2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.07 (Tue)

ヘイトスピーチ規制強化を阻止するために

今、法務省人権擁護推進審議会の存在を意識して書かれた、一冊の本を読み始めている。
タイトルは、「書かれる立場 書く立場 人権報道」、読売新聞編である。
拙ブログ管理人はマスコミを小馬鹿にした原稿ばかり書いているが、本書に登場する読売関係者の書きぶりはそれなりに真摯である。

なぜなら、当時、人権侵害救済法案の法制化が取り沙汰されたからだ。

読売は、そういうトラブルに巻き込まれることを避けるべく、過去の報道資料を参照し、社内関係者を動員し、自問自答したようである。

特に、読む価値あると思われるのは、「第3部 報道事例と問題点」に出てくる、事件報道の加害者と被害者に係わる詳細に定義された「ケース別の記述原則」、加害者刑事裁判における「ケース別の記述原則」、の詳細かつ精緻な書きぶりである。


ここで、ヘイトスピーチ法の根拠とされた報告資料を参照したい。

―― 参考情報 ――――――――――

「ヘイトスピーチに関する実態調査報告書 平成27年法務省委託調査研究事業 財団法人 人材教育啓発開発センター」
http://www.moj.go.jp/content/001201158.pdf

―――――――――――――――――

この資料の50~58頁にある、デモ・街宣活動に係わる発言等集計に注目したい。
とりあえず58頁分を掲載する。
ヘイトスピーチ報告書

さて、これらの活動と何らかの関係ある方、読売が、報道機関として人権問題で名指しされ、当事者として問題視されることを未然防止する視点で、かように精緻な検討資料を作成、編集したことを知るべきだ思う。

さて、拙ブログのコメント投稿者の中に、桜井誠とその一派は、ヘイト法法制化を呼び込んだ点において、本当に保守と言えるのか?という意見がある。

私は、桜井誠が代表となった日本第一党を批判するつもりはない。在特会は、外国人参政権法制化阻止の中核を担った団体と認識する。

が、それでも、ヘイト法の規制強化を呼び込む行為は、今後は避けるべきだというスタンスである。

残念なことに、「2月5日の反アパデモ」のカウンター街宣の中に、上述法務省の実態調査報告書にて「排斥的」だとカウントされかねない言動があったのではないかとみている。
桜井誠は、そう受け取られないように、言葉には気を付けて発言していたが。


今や、マスコミは総じて、在特会には批判的である。
ヘイトスピーチ

産経は、同情しているように見える。が、一線を越えたとみなされた場合、世論は、さらなる規制強化策を要求するだろう。
民団は、世論を喚起、マスコミを総動員してそうするだろうという意味である。

こうなった場合、もはや歯止めはなくなる。

自分たちは正しい、彼らは間違っているでは済まされない。緊急時等、必要な時に、日本人が主催する街宣もデモも許可されなくなる事態を万が一招いた場合、彼らは果たして、愛国だったのか?保守だったのか?ということになるのである。
これ以上、日本人の言動が弾圧され規制される事態を招くようなことは避けるべきだし、法務省が更なる規制強化を行う際の根拠資料としてリストアップされる活動ももちろん、自粛されるべきだろう。

実際そうなっていることを信じたいところだが。

2月5日の反アパデモへのカウンター街宣に懐疑的だった方々の意見を無視していいということではないのである。


さて、ここで冒頭で紹介させていただいた本を参考に、「報道機関における記述原則」を「保守活動における街宣原則」と置き換える趣旨で、以下に提言させていただく。

―――――――――――――――――

ヘイトスピーチと名指しされた側は、これ以上のヘイト法規制強化されることを防ぐには、

・上記法務省報告書にて指摘あった言動等について、当事者各自が検証するだけでなく、過去の事例検証と通じた「街宣原則」を作成・共有化し、ヘイト法に係わる「精緻かつ真摯な理論武装」が必要となるのではないか。

具体的には、
「書かれる立場 書く立場 人権報道」の「第3部 報道事例と問題点」に出てくる、「事件報道の加害者と被害者に係わる詳細に定義された記述原則、加害者刑事裁判における記述原則」などを参考に、どこまでなら言及していいか、どういう用語が抵触するのか、どういう言い廻しなら大丈夫なのか、「街宣原則」に係わる詳細なる「ガイドライン」を作成、共有化すべきである。

個別に書くとこうなる。

・組織、団体批判する場合の街宣原則
民●については、▼▼あるいは■■という用語での批判とする。朝鮮●連については、■■あるいは▲▼という用語での批判とする。
・反日的な在日個人批判の場合の街宣原則
■■あるいは▲▼という用語での批判とする。
・親日的な在日朝鮮人個人批判の場合の街宣原則
批判対象外
・反日的な在日帰化人個人批判の場合の街宣原則
■■あるいは▲▼という用語での批判とする。
・親日的な在日朝鮮人個人批判の場合の街宣原則
批判対象外
・反日的な二重国籍議員批判の場合の街宣原則
■■あるいは▲▼という用語での批判とする。
・親日的な二重国籍議員批判の場合の街宣原則
▼▼あるいは■■という用語での批判とする。
・パチンコ議員批判の場合の街宣原則
▼▼あるいは■■という用語での批判とする。

―――――――――――――――――

参考までに、「書かれる立場 書く立場 人権報道」の巻末にて、「読売信条」、「記者行動規範」、「新聞倫理綱領」、「集団的過熱取材に関する日本新聞協会編集委員会の見解」が掲載されている。

最後に、読売がやったように、活動信条、活動規範、綱領、見解等を作成、共有化、周知することができれば、これ以上のヘイトスピーチ規制強化を諦めさせることが可能ではないかと考えるのである。


以上


参考
―――――――――――――――――

読売信条

読売新聞は責任ある自由を追求する。

個人の尊厳と基本的人権に基づく人間主義をめざす。

国際主義に立ち、日本と世界の平和、繁栄に貢献する。

真実を追求する公正な報道、勇気と責任ある言論により、読者の信頼にこたえる。

(2000年1月1日)


記者行動規範

読売新聞は21世紀を迎え、新聞倫理綱領および読売信条に掲げられた新聞人のあるべき姿を実現するため、記者行動規範を制定し、守るべき職業倫理を改めて確認する。新聞への信頼は、正確かつ公正な報道と良識ある取材から生まれる。読売新聞記者は、言論・報道の自由と記者に課せられた重い責任を自覚し、この行動規範に従って日々の取材・報道に当たるとともに、高い倫理意識を持って行動する。

1 取材・報道に当たっては、人権の尊重を常に心がけ、個人の名誉を不当に傷つけたり、プライバシーを不当に侵害したりすることがないよう、最大限の配慮をする。

2 取材に当たっては、その方法が公正かつ妥当かどうかを常に判断し、社会通念上是認される限度を超えることがないようにしなければならない。とくに、事件・事故の被害者やその家族を取材する場合は、相手を困惑させたりすることがないよう配慮する。

3 個人の私生活の場に強引に立ち入りまたは潜入しての写真取材は行ってはならない。プライバシー侵害に当たるような盗み撮り取材も、報道目的が公共の利益にかなう場合以外はしてはならない。

4 情報源の秘匿は、最も重い倫理的責務であり、公開を求められても、本人の同意がない限り開示してはならない。また、オフレコの約束は、厳守しなければならない。

5 取材・報道に当たり、社外の第三者の指示を受けてはならない。また、特定の個人、団体の宣伝や利益のために事実を曲げて報道してはならない。

6 報道目的で得た情報は、読売新聞の報道およびそれに付随した活動以外に使ってはならない。とくに、職務上知り得た情報を報道以前に外部へ流したり、株式投資や不動産取引などに利用して経済的利益を得たりすることは許されない。また、経済的利益であれ、それ以外の利益であれ、本人、家族、親族、知人に利益を与えることを目的に記事を書いてはならない。

7 報道の公正さを疑われるような利益の提供は受けてはならない。それは、現に取材対象となっている相手からの利益提供に限らない。

8 他人の著作物などを引用して報道する場合は、出典の明示など、必要な措置をとらなければならない。無断引用は、記者として最も恥ずべき盗作である。

(2001年5月)


新聞倫理綱領
http://www.pressnet.or.jp/outline/ethics/


集団的過熱取材に関する日本新聞協会編集委員会の見解
http://www.pressnet.or.jp/statement/report/011206_66.html



テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

17:07  |  保守活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.06 (Mon)

ホンモノとニセモノ  見分ける方法

本稿、私個人、ニセモノ?と気づかない時代があったことを振り返り、反省の念を以て出稿するもの。

三つのケースについて、とりあえずホンモノではなさそうだという視点から寸評を述べさせていただく。


■ケース1 「愛国」的教育方針が強調されることを含め、用地問題で騒動となっている森友学園の場合


見立てとしてはこのブログのスタンスでいいだろう。

―― 参考情報 ――――――――――

森友学園の謎ー見え隠れするカルト・北朝鮮・極右の線
http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako

―――――――――――――――――

私は、この学校の教育方針すべてに精通している訳ではない。何か、教育姿勢的に不自然な点を感じる。愛国であることを異常に強調し過ぎるやり方が気になっている。

韓国の歴史教科書のタイトルが「正しい歴史教科書」であるそうだが、この手法を参考に、正しいとか、愛国を強調する教育方針であるような気がする。

―― 参考情報 ――――――――――

韓国の歴史教科書のタイトルはなんと「正しい歴史教科書」というのだそうだ 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

―――――――――――――――――

また、森友学園のあの人物は、政権打倒を託されたスリーパーではないかとみている。

―― 参考情報 ――――――――――

森友学園の小学校設立を手助けしたのが民進党・平野博文(野田政権時の文部科学大臣)だと民進党の定例会見でフリージャーナリスト堀田記者に暴露される
http://snjpn.net/archives/16574

【森友学園】稲田大臣は感謝状を撤回せよと追及する民進党、民主党政権で「文部科学大臣優秀教員」に表彰すると決定した事実判明
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1488180982/-100

―――――――――――――――――

実際そういう怪しい動きを始めた。

―― 参考情報 ――――――――――

森友学園が鴻池事務所の陳情記録は捏造と反論
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4299.html

―――――――――――――――――

本稿紹介記事のとおりだとするとこういうシナリオが見えてくる。

まず、(組合貴族出身の関係で、まともな陳情を受けたことがない?、政界事情をよく知らない?)民主党議員(平野博文)に近づき、民主党政権時代に表彰状を貰うことを画策することに成功した。
その後、首相夫人個人で政治活動することが大好きな、安倍昭恵夫人に近づく。「安倍晋三記念小学校」という学校名とすること、安倍晋三の冠での寄付?などをされた時点で、不自然だと普通の人は気がつく。
安倍首相夫人は名誉校長に祀りあげられたそうだ。首相夫人としてチヤホヤされることに慣れ、単純で騙されやすいという点において、また、異常なまでにヨイショされても誰も自民党関係者が制止できない構図、さぞかし利用しやすい存在であったことであろう。
それでも懲りずに、安倍昭恵夫人は、自身の判断で(誰が何と言おうと)政治集会などに参加するのであろうか?偏差値35の「●●」でもわかる話である。
20170303.jpg

■ケース2 何かにつけて「愛国」、「保守」、「武士道」について言及する言論人が主催する団体の場合


・論点1 保守系団体幹部の前職がAV制作会社だったことを知ったら、その団体愛国的活動に共鳴したであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

モッツ出版。高須基仁氏が語る水島聡氏との関係
http://hitorigot0.blog.jp/archives/1055675778.html

―――――――――――――――――

私のスタンス:その事実を知っていたらその団体には登録しなかった。


・論点2 保守系団体幹部の妻がNHKの番組制作に係わっていることを知ったら、その団体が呼びかけるNHK抗議活動に参加したであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

チャンネル桜とNHK
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53221283.html

―――――――――――――――――

私のスタンス:その事実を知っていたら抗議デモに参加しなかった。


・論点3 保守系団体幹部同士が仲間割れ、一方がその経営する放送会社のテレビ番組でもう一方を放送法違反状態?で批判していても、その団体を支持するであろうか?

私のスタンス:この団体については係わる気が起きない。この時点で、活動に賛同しない人は増えていると予想する。

この団体の運営について、何かおかしいと気づいたのは、都知事選挙立候補表明直前だった。
その人は、田母神と一緒に安倍首相に会い話をしたと番組で語っておられた。
その時点で、私はすべてが氷解した。首相に会おうと思えば会える人が、それまでの活動のほとんどが抗議活動一本槍。集団訴訟も手掛けていたが、政府機関への陳情・要請文書はそれまで皆無?
つまり、成果を出すつもりの活動ではなかったことが、この時点で確定したのである。拙ブログが、提言型に舵をきるきっかけの一つになった。

ただ、映画「南京の真実」の制作が遅れに遅れていたことを根拠に、ニセモノ?と気づいていた人はいるかもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

映画「南京の真実」 水島総の詐欺、横領疑惑
http://kokuhatsu11.blogspot.jp/2015/02/blog-post.html

北朝鮮系右翼・チャンネル桜「水島総」の末路を予想してみた
http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=135

チャンネル桜製作 映画『南京の真実』は駄作である。 #チャンネル桜 #水島聡 #呆守
http://ameblo.jp/scorpionsufomsg/entry-12246637094.html

―――――――――――――――――

ただ、そう批判する前に、「南京の真実」ビデオくらいなら、1本それぞれ3カ月くらいで500万くらいの制作費で制作可能であると、私なら考えてしまう。よって下記内容にて出稿した。

―― 参考情報 ――――――――――

「南京の真実」3部作  1500万で制作可能かもしれない?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-366.html

―――――――――――――――――

本当に制作されてしまった場合、反論の余地は消滅するのである。田母神俊雄が監修した「南京の真実」ビデオなら、飛ぶように売れるかもしれない!?ということである。アパホテルの経営者に、次の懸賞論文のテーマとして、持ちかけてはどうかと思っているくらいである。

■ケース3 その他のケース


私は、ここ数年、歴史について興味を持ち始め、キリスト教がアジア諸国とどう係わったか、どういう災禍をもたらしたかについて、読み始めている。

今段階だから言えることだが、アジア各国を植民地化し、異民族を奴隷の如く扱い、戦国時代、宣教師たちが日本人奴隷貿易に係わり、ローマ教皇も宣教師たちの一連の行為を是認した歴史を振り返れば、キリスト教の教義書が「聖書」と名付けられていることに反発を持ち始めている。
そのキリスト教会は、慰安婦問題について、日本政府に対し、謝罪と補償を求める中核組織だった。

要するに、キリスト教会は、植民地支配、奴隷貿易、慰安婦問題について、謝罪すべきことを為したのである。


次は、「美談」好きな数千人が集結、メーリングリストでバーチャルに語り合った団体と称する団体のケース。
ここに過去の論争の痕跡が読める。
http://blog.livedoor.jp/t6699/

書かれていることの大半は、おそらく事実であろうと推定する。
この団体は、「徳育」という言葉にこだわったように記憶する。
韓国の歴史教科書のタイトルは、「正しい歴史教科書」となっていることを参考にすれば、名称をそれらしく(美しく受け止められるように)脚色することにこだわった一例ではないかと思う。
多くの伝えられる美談話が創作だらけであること、それは研究者レベルの世界では常識である。忠臣蔵がその代表格と言っていい。
(歴史の)素人を感動させる(保守ビジネス)素材として、「美談」ものが重宝された時期があったことは確かだ。それは、マスコミがこぞって反日自虐・日本叩き・愛国議員叩きに走り、保守政党だったはずの自民党が内紛に明け暮れ、民主党が進めようとする政策に迎合した時代の、逃避的な性格を伴う産物である。

また、ある「真正保守」を強調する地方議員は、何かにつけて「特攻」隊員のことを引用した。その方は、批判文しか書けない(書かない)方だった。「特攻」隊員たちが、政治や戦争について余計なことは何一つ言わず、突撃していったことを知れば、その思いに応えるつもりがあれば、残され託された人がすべきこと、それは「批判」ではなく「提言」することであることは明白であろう。
何一つ提言しない人が、「特攻」を強調して引用することに、私は怒りを覚えるのである。




■総括


ケース1~3を教訓として受けとめると
「愛国」、「保守」、「武士道」、「正義」、「美談」、「特攻」、「徳」、「善」、「聖」という言葉を強調することに、私は、違和感を覚えている。そう語る人ほど、自ら実践しないどころか、真逆の人物である可能性はないのか……………………

従って、私は、自分のことを「愛国者」であると語るつもりはない。
従って、私は、自分のことを「真正保守主義者」であると語るつもりはない。
従って、私は、「美談」を強調するつもりはない。
もちろん、「善意」でブログ活動していると強調するつもりはない。

そう書くのは、歴史教科書を「正しい歴史教科書」と名付ける韓国政府、歴史について論争する最中に「正しい歴史認識」という「偽り」の言葉を平気で使う韓国の大統領、本稿で紹介したニセモノ?、と一緒にされたくないからである。

最後に、テレビ番組「なんでも鑑定団」出演者の、鑑定人「中島誠之助」の著書「ホンモノの人生」から、ホンモノとニセモノの見分け方について言及している(印象に残った)箇所について、紹介し、本稿を終える。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

「ホンモノの人生」(中島誠之助)からの抜粋
―――――――――――――――――

所詮、舞台装置のパネルのような拵え物、すなわち「こさえもん」は見てくれだけの美しさです。ホンモノの美しさにはどう逆立ちしたって絶対かないません。
私たちはきらびやかなモノや口先の上手な人に心を奪われがちです。そんな人からうまい話を耳元で囁かれながら、こさえもんのニセモノの器を見せられたらば、心が動いてしまうのもわかります。その器は「ゴージャスな袈裟」をまとっていて、やきものの茶碗なら二重箱仕立て、掛け軸なら太巻きで三重箱、これを「キモノがいい」といいます。そのために真の姿が見えなくなってしまう。それが騙しの手口です。

―――――――――――――――――

ホンモノ人生を歩むうえで必要なことは、裸の王様に向かって「裸だ!」といえる子供のような純粋な目をもつことです。ただそれを口に出すか出さないかです。そのときの状況を見極めることも重要です。これが「世渡りのコツ」になります。
さて、本題に戻りますと、ニセモノの中には「非常に優れたニセモノ」があります。これが厄介なトラブルを引き起こします。「ホンモノ」と寸分たがわぬ出来具合です。ところが、目利きにかかると、「よくできているが感動がない」の一言で見破られてしまいます。

―――――――――――――――――

欲を捨てて初めて、真実が浮き彫りになるのです、ですから、ニセモノ人間を鑑定する極意は「欲を捨てること」の一言に尽きます。
さらに、相手の人格と品性がわかるようになるためには、自分の感性を磨く必要があります。骨董のニセモノがわかるようにです。山は高くなればなるほど裾野が広がります。それと同じように、感性も磨けば磨くほど鋭くなり、程度の低いものがわかってくるのです。

―――――――――――――――――

ニセモノ人間はニセモノ人生しか歩めません。私は輝かしい天下の大道を歩きたい、とずっと強く願ってきました。その気持ちをもちつづけたことで、ホンモノ人生を歩むことができたのだと思います。

―――――――――――――――――

心、そして命。人間が今まで残してきた歴史は取り返しがつかないし、やり直すことができない。そして、国家であれ、個人であれ、家族であれ、これからつくりあげていく歴史は未知数で空白でなにがあるかわからない。だからこそ、カネで取り返しのつかないハートで責任をもって生きていかなければならない。
カネで買えないものは、もうひとつあります。私はよくいう「いい仕事」です。それはカネをかける、かけないの問題ではありません。カネと権力を結集してつくりあげるものは、システムと時間がありさえすれば可能だといってもいいのではないでしょうか。

―――――――――――――――――


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

06:25  |  保守活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT