2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.04 (Wed)

米朝開戦時期予想  なぜ年末以降の冬なのか?

本稿では、米朝開戦時期について予想結果を述べる。

瀬戸弘幸、産経阿比留記者は、米朝開戦の時期を今年の冬~来年の春と予想している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

米朝開戦の時期は? 瀬戸弘幸
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53252534.html

 しかし、戦争は今年の年末から来年明けにかけて起きると予測を立て、10月22日に設定した。つまり、私はそれまでは絶対に米朝戦争は起きないと考えてきた。

 この予測は当たったようだ。なぜならばトランプ大統領が11月初旬に日本訪問を公表、安倍首相は衆議院を解散し、その投票日を10月22日とした。

 少なくとも、戦争になるのはその後となることは確実だ。それをトランプ大統領から告げられたので、安倍首相は解散総選挙を実施して、その選挙を勝ち抜き米朝開戦に備え万全の構えでその時を待つと思う。

―――――――――――――――――

トランプ大統領は今冬から来春に掛けて北朝鮮を殲滅か?
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4555.html

阿比留
「トランプさんはアベさんにたびたび電話してるけど、そこで何言ってるかと言うと、『アメリカはその気になれば2日間で北朝鮮を壊滅できる』と。
『その時、日本は何してくれるんだ?』
そういう話をしてる。
非核三原則も今後政府が議論しなくちゃいけない。
安倍さんはトランプさんと電話で話してて、段々本気になってきたという事を察知している。
本気で粉砕するには数ヶ月間かかるといわれている。その期間が今年の冬から来年の春に掛けて可能性が高いと」

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

追加根拠を述べたい。

シナリオ的には、国連の制裁の最終案が「拉致被害者救出を保障する前提で亡命を認める」との決議が為され、北朝鮮がこれを無視、ミサイル発射兆候を根拠として、米朝開戦となるだろう。

日本は、制裁のための米朝開戦やむなしという国連決議を受けて、自衛隊の朝鮮半島派遣?が検討されると予想。(国連決議を経ているので憲法改正手続きが必要はないとの判断、憲法前文の記述を参考)

手続き的には、この2段階を経なければならないため、スケジュール的には衆議院選挙後に、トランプが来日、最短で一定期間を経過した冬ということになる。

「戦争の大義を国際社会に認知、共有化させるための手続き期間」が必要と考えるのである。

実は、絶対に冬でなければならない、攻撃側としての理由がある。
軍事作戦上、損害を最小限に抑え、確実に仕留めたいとのアメリカ軍の意向があり、攻撃する側にとっては、爆撃した直後の土木工事的に復旧工事が不可能な、冬の方が都合がいいのである。
そして、決定的な理由がもう一つある。それは、移動式ミサイルの季節的発射制約?である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/ae8128ed3dbbbeb0ccd45d57366bc7c4#comment-list

Unknown (izimo ssp)2017-09-27 20:39:24
北朝鮮のミサイル技術がロシア製なのは大半が当たり前の常識だが、国境の橋と地下施設の移動トンネルを検定空爆されたら、当然北朝鮮は絶命する。冬場に攻撃されたら、もう手も足もでない。移動式は冬道移動できないので。ということです。はい。izimo ssp

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

米朝開戦時期は

・戦争の大義を国際社会に認知、共有化させるための手続き時間の確保
・軍事作戦上、損害を最小限に抑え、確実に仕留められる時期の選定

などから、トランプ来日後の国連での「開戦やむなし決議」後、すなわち、年末以降の冬であると予想する。

さて、米朝開戦に向けて、地ならしが進んできてはいるが、国内で開戦させまいとして企んでいる勢力がいるようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

天皇皇后両陛下 私的旅行で埼玉県高麗神社を訪問 ヽ(`Д´)ノ追加500万本の曼珠沙華鑑賞
http://koredeii.com/?p=4592

両陛下 埼玉へ私的旅行、高麗神社参拝、彼岸花鑑賞
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/2017-09-20.html

―――――――――――――――――

生前譲位が確定したので、かような行幸を繰り返しているのであろう。韓国訪問を想定した、外出リハーサルの可能性もある。目的は米朝開戦の阻止であろう。

米朝開戦勃発等直前に韓国訪問を言い出す可能性があるため、対抗策として、
アメリカ政府経由で小和田某の北朝鮮金脈事案としてテロ指定等による捜査開始
生前譲位時期の繰延べ等の政府判断
等により対応する必要がある。

私としては、トランプが来日した直後、真っ先に首相と一緒に靖国神社参拝した後、国会にて天皇陛下の靖国参拝をアメリカ大統領として容認する?みたいな発言を期待しているところである。

かくして、日米同盟堅持の証明として、「天皇陛下の靖国参拝」が政治的に要請されることになると予想するのである。

皇室問題、(保守ネット界で呼びかけが行われている)トランプ政権への陳情がうまく行けば、久しぶりに先手番を握れる可能性があることを指摘し、本稿を終える。

以上

テーマ : 北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル : 政治・経済

15:21  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.09 (Tue)

商売人「トランプ」が狙っているのは「金正恩」の首ではなく「マネー」かもしれない???

本稿は、フィクションです。そのつもりでお読みください。



アメリカ軍は、北朝鮮の近海、攻撃する前提でほぼ射程距離に配置されているはずなのだが、北朝鮮を攻撃しようとする気配が感じられない。

北朝鮮の中国への石炭輸出量激減のニュース、トランプは戦わずして目的を達成しようとしているようである。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170506-OYT1T50029.html?from=ytop_main1

北朝鮮の石炭輸出量激減…中国の輸入停止影響か
 
2017年05月06日 13時24分

特集 北朝鮮
 
 【ニューヨーク=橋本潤也】北朝鮮による3月分の石炭の輸出量が、1、2月に比べて激減していることが5日、分かった。
  
 国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会がホームページで公表した。中国が制裁強化の一環として、北朝鮮からの石炭輸入を2月に停止したことが影響したとみられる。北朝鮮にとって主要な外貨獲得源である石炭輸出が大幅に減っていることが、数字で示された形だ。

 各国からの報告を集計しているホームページによると、北朝鮮の3月の石炭輸出量は6342トン(約57万ドル)。1月の約144万トン(約1億2639万ドル)、2月の約123万トン(約1億459万ドル)と比べると、総量ベースで約200分の1まで大きく減少した。

(ここまで306文字 / 残り206文字)

2017年05月06日 13時24分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


金正男の暗殺は2月13日。
つまり、中国は金正男暗殺を受けて、石炭受入れを渋ったことになる。



カネが足りない北朝鮮はどうするか?

当然、代替策として日本のパチンコ企業に送金依頼するだろう。

石炭輸出代金は年間15億ドル≒1500億。
仮に石炭の原価500億円(炭鉱維持費用、輸送費用)とすると、売り上げ20兆円と言われる、日本のパチンコ企業に1000億円を捻り出させることは、難しいか否かということになる。



面白いことに、孫正義はトランプに面会している。

その孫正義は、サウジアラビア投資のための10兆円ファンドを設立。10兆円ファンド規模であれば年間5000億くらいの運用益を出すことを名目上の目標とするだろうと予想。

―― 参考情報 ――――――――――

脱石油狙うサウジアラビア国王にソフトバンク孫正義が猛アタック:10兆円ファンドのその先にみる野望
http://www.u-note.me/note/47506957

―――――――――――――――――


サウジ国王が介在するファンドなので、どこに送金しようが、日本政府の追及は及ばない???

そのトランプは、初の外遊先として、イスラエル、サウジアラビアを訪問。ローマ法王に面会。



そこで、こういうシナリオが見えてくる。

―――――――――――――――――

★ もし、孫正義の10兆円ファンドに、「日本のパチンコマネー」もしくは「海外に資産移動した在日マネー」が参加している可能性はないのか?

★ 孫正義は北朝鮮に送金せよという指令を得ている可能性はないのか?

★ もし、サウジアラビアの10兆円ファンド事業が、仮に北朝鮮への送金をカムフラージュする目的だったらどうであろうか?

★ もし、イスラエルが北朝鮮と何らかの物品等の取引を行い、北朝鮮がイスラエル製ミサイルの発射実験を請け負っている可能性はないのか?

★ もし、ローマ教皇庁管轄の銀行に、北朝鮮の秘密口座があったとしたらどうであろうか?

―――――――――――――――――

これらは根も葉もないことなのだが、シナリオ的には繋がる。

「商売人」トランプはマネーのために、既に仕掛けたとみていいだろう。

そう考えると、孫正義が当選直後にトランプに会ったのは、北朝鮮のあの人物の身の上のことについて、取引するチャンネルを欲したからではないのか?

そして、トランプが北朝鮮を明日にも攻撃しようと迫真の演技を披露する一方、現実には攻撃しないのは、これらカネで処理するチャンネルを通じて、従来、北朝鮮に流れていたカネをトランプチャンネルに放出させることを通じて、日本のパチンコマネーの無力化=トランプ系列のところにマネーをシフトさせることを狙っている???
と推定するのである。


同時に、金正男暗殺直後に、皇族が相次いでマレーシア訪問していることは何を意味するか?

もし、辻元清美一派に取り込まれた一部皇族が、仲介手数料の見返りにマレーシアの銀行に口座開設を要請され、(日本からサウジアラビアのファンド口座に送金され、サウジアラビアからマレーシアに送金された後)、その口座を通じて、北朝鮮に送金される可能性は???


偶然かもしれないが、サウジアラビアの国王は、3月上旬、マレーシアを訪問している。

金正男暗殺された国、暗殺後に皇族が訪問した国、サウジアラビア国王の訪問国、なぜかマレーシアに集中する……………


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.bbc.com/japanese/39137635

アジアを歴訪中のサウジアラビアのサルマン国王が1日、インドネシアに到着した。世界最大のイスラム教国であるインドネシアを訪れるのは47年ぶり。公式行事にも多くの関心が集まるが、国王のバリへの休暇と持参した高級品も話題になっている。
サルマン国王は、マレーシア、ブルネイ、日本、中国、そしてモルディブなどアジア各国を1カ月間にわたって歴訪する旅の一環としてインドネシアを訪問している。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

外遊目的が、口座開設だったらどうであろうか?


仮に、複数の口座を経て、年間1000億円の不正送金を幇助したとして、送金額の3%程度の仲介手数料だと年間30億円(日本→サウジ、サウジ→マレーシア)、取引として成立するのではあるまいか???

ただし、替え玉皇族が、口座を開設したり、サインすることは、金融取引的にどうであろうか?

違法性はないのか?ということになる。

―― 参考情報 ――――――――――

保存版 テロ等準備罪 読売3月22日報道分 
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-391.html

―――――――――――――――――

そういうことなので、とある保守系ブログにて、替え玉皇族の情報を眺めつつ

http://e-vis.hatenablog.com/

でれでれ草 

本人確認を求められる場合の手続き処理について、「重大な関心」を持たざるを得ないということになるのである。

同時に、この時期のトランプの、サウジアラビア訪問は、孫正義が構築したであろう、北朝鮮への闇送金チャンネルを一網打尽とするか、そのマネーを丸ごと●●する目的かもしれない…………と推定するに至るのである。

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

04:45  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT