FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.07.03 (Tue)

公明党が最も恐れているものは何か?

本稿は、主に検察組織の視点で、少々古い情報を集めシナリオ化、外乱省略した前提での推論の位置づけ。

本稿の推論の可否については、読まれた皆様各自にてご判断いただきたい。




田母神俊雄が衆議院選挙の時に、公明党国土交通大臣を批判した演説を行い、自公分断すべきと語ったことは皆様ご存じのことと思う。


―― 参考情報 ――――――――――

田母神 「公明党をぶっ潰せ」12/2 @新宿【IWJ4】
https://www.youtube.com/watch?v=FYTQllgfxag

―――――――――――――――――


田母神俊雄が公明党批判する理由、もっと根深いものがあるように思う。
かつての自衛隊が、創価学会を含め新興宗教の信者隊員について問題視する時代があったことを知っており、田母神俊雄が自衛隊入隊した時代はまさにそういう時代だったはずなので、田母神が創価を潰したいと思ったのはかなり前の時期のような気がする。



さて、「公明党・創価学会の真実」(平野貞夫)にて、公明党創世期の選挙運動に関して、警告を発した言論人がいたことが紹介されている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

97頁
ファシズムの新しい形
この第五回参院通常選挙の投票帯のちょうど一ヵ月前、おそらく選挙戦が最も苛烈となったころの昭和三四年五月三日付けの毎日新聞で、大宅壮一氏が、創価学会の選挙運動に次のような警告を発している。

「ファシズムの新しい形ですね。確実な組織を持ったものが、完全な統制のもとに票を割り当てたら、立候補者全員の当選も至難ではないでしょう。統制されたものには、かないません。
こうなると、民主政治を十分におびやかす結果になります。また、創価学会の力に対抗するため、自民、社会、共産の各党がそれぞれ”統制した一票”を組織内の各個人に使わせるとすれば、もう、議会政治の死を意味するものです。
これは、議会政治の根本に触れる重大な問題になります。創価学会が、今度の選挙で示した命令ー服従の形を、これからも続けていくとしたら、将来かならず恐ろしい”力”に発展していくと思います」

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



宗教法人としての、命令ー服従の形での選挙運動は、選挙違反の可能性がありそうだ?と述べていると私は解する。

また、「公明党・創価学会の真実」にて、平野貞夫は、自公連立は池田会長を守るためであると断定している。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

31~32頁

連立は池田名誉会長を守るため

公明党・創価学会が自民党と連立して、基本理念である「平和・人権・福祉」と逆のことをしている事例は枚挙に暇がない。かつてのように弱者の立場を守る公明党なら真っ先に反対したであろう。「心神喪失等医療観察法」を参院法務委員会で強行採決するという「事件」も、そのひとつである。この法律は、大阪で起きた「池田小学校事件」をきっかけにした小泉首相の軽率な発言に端を発する「人権侵害法」だ。日本精神病院協会政治聯盟が、法案成立に向けて巨額の政治献金を使ったことでも知られる。利権が凝縮された法律だった(第一章で解説)。この天下の悪法を「人権の擁護」を理念の一つとする公明党・創価学会が率先して成立させたのだ。
その理由は、自民党の腐敗した政治家を擁護するためだった。
その舞台となった「参院法務委員会」の委員長は公明党議員だった。調べてみると、公明党は、四○年間も参院法務委員長のポストを独占していることがわかった。検察と司法を所管している法務委員会の委員長に、なにゆえこだわるのか。ちなみに、公明党は東京都議会の「警察・消防委員会」の副委員長ポストも、四〇年以上にもわたり独占している。警視庁を所管し、予算や人事に影響を及ぼす委員会の重要ポストを握り続けていることは、いったい何を意味するのか。公明党・創価学会の深慮遠謀が透けて見える。
公明党が自民党と連立協議を始めたとき、反対する議員に冬柴鉄三幹事長は、「連立はすべて池田名誉会長を守るためだ」といい放ったという。この冬柴公明党幹事長の発言に問題の本質があると思う。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

選挙違反事案を表面化させないために、参院法務委員長と都議会の「警察・消防委員会」の副委員長ポストを欲しがったようなのだ。
現時点において、公明党は、当該ポストを死守している。

―― 参考情報 ――――――――――

参議院法務委員会 名簿
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/konkokkai/current/list/l0065.htm

都議会 常任委員会名簿 (平成30年6月7日現在)
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/membership/standing-committees.html

―――――――――――――――――

引用している本に書かれていることは真実である可能性が出てきた。

一方、元検察官だった田中森一は、「反転 闇社会の守護神と呼ばれて」では、こう指摘している。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

89~90頁

松山地検時代には、選挙違反の捜査もよく手掛けた。松山は、日本でいちばん選挙違反率が高いところである。そのぶん、捜査予算がとれるので、地検の幹部たちは大喜びだ。
カネにまつわる検察庁の問題といえば、元大阪高検公安部長によって、調査活動費という裏経費が明るみに出たが、それ以外にもいろいろある。たとえば捜査予備費というのも、その一つだ。それは検察庁全体で二億円から三億円の年間予算があり、事件処理をする度に、そのなかから良く別の報奨金が各地検に配られる。被疑者を一人起訴して公判請求すれば五万円、略式起訴なら三万円、起訴猶予でも一万円といったところだった。それらの大半が、地検の幹部の小遣いに化けるシステムである。
つまり、各地検は扱う事件の数が多ければ多いほど、この特別報奨金が分捕れる仕組みになっている。そこで、地検の幹部たちは逮捕者の多い選挙違反を好んであげるのである。
選挙ともなれば、市会議員の選挙であろうが、県会議員のそれであろうが、秘書から後援者にいたるまで、やたらと活動費を使う。国会議員の選挙ならなおさらだ。いきおい、一人の議員事務所を選挙違反で検挙すれば、少なくとも一〇人以上、多ければ一〇〇人を超える逮捕者が出る。それを片っ端から、処理していけば、しぜんに検察庁から金が転がり込んでくるのである。だから地検の検事正などはウハウハ。やたらと選挙違反をやりたがる。選挙違反率日本一の松山地検では、それがかなり露骨だった。

中略

検察幹部にとって、選挙違反はそれだけうまみがあるのだろう。現場の捜査にとっては、そんなことは関係ない。とにかく、選挙違反を立件することだけに専念し、しゃかりきになって働いた。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

検察は「選挙違反事案が大好き」と書いてある。

それゆえ、公職選挙法違反での組織的摘発を恐れた公明党は、参議院法務委員長のポストと都議会の「警察・消防委員会」のポストを欲しがり、今も独占しているという見方ができるのである。

田母神俊雄は公職選挙法違反で有罪となったが、実は公職選挙法違反での摘発を最も恐れているのは、、、と推測できるのである。
都知事選挙で、意識して公明党が常に勝ち馬に乗ろうとしている背景も、この点にありそうな気がする。

以上

スポンサーサイト

テーマ : 新興宗教・カルト・その他アングラ - ジャンル : 政治・経済

08:44  |  反日政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2017.11.14 (Tue)

審議拒否野党を審議拒否期間中監視し、国民からの質問に答えさせるべきだ

立憲民主党が早くも審議拒否姿勢を示したので、対抗措置として提言することとした。

―― 参考情報 ――――――――――

枝野代表「質問時間削減はご都合主義」と自民を批判
http://hosyusokuhou.jp/archives/48805357.html

衆院質問時間「5対5」の自民案を立憲民主党が拒否 「『与党2、野党8』にならなければ、審議入りできなくてもやむを得ない」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48805314.html

―――――――――――――――――

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査では、衆院の質問時間が「与党2割、野党8割」と野党に手厚く配分されている慣習について、「議席数に応じて厳密に配分するのがよい」「野党に手厚く配分するが、より議席数に応じた配分に近づけるのがよい」との回答が合計で53.1%で「今のままでよい」42.8%を上回った。

―― 参考情報 ――――――――――

立憲民主党支持層ですら6割が「建設的でない質問が多い」 質問時間配分見直し論が上回った背景に国会論戦への不満
http://www.sankei.com/politics/news/171113/plt1711130028-n1.html

―――――――――――――――――

世論は、質問時間は議席数比例配分方式を支持している。



そこで、拙ブログは立憲民主党に対する、陳情要請文を用意した。

以下は、陳情要請文(サンプル)

―――――――――――――――――

国会質問時間見直し対し、審議拒否方針を表明した野党に対する要望


野党各党党首殿

ここ数年、重要法案(閣法)に対する野党による審議拒否が目立っております。
北朝鮮ミサイル発射問題が広く認識、共有化されている中で、森友・加計事案ばかり国会で集中的に審議しようとする、野党各党の国会審議姿勢に疑問を持っており、野党議員の質問時間削減、処分、給与引き下げ等は避けられないと考えております。

拙ブログは、以下の内容で提言済みであります。


・野党追及手段拡充  質問主意書制度の変更を提言する
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

・たるんでいる民進党 国会法等改正すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

・解散の大義  いい加減な野党発言を許していいのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-683.html

・党籍ロンダリング候補対策  政党交付金削減すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-684.html



つきましては、審議拒否期間中の野党国会議員におかれましては、さぼっていないことを証明するためにも、「審議拒否期間中の『国民からの文書での質問』に対し、各党首決裁で「質問主意書」制度に準じて、真摯に回答する(道義的)責任と義務があると考えます。
ここで言う、道義的責任と義務とは、これまで、野党各党がさんざん政権与党批判してきた口実であることを私は知っております。

今後も審議拒否を繰り返され、さぼれるだけさぼって国会議員としての給与、政党交付金を満額受領される、野党議員の(たるんだ)姿勢は正されなくてはなりません。

宜しくご配慮の程、お願いいたします。

―――――――――――――――――

もちろん、審議拒否期間中、立憲民主党の議員について議員の動静を監視し、昼間に酒を飲んだり、ゴルフしたりしていれば追及することになるだろう。



立憲民主党の議員に申しあげたい。あなた方は、審議拒否しようがしまいが自由だ。が、国民は監視し追及する時代となったのだ。むしろ、国会審議の間、こっそり居眠りしていた方が楽ではないのか??

さて、この種の話、野党各党は支持者とそうでない人を区別して回答する習性がある。
そこで、支持者でない国民からの回答に対して、真摯に対応する義務があることを強調する必要があることを指摘し、本稿を終える。

以上


追記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本原稿の趣旨に賛同いただける方、枝野議員にご自身の意見を提出されてみてはいかがでしょうか?

立憲民主党選挙対策事務所を開設しました。

電 話 : 03-6811-2301
FAX : 03-6811-2302
E-mail : goiken@cdp-japan.net


テーマ : 立憲民主党 - ジャンル : 政治・経済

18:21  |  反日政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.10.26 (Thu)

不倫特区で当選した「山尾志桜里元検事」は不道徳を愛する「せいぎ」の政治家である

山尾志桜里元検事のために書かれたような本を偶然見つけた。




三島由紀夫の「不道徳教育講座」である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.kadokawa.co.jp/product/199999121207/

大いにウソをつくべし、弱い者をいじめるべし、痴漢を歓迎すべし等々、世の良識家たちの度肝を抜く不道徳のススメ。西鶴の『本朝二十不孝』に倣い、逆説的レトリックで展開するエッセイ集、現代倫理のパロディ。

http://www.ice-heart.com/entry/2015/02/28/203000

目次一覧

目次は以下の通り。

知らない男とでも酒場へ行くべし
教師を内心バカにすべし
大いにウソをつくべし
人に迷惑をかけて死ぬべし
泥棒の効用について
処女は道徳的か?
処女・非処女を問題にすべからず
童貞は一刻も早く捨てよ
女からカネを搾取すべし
うんとお節介を焼くべし
醜聞(スキャンダル)を利用すべし
友人を裏切るべし
弱いものをいじめるべし
できるだけ己惚れよ
流行に従うべし
お見合いでタカるべし
約束を守るなかれ
「殺っちゃえ」と叫ぶべし
文弱柔弱を旨とすべし
スープは音を立てて吸うべし
罪は人になすりつけるべし
美人の妹を利用すべし
女には暴力を用いるべし
先生を教室でユスるべし
痴漢を歓迎すべし
人の恩を忘れるべし
人の不幸を喜ぶべし
沢山の悪徳を持て
喧嘩の自慢をすべし
空のお世辞を並べるべし
毒のたのしみ
いわゆる「よろめき」について
0の恐怖
道徳のない国
死後に悪口を言うべし
映画界への憧れ
ケチをモットーにすべし
キャッチフレーズ娘
批判と悪口について
馬鹿は死ななきゃ……
告白することなかれ
公約を履行するなかれ
日本及び日本人をほめるべし
人の失敗を笑うべし
フー・ノウズ
小説家を尊敬するなかれ
オー・イエス
桃色の定義
性的ノイローゼ
サーヴィス精神
自由と恐怖
人に尻尾をつかませるべし
刃物三昧について
お化けの季節
肉体のはかなさ
人を待たせるべし
人のふり見てわがふり直すな
催眠術ばやり
言葉の毒について
子持ちを隠すべし
何かにつけてゴテるべし
モテたとは何ぞ
プラスティックの歯
痴呆症と赤シャツ
ニセモノ時代
「らしい」と「くさい」
若さ或いは青春
恋人を交換すべし
おわり悪ければすべて悪し

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||





ここで、山尾志桜里元検事は、「不道徳教育講座」に「『殺っちゃえ』と叫ぶべし」に則り、「日本死ね」と語ったことを思い出したい。




それでいて、かように不道徳な候補者なので、「不道徳教育講座」の「醜聞(スキャンダル)を利用すべし」に則り、男性支持者に対しては「したのな」で呼んで選挙活動したのだそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

倉田真由美氏 山尾志桜里氏の男性支持者への接し方に驚き
http://news.livedoor.com/article/detail/13792098/

―――――――――――――――――

本当に、不道徳な選挙戦術である。



しかし、驚いてはいけない。山尾元検事にとっては、不道徳であることが正義なのだ。
「不道徳教育講座」には、「空のお世辞を並べるべし」とある。山尾元検事は、文字通り実践したということになる。

さて、この選挙区では飛び切り無効票が多かったそうである。

―― 参考情報 ――――――――――

山尾志桜里氏が当選した愛知7区 開票結果をめぐり抗議電話が殺到
http://news.livedoor.com/topics/detail/13798417/

愛知7区無効票問題で関係者「白票多かった。抗議の意思表示では? 」 選挙区で落選の自民側、山尾志桜里氏側の対応は…
http://www.sankei.com/politics/news/171025/plt1710250034-n1.html

―――――――――――――――――

抗議電話は、「不道徳教育講座」にある、「死後(事後)に悪口を言うべし」に則って行動されたものなのであろう。




無効票は、期日前投票等指令された共産党支持層が仕方なく、敢えてそうした可能性もある。
共産党支持層は、「不道徳教育講座」にある、「約束を守るなかれ」を実践したのであろう。
が、ひょっとすると、開票作業において、あまりの不道徳さに腹を立てた人が、「不道徳教育講座」に「大いにウソをつくべし」、「友人を裏切るべし」とあるので、「山尾志桜里」と書いてある投票用紙を白票にすり替えたかもしれない。

要するに、不道徳が更なる不道徳を呼んだのである。




ただ、私はこうも見ている。

そもそも選挙戦において、不道徳を極める政治家であると選挙区で喧伝せず、何もしなくても落選するだろうと、たかをくくっていた有権者が大部分だった可能性はある。

その点については、三島由紀夫の、「不道徳教育講座」の、「弱いものをいじめるべし」というご託宣などから、今頃になって抗議活動するのでは遅すぎることになる。

私は、愛国者と称する方にお聞きたい。なぜ、「不道徳教育講座」に則って弱いものに対し最後のトドメを刺さなかったのかと。

「不道徳教育講座」に「罪は人になすりつけるべし」とある。自分で手を汚し「始末」してから赤の他人にぬれぎぬを着せようとしなかったので、「せいぎ」の「元検事、山尾志桜里」が「不倫特区」でトップ当選してしまったのである。




ちなみに、「不道徳教育講座」には、「人のふり見てわがふり直すな」とある。不道徳を正義だとする山尾元検事を参考に己を律する必要は、そもそもまったくない。

それでも、正義は正義であって、正義は護られなければならないと考えられる方、特に、投票不正、開票不正を疑われる方におかれては、「不道徳教育講座」には、「醜聞(スキャンダル)を利用すべし」、「うんとお節介を焼くべし」とあるので、「せいぎ」の使者のおせっかいのつもりで「山尾志桜里元検事の(不道徳ぶりを)監視、追及する活動」を始められんことを提案するのである。




監視する場所は、「せいぎ」が見られる場所になる、はずだ。




結末はどうなるか?

「不道徳教育講座」によれば、「先生を(教室で)ユスるべし」とある。




三島由紀夫の読みは実に深いと感嘆する次第である。

以上

テーマ : 山尾志桜里 - ジャンル : 政治・経済

12:25  |  反日政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2017.10.23 (Mon)

山尾元検事殿  自分の不倫は正義の不倫で自民党議員の不倫は不正義なのか?

不倫騒動の当事者選挙、民進党山尾候補は無所属で小選挙区トップ当選、議席を得たが、自民系は2敗となった。

―― 参考情報 ――――――――――

交際疑惑の山尾氏、笑顔で3度万歳 「子供連れたお父さんお母さんの手をこんなに握った選挙は初めて」
http://www.sankei.com/west/news/171023/wst1710230023-n1.html

北の夫人対決… 石川香織氏が当選確実 中川郁子氏は敗退
http://www.sankei.com/politics/news/171022/plt1710220143-n1.html

「私の力不足。全ては有権者の判断」金子恵美氏、女の戦いに敗戦の弁
http://www.sankei.com/politics/news/171023/plt1710230148-n1.html

―――――――――――――――――

私は、山尾元検事に申しあげたい。

自分の不倫は正義の不倫で、自民党議員の不倫は不正義なのか?



同時に保守層も考えなくてはならないことがある。
山尾候補の得票数、前回よりも伸びている。民進党支持層は、不倫だろうと不正義だろうと、投票し続けているからそうなるのだ。彼らは、日本が破壊し尽されるためにそう選択する。
一事が万事いい加減でモラルもへったくれもない、人間の屑みたいなのが、山尾元検事に投票したのである。

対して、保守層は、不倫事案発覚され次第、投票拒否行動を選択したようだ。そんなナイーブな事でいいのか?
そんなナイーブな事で、国難を乗り切ることができるのか?

確かに、不倫沙汰は良くない。

が、国難選挙の最中、反日左翼系候補が、不倫沙汰でも得票を伸ばし、小選挙区でトップ当選する事態であることに無関心でいいのか?



山尾候補が検事出身であったがゆえに、自身の不倫を正義だと勘違いさせていいのであろうか?
野党ばかりに許される国会での追及、野党も追及対象とするべく、国会法改正しなくていいのであろうか?

そして、選挙区や国会で山尾をこれ以上のさばらせていいのであろうか?

最後に、「日本死ね」などと汚い言葉を平然と吐く、山尾元検事に対し、保守支持層も覚悟を決めて、「山尾元検事を監視、追及する活動」を本格化させるべきではないのか!


以上

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

08:07  |  反日政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |