2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.10.24 (Mon)

補選結果 蓮舫民進党次回衆議院選挙で全滅確定? 解散総選挙間近?

2つの補選結果からわかることを述べたい。

まず、東京10区の補選の開票結果。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www3.nhk.or.jp/shutoken2/senkyo/

定員 1立候補者数 3有権者数 367,179人投票率 34.85%開票終了

若狭 勝
わかさ まさる
自民 前 59歳
推薦
公明
弁護士
元東京地検特捜部副部長
75,755
得票率60.3%


鈴木 庸介
すずき ようすけ
民進 新 40歳
推薦
ネット
元NHK記者
47,141
得票率37.5%


吉井 利光
よしい としみつ
諸派 新 34歳
幸福実現党青年局部長
2,824
得票率2.2%

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

投票率35%、通常の投票率が65%と見た場合、30%ポイントダウンしているため、固定票での選挙戦だったと読める。


前回の2014年の年末の衆議院選挙結果を眺めてみたい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
 
93,610
(50.7%)
顔写真 小池 百合子こいけ ゆりこ 62 自民
(公) 前 8 (元)防衛相 ○
  

44,123
(23.9%)
顔写真 江端 貴子えばた たかこ 54 民主 元   製薬会社取締役 ○
  

28,453
(15.4%)
顔写真 今 秀子こん ひでこ 66 共産 新   党地区役員 
  

9,663
(5.2%)
顔写真 多ケ谷 亮たがや りょう 46 生活 新   飲食店経営 ○
  

8,688
(4.7%)
顔写真 神谷 ちづ子かみたに ちづこ 61 次世代 新   著述業

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

自民候補対民進党候補の得票ではなく、「自民+次世代」対「民進+共産+生活」で比較したい。

得票率ベースではそれぞれ

今回 60%、37%
前回 55%、44%

今回の補選、民共合作の選挙としてとらえれば、自民候補が、次世代分を吸収して得票したのに対し、民進候補は合作効果となるはずの(23.9+15.4+5.2)のうち、すなわち民共系固定票のうち3分の1が棄権したと解することができる。
次回選挙はどうなるか?
おそらく、3割近い民共系支持の固定票が棄権、6割近い民共系の浮動票が棄権するか他党(たとえば日本維新の会など)に流れるだろうと予想する。



続いて、福岡6区の選挙結果を眺めてみたい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.nhk.or.jp/fukuoka2/senkyo/index.html#skh_4006

定員 1立候補者数 4有権者数 380,707人投票率 45.46%開票終了
10月24日 0:13 更新
当 
鳩山 二郎
はとやま じろう
自民 新 37歳
元福岡県大川市長
106,531
得票率62.2%


新井 富美子
あらい ふみこ
民進 新 49歳
元在チェンナイ日本総領事館職員
40,020
得票率23.4%


藏内 謙
くらうち けん
無 新 35歳
推薦
自民県連
参議院議員秘書
22,253
得票率13.0%


西原 忠弘
にしはら ただひろ
諸派 新 61歳
幸福実現党福岡県本部総務会長
2,359
得票率1.4%


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/kaihyou/ya40.html

福岡6区(選管確定)
  得票数
(得票率)   氏名 年齢 党派党派
(推薦・支持) 新旧 当選回数 代表的肩書 重複
当選 

116,413
(72.0%)
顔写真 鳩山 邦夫はとやま くにお 66 自民
(公) 前 13 (元)総務相 ○
  

45,357
(28.0%)
顔写真 金子 睦美かねこ むつみ 53 共産 新   党地区副委員長

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

福岡6区の場合、前回2014、今回とも、野党は民共合作候補と読める。

自民系候補は、保守分裂であったにもかかわらず、合算で128000票、75%の得票を得、前回2014の衆議院選挙結果を上回っている。これに対し、民共合作候補は4万票、23%と、それぞれ、前回衆議院選挙結果を下回っている。得票率ベースで前回よりも4.6%下回ることは何を意味するか?
次回選挙はどうなるか?
おそらく、2割近い民共系支持の固定票が棄権、5割近い民共系の浮動票が棄権するか他党(たとえば日本維新の会など)に流れるだろうと予想する。



選挙の投票の内訳は、固定票+浮動票ととらえれば、次回国政選挙にて自民系候補は、固定票、浮動票とも前回選挙並の得票を得ることは可能と予想できる。

では、次回国政選挙で民進候補はどうなるか?
まず固定票で3割目減り(棄権)、浮動票で仮に5割目減りしたとすると、選挙結果はどうなるか?
日本維新の会あたりが各地に候補を立てた場合を想定したとして、
自民候補は小選挙区で全勝、民共合作候補は小選挙区では全敗状態となると予想するのである。議席はとれるとしても、比例枠程度、それさえも日本維新の会と競り合ってとれるかどうか、ということになるだろうと予想する。


日本維新の会は、目指せ100本の法案提出を掛け声にしている。
https://o-ishin.jp/

その中に民進党代表蓮舫において確認された二重国籍禁止法案が含まれている。

日本維新の会、国会議員の二重国籍禁止法案を27日に提出
http://www.sankei.com/politics/news/160926/plt1609260042-n1.html

その民進党は、二重国籍者違法状態が確認された蓮舫代表が比例東京ブロックにくら替えする方針なのだそうだ。

蓮舫氏、衆院選出馬へ…比例東京ブロック1位か
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20161022-OYT1T50109.html


有権者どころか民進党の議員に対して、実に非礼な措置と読める。
民進党議員は、小選挙区で全滅。これに対し、蓮舫代表ただ一人が比例ブロックで当選、議員継続、不逮捕特権甘受。

民進党議員は、こうなることを予想できているのであろうか?

選挙結果は、ともすれば、勝ち馬に乗る傾向があるとされる。
今回の補選の結果から、政権側は憲法改正を視野に入れ、日本維新の会は二重国籍禁止、法案提出100本などを旗印に選挙戦を戦えば、民進党はどうなるだろう?

小選挙区では民共合作でも全敗
かろうじて比例ブロックで議席獲得
その比例ブロックに、民進党全敗の原因となる蓮舫代表がくら替えで出馬
民進の党員、サポーター(実質的には二重国籍者だらけ)は最悪の時に最悪の選択をしてしまったようである。

ということなので
政権は蓮舫二重国籍事案を政治的問題として国会審議の場で表面化させ、二重国籍議員の疑いがある議員が150名いる?とされる政府見解を発表してから
解散総選挙を断行すると私は予想するのである。


「選挙の風吹き始めた」=早期解散へ準備急ぐ-自民幹事長
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101000130&g=pol


政権側の公約はどうなるか?

アベノミクスの進化、改革の断行、南シナ海などでの対応強化、憲法改正については国民的議論を踏まえさらに深堀し時期が来たら提案?
二重国籍議員など国内でのスパイ活動については、国益の視点から適切な処置を検討

程度で十分いけそうだ。

すなわち、民進党は、二重国籍者の議員、党員、サポーター問題が表面化
日本維新の会の追撃(二重国籍議員禁止法案、法案100本提出)を受け
小選挙区全滅状態となることを予想するのである。

解散時期は、年末から年初。年初というのは、中共の旧正月を念頭に入れている。旧正月直前とすることで(尖閣)軍事侵攻しそうもない時期を選ぶはずなのだ。

また年末、年始を選ぶことで、できるだけ固定票だけで選挙戦に臨める。早い時期の選挙とすることで、小池新党立ち上げ前、石破茂に付け入る隙など与えないことを考慮していると予想する!

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

07:10  |  選挙結果  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.08.01 (Mon)

都知事選挙 誰が小池百合子を勝たせたのか?

読売の出口調査報道から、自民支持層と無党派票が小池支持に流れたことがわかる。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20160801-OYT1T50017.html?from=ytop_main1

無党派層の49%、小池氏に投票…出口調査
2016年08月01日 07時39分

 読売新聞は31日、東京都知事選で投票を終えた有権者を対象に出口調査を実施した。
 都知事選の勝敗は無党派層の票がカギを握っており、調査によると、無党派層の49%が元防衛相の小池百合子氏(64)に投票。元総務相の増田寛也氏(64)の19%とジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の18%を大きく引き離した。調査は240か所の投票所で実施し、有権者1万669人から回答を得た。

 今回の都知事選で、与党の自民党と公明党などは増田氏を推薦。自民党の衆院議員だった小池氏は、自民、公明両党の推薦を得られなかった。

 だが、調査では自民党支持層の55%が小池氏に投票しており、増田氏を選んだのは36%にとどまった。公明党支持層も65%は増田氏を選んだものの、26%は小池氏に投票していた。

2016年08月01日 07時39分

―――――――――――――――――




以下、「誰が小池百合子を勝たせたのか?」という結論を見出す目的で、視点を変えて分析を試みる。




■上位5人の得票数の推移からわかること

過去3回の都知事選挙結果を比較すると、今回都知事選挙は、2014、2012の選挙の時よりも、上位5人に票が集中していることがわかる。

上位5人の得票数と投票率

2016 632万 59%
2014 479万 47%
2012 628万 62%

2014、2012ベースとするならば、今回の都知事選挙において上位5人の得票数は590万前後となりそうなのだが、票数にして40万票が上位5人にかさ上げされたことがわかる。


■各党の集票力は実態的にどうなっているのか?

自民、公明、共産については、大凡参議院選挙結果どおりと考えられる。

自民 152万
公明  77万
共産  66万

民進 193万(蓮舫112万、小川50万、横粂31万)については、蓮舫分が民進票と無党派の合計分と思われるため、蓮舫分のみ無党派票が相当数入っているとみなし、補正を試みる。

―――――――――――――――――

http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/sangiin19/sangiin19_2_3.html

都道府県別有権者数、投票者数、投票率(選挙区)
東京都 男4,888,038 女4,979,775 9,867,813

http://www.yomiuri.co.jp/election/poll/20160713-OYT8T50067.html

参院選の結果、自民党、公明党、おおさか維新の会など憲法改正に前向きな勢力が、参院でも改正発議に必要な3分の2を超えたことについては「よかった」が48%、「よくなかった」が41%だった。今後、国会で憲法改正に向けた議論が活発に行われることを「期待する」と答えた人は70%に上り、「期待しない」の25%を大きく上回った。

 内閣支持率は53%となり、参院選公示直前の前回調査(6月17~19日)の49%から上がった。不支持率は34%(前回38%)。政党支持率は自民党が41%、民進党が10%、おおさか維新の会が5%、公明党と共産党が各4%などの順だった。

2016年07月13日 12時11分

―――――――――――――――――

有権者数の10%が民主党支持とみなせば、参議院選挙での民進党候補の得票数は大凡100万票となる。




■投票総数における無党派票はそもそもどれくらいあるのか?

都議会選挙と参議院選挙の投票率の差がないという前提で考えれば

(都議会選挙での上位5人の得票数+5位以下の候補30万)ー参議院選挙主要政党の地方区での得票数の差で導き出されるとすれば

=630+30-152-77-66-100ー日本のこころ(10)ー社民(10)
=245




■小池百合子の得票数内訳は、支持政党別にどうなっているのか?

出口調査のウエートの足し算の総数」が実際の得票数と乖離していないか試算を試みる。

自民支持層55%=83万
公明支持層26%=20万
無党派層49%=120万

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20160801-OYT1T50017.html?from=ytop_main1

無党派層の49%、小池氏に投票…出口調査
2016年08月01日 07時39分

 読売新聞は31日、東京都知事選で投票を終えた有権者を対象に出口調査を実施した。
 都知事選の勝敗は無党派層の票がカギを握っており、調査によると、無党派層の49%が元防衛相の小池百合子氏(64)に投票。元総務相の増田寛也氏(64)の19%とジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の18%を大きく引き離した。調査は240か所の投票所で実施し、有権者1万669人から回答を得た。

 今回の都知事選で、与党の自民党と公明党などは増田氏を推薦。自民党の衆院議員だった小池氏は、自民、公明両党の推薦を得られなかった。

 だが、調査では自民党支持層の55%が小池氏に投票しており、増田氏を選んだのは36%にとどまった。公明党支持層も65%は増田氏を選んだものの、26%は小池氏に投票していた。

2016年08月01日 07時39分

―――――――――――――――――

次に、民主支持層のうち鳥越の淫行疑惑、反日言動、民進党と相容れない公約、いい加減な演説、民共合作に嫌気がさし、小池支持に流れた得票数がどれくらいなのか試算を試みる。

鳥越俊太郎の本来の得票数=民進党支持票と宇都宮が獲得した得票数の合計=200万

今回、鳥越が獲得した票数=134万

200万ー134万=66万票が小池に流れた可能性がある。これは、民進共産支持層の33%に相当する

ここで、これまでの試算結果を整理し直したい。

 自民支持層55%=83万
 公明支持層26%=20万
 無党派層49%=120万
 民進・共産支持層33%=66万
―――――――――――――――――
計   289万

小池百合子の実際の得票数291万とほぼ一致する。




この内訳から考えられることは、小池百合子は、保守分裂選挙に勝利し、なかなかの得票数で当選できたかに見えるものの、支持層の大半が移ろいやすい無党派、民主支持層であることだ。

それでもこれは、保守分裂選挙で公認をもらえなかった候補が精一杯頑張った結果なのだ。

過去二代の都知事が短命だったことを振り返れば、東京オリンピックの時の都知事に小池百合子はふさわしい方であり、新都知事として万全な都政を指向するのであれば

前知事が蒔いた各種親韓施策の見直しは当然として

・政権与党との関係修復、政権との協調
・無党派層を意識した話題づくり

両面からのアプローチが欠かせない。

何はともあれ、頼みとする所属政党から公認されず、保守分裂選挙という逆風の中、鳥越に対し、ダブルスコアで勝利できたことは大きい。

もちろん、私は小池百合子都知事を支持するし、政治活動についても(石破茂と距離を置き、愛国的視点で取り組むのであれば)今後も期待することを宣言し、本稿を終える。





参考
―――――――――――――――――

得票数一覧と順位(開票率 100%)2016年8月1日 01時30分現在


1位…2,912,628票(得票率44.5%)…小池百合子
2位…1,793,453票(得票率27.4%)増田寛也
3位…1,346,103票(得票率20.6%)鳥越俊太郎
4位…179,631票(得票率2.7%)上杉隆
5位…114,171票(得票率1.7%)桜井誠
6位…51,056票(得票率0.8%)マック赤坂
7位…28,809票(得票率0.4%)七海ひろこ
8位…27,241票(得票率0.4%)立花孝志
9位…16,664票(得票率0.3%)高橋尚吾
10位…16,584票(得票率0.3%)中川暢三


2014都知事選挙

1 舛添要一    2,112,979 票
2 宇都宮健児    982,594 票
3 細川護熙       956,063 票
4 田母神俊雄    610,865 票
5 家入一真      88,936 票
6 ドクター中松    64,774 票


2012都知事選挙

猪瀬直樹 4,338,936
宇都宮健児 968,960
松沢成文 621,278


http://go2senkyo.com/local/senkyo/5367

当選
4,338,940.000票 猪瀬 直樹 猪瀬 直樹
イノセ ナオキ 66 男 (現在調整中) 新 
 
968,960.000票 宇都宮 けんじ 宇都宮 けんじ
ウツノミヤ ケンジ 66 男 (現在調整中) 新 
 
621,278.000票 松沢 成文 松沢 成文
マツザワ シゲフミ 54 男 (現在調整中) 新 
 
179,180.000票 笹川 尭 笹川 尭
ササガワ タカシ 77 男 (現在調整中) 新 
 
129,406.000票 ドクター 中松 ドクター 中松
ドクター ナカマツ 84 男 (現在調整中) 新 
 
81,885.000票 吉田 重信 吉田 重信
ヨシダ シゲノブ 76 男


2016参議院選挙


1,123,145
(18.0%)
顔写真 
蓮 舫
れん ほう
48 民進 現 3 党代表代行
当選 

884,823
(14.2%)
顔写真 
中川 雅治
なかがわ まさはる
69 自民 現 3 党総務会長代理
当選 

770,535
(12.4%)
顔写真 
竹谷 とし子
たけや としこ
46 公明 現 2 (元)財務政務官
当選 

665,835
(10.7%)
顔写真 
山添 拓
やまぞえ たく
31 共産 新 1 弁護士
当選 

644,799
(10.4%)
顔写真 
朝日 健太郎
あさひ けんたろう
40 自民 新 1 (元)五輪選手
当選 

508,131
(8.2%)
顔写真 
小川 敏夫
おがわ としお
68 民進 現 4 (元)法相
□ 

469,314
(7.5%)
顔写真 
田中 康夫
たなか やすお
60 お維新 元  作家
□ 

310,133
(5.0%)
顔写真 
横粂 勝仁
よこくめ かつひと
34 無所属 新  (元)衆院議員
□ 

257,036
(4.1%)
顔写真 
三宅 洋平
みやけ ようへい
37 無所属 新  ミュージシャン
  

102,402
(1.6%)
顔写真 
鈴木 麻理子
すずき まりこ
31 こころ 新  経営相談業

―――――――――――――――――

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

19:22  |  選挙結果  |  トラックバック(2)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT