担っているようだ。

朝日は、戦後処理報道、森友・加計報道など、報道内容のほとんどが恣意的。スパイ工作機関化しているとみなくてはなるまい。スパイ工作機関化したとみるなら、スパイ防止法法制化、マスコミ規制法法制化、新聞法法制化、消費者基本法改正(マスコミ条項)ということになる。

その第一段階として、北朝鮮スパイ工作防止法を法制化すればいいのである。

朝日は、慰安婦問題の処理を誤まったことで、米朝開戦、交戦開始と同時に朝日新聞の全記者が●●罪で●●された場合、私はこれを支持することになるだろう。

それだけではない。

中学生、小学生の皆さんが、大きくなるにつれわかってくることがある。
私は、新聞業界に関して、以下のような経験をしている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・不報道が多い(特に政治報道、中共・韓国・左翼政党・創価・パチンコに不利な情報中心)
・偏向捏造が多い(特に、朝日)
・社説が説教調、駄文が目立つ(特に、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙)
・取材陣が尊大(議会傍聴すればわかること)
・報道内容について問合せてもなしのつぶて(多くの人が経験済み)
・間違った報道内容でも訂正報道しない(特に、朝日)
・押し紙問題(ほぼ全紙?)
・記者は接待を絶対に断らない(企業広報担当者の常識?)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の記者と話してみることだ。

私の場合は、若い頃、場末の酒場で出会った記者から、名刺交換直後に、「お前の会社は世の中に不要な会社だ」と言われたことがある。

多くのマスコミで、不祥事発生の都度、「社員教育を徹底する」と同じ対策を報道発表してきているが、そんなことは口先だけのこと。
私の場合、出会った記者たちほとんどが性悪だったので、遠慮は不要である。とことん論争し、徹底的に追い詰めるという姿勢を見せるべきだ。

彼らは、実態的に人間の●だらけなのだ!

ただ、産経は記事も記者もマシ。読売は昔よりは、保存版の記事が増えてきている。マトモな人もいる。それ以外は、、、

そういうことなので、新聞は、各紙読み比べ、各紙の記者の発言、態度等を観察されんことをお薦めする。
おそらく、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の問題に気づくことになるだろう。

以上

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

05:49  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)
 | HOME |  NEXT