2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2016.11.01 (Tue)

格差社会の頂点にいるのはなんと共産党幹部と労組幹部だった

共産党の書記長だった不破氏の自宅がとんでもない規模の豪邸だったことを最近知った。

続いて、共産党関係者による暴露話が、産経で報道された。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【悲報】共産党の親玉の家がデカすぎると話題に
http://hosyusokuhou.jp/archives/47986099.html

http://hosyusokuhou.jp/archives/48757887.html

【日本共産党】幹部の収入を暴露!「年収で最低1,000万円以上」 元党員の私が20の疑問に答えます

秘密は二つ。一つは、党の一般職員と幹部の給与格差です。党中央の頂点に近い常任幹部会委員になると年収で最低1000万円以上が保証され、中央委員以上の医療費自己負担分は「党幹部の保全のため」との趣旨で党中央財政部が支払ってくれます。若い職員が「ワーキングプア」並みの薄給、地方の党職員は遅配欠配がザラであることを考えると破格の待遇です。

もう一つは著書の印税。「実績と能力がある」中央幹部は著作を出版し、印税は個人で受け取れます。党内には「幹部の印税は中央財政に繰り入れられる」と説明していますが、ウソ。不破氏の著書は党機関紙「赤旗」でどんどんタダで宣伝し、党員に購買を煽る一方、少ない一刷分の印税を党に寄付したら、二刷分以降の印税はすべて著者の懐に入ります。筆者の調べでは現職衆議院議員時の不破氏の印税収入は年間900~1500万円!(資産報告書の閲覧による)。最近も著書刊行は盛んですから、かなりあるでしょう。日常生活のために党職員が常時5名、不破家に宿泊体制で配置され、運転手付き乗用車や洗濯・炊事まで不破夫妻の暮らしは党丸抱えです。この上、高額給与と印税を手にすれば、暮らしは富裕層並み。もっとも不破氏のカリスマ性あってのことで、志位委員長のお宅は公団分譲マンションですよ。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

これが事実なら、共産党幹部が別荘保有していることも事実であろう。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1327623213

日本共産党の宮本顕治や不破哲三などの幹部は何故、豪邸や別荘を所有しているので...
 
elranty_takahashiさん

2009/6/2515:32:59

日本共産党の宮本顕治や不破哲三などの幹部は何故、豪邸や別荘を所有しているのですか?本当に貧しい人の味方なら豪邸や別荘を売りはらって貧しい人を助けたらいかがですか ?結局、日本共産党は偽善者の集まりですか?


補足
宮本や不破以外の幹部も豪邸や別荘を所有していますよね?
 
kokusaijin_kさん


2009/6/2516:39:56

日本共産党は超学歴偏重で東大出身者以外はほとんど党幹部になれません。
 日本共産党は一般党員使用厳禁の豪華幹部専用別荘を伊豆熱川に所有しています。
 殺人犯であり日本共産党の元委員長宮本顕治は多摩に豪邸を所有してました。
 不破哲三の丹沢の豪邸の広さたるや敷地内に共産党の施設が建っているくらいです。
 不破の実兄である上田耕三氏も国立に豪邸を所有してます。
おまけに不破は党から専属の料理人まで派遣させており、まるで貴族そのものです。
 不破は党員にはカンパを強制しながら自分は本の印税などで多額の収入があるにもかかわらずカンパもろくにしませんでした。

 共産党専従職員は低賃金でこき使われ給与遅配も日常茶飯事の劣悪な環境に置かれています。
 共産党が庶民の味方などというデタラメを信じてはいけません。「赤い貴族」の集団です。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ソ連時代、東欧共産圏の指導者たちは皆赤い貴族で特権階級だった。

日本共産党もそうなのであろう。

そして、日本共産党にはこういう一面もある。ヴェノナという本を読まれている方なら、ご理解いただけることと思う。
早すぎる絶版が指摘されるヴェノナのアマゾンの古書価格は、なんと10万円である。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

「令状見せろ!」京大熊野寮への家宅捜索で怒号・中核派は朝鮮人多数の殺人テロ集団・NHKは身内
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5638.html

しかも共産党は911テロのアメリカ自作自演を追及しません。

つまり共産党はアメリカのディープスパイなのです。自分の敵は自分で作りコントロールする。アメリカはそれが手口です。末端は反米で染まった人も多くても、指導層に上がっていく人間は、アメリカのスパイなのです。

「米軍基地はアメリカから出て行け」などと叫んでもアメリカは痛くも痒くもない。そして都知事選挙のように、宇都宮候補が、細川候補や田母神候補と票を分断しあい、アメリカ=自民の枡添候補を勝たせるための、大貢献をしているのです。

共産党は悪い! 韓国人の集まり! しかも根の根は、絶対に間違いなくアメリカのスパイ!

2014/11/14(金) 11:34:54 | URL | ・・・ #-

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

また、拙ブログは、連合幹部の給与収入が東証一部上場の有名企業の社長クラス(年間数千万)であり、そのほかに無税で使い切れない交際費枠があることを指摘した。

組合貴族の横領・不倫問題 労組特権の闇を暴け!
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-161.html

企業お抱えの労組専従の給与は、その企業の取締役クラスであることも指摘した。

そういう実態であることを経験的に知っているので、日教組幹部が銀座で豪遊、不倫していたとのニュースに私は驚かない。

日教組委員長、問題は「不倫」よりも「横領」
https://vpoint.jp/column/75312.html

こんなのは、どこの労組でもまかり通っていることである。
ただ、今まで組合の大会で、誰も厳しく追及しないだけなのだ。

ただ、今年の各地の日教組大会は、正義の組合員によって、領収書開示要求が出されることを期待する。

政治資金規制法よりも、使途不明金だらけの労組資金
労組幹部の不倫の原資になっているのは組合員から集めた金なのである。

税金負担で無料で天引きされる金が不倫目的で使われたのである。

各地の教育委員会に対し、組合費天引きを有料化すべきだと陳情する口実はかくして生まれたのである。

共産主義政界、労働界がかように貴族化していて、どうして、彼らが語る「格差社会」の問題に無関心でいられようか?

馬鹿馬鹿しくて組合運動に参加する気がしないのである!

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

06:30  |  反日活動  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)

2016.10.23 (Sun)

沖縄の反米基地活動に老人が多い理由 親日外国人に無防備になるな!

実は最近になって、沖縄の反米基地活動家に老人が多いことを知った。

【動画】反辺野古&ヘリパッド活動家のサヨク、議員ぶん殴った件で警察から出頭命令が出た模様
http://hosyusokuhou.jp/archives/48622494.html

【沖サヨ悲報】日こ・和田政宗議員やスタッフが活動家に殴られた暴行事件で、伝説のF子さん(86)に名護署へ出頭命令!
http://www.honmotakeshi.com/archives/49731177.html

【サヨク速報】沖縄高江でSEOUL(ソウル)ポロシャツ着たおっさんが登場wwwwww もしかして例のパクさん?
http://hosyusokuhou.jp/archives/48700739.html




こうなる理由は、二つあるように思う。

一つは、年金受給資格がない年寄りが、活動資金を得て生活している可能性があることだ。

その資金源を当局はまだ完全に押さえてはいないようだ。

逮捕者が数名出たそうなので、それぞれ長期拘留させ、誰と接触してそうなったか?詳細解明しつつあると予想する。

添田充啓が早くも<完落ち>のご様子?
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53205508.html

一方で、裁判所が拘留を認めず、即釈放とする判断を下したケースもあるそうだが、そういう裁判官だらけでは国はもたない。
裁判官制度も任用システム、弾劾強化の視点から変えていく必要はあるだろう。

田母神俊雄が微罪相当であるにもかかわらず、逮捕され、長期拘留されているのであるから、組織的かつ悪質な活動に参加し違法行為を働いた者は、例外なく長期拘留対象とすべきなのだ。

長期拘留の結果、活動資金の流れは徐々に明らかになるだろう。今までは逮捕、長期拘留されるケースはなかったが、機動隊導入によって、明らかに事態は変わりつつある。

そして今、沖縄反米軍基地活動と社民党との接点が表面化しつつある。

沖縄基地反対派と社民党
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53205882.html

これを機に社民党関係者に対する、当局による通信傍受、尾行は実施されるべきであろう。



もう一つは、戦時中のアメリカ軍による無差別殺りく、戦後できた米軍基地への沖縄地区全体の反感が、逮捕相当の行為があっても当局が見逃してきた可能性が高いことだ。

どういうことか?

文献的には限られているが、どうやら沖縄で地上戦に参加したアメリカ兵は、日本人の民間人と日本軍を区別せず、殺しまくった、と見ていいだろう。
投降しようとした日本兵も大部分がアメリカ兵に殺されたと見るべきだろう。

リンドバーグはその事実を克明に日記に書いている。そして、沖縄戦でとんでもないことをアメリカ兵はしでかしたようだ。

アメリカ兵の残虐行為(対日戦)
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/#entry130

アメリカ政府国務省は、日本を歴史認識問題で非難できるのであろうか?

では、在日朝鮮人が沖縄に入り込んだ理由をどう見るか?

朝鮮半島出身者の旧軍人・軍属及び旧民間徴用者の遺骨に関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a162113.htm

社説[戦後70年 地に刻む沖縄戦]朝鮮人軍夫 飢えと差別と重労働と
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/18025

沖縄戦に朝鮮人の軍属がいて、日本人と同様、アメリカ兵に無差別に殺りくされたのは確かなようだ。ただ、われわれは、朝鮮人軍属の素行に悪さを知る必要があるだろう。

朝鮮人軍属は最低だった
http://noidatalib.blogspot.jp/2013/07/blog-post_31.html

彼らは、ベトナム戦争で、ベトナムの婦女子に対し、とんでもないことをしてしまったにもかかわらず、国家として十分な謝罪、補償すらせず、日本には捏造慰安婦問題を再三けしかけている。
恥じも外聞もない、油断も隙もない民族なのだ。

そういう経緯があって沖縄の米軍基地反対活動は、在日に乗っ取られたかもしれない。




実体験した沖縄出身の人たちは、心情的に反米となる。仕方ない面はある。

【沖サヨ悲報】日こ・和田政宗議員やスタッフが活動家に殴られた暴行事件で、伝説のF子さん(86)に名護署へ出頭命令!
http://www.honmotakeshi.com/archives/49731177.html

上記記事に出てくる老女は、沖縄戦の生き残りだったらどうであろうか?

シナリオを書くとこうなる。

沖縄出身の警官が、沖縄生まれの老人活動家の逮捕に躊躇し、沖縄出身の活動家たちが次第に助長する………それを沖縄の反日二紙が絶賛開始、実態を知った、内地の左翼活動家たち(学生時代は過激派?二重国籍者?)が退職を機に(学生時代やれなかったことが沖縄でできるかもしれないという動機から)ラストリゾートを沖縄に見出し、大挙沖縄に移住、好き勝手にやり始め手が付けられなくなった、こういう流れではないかと思うのだ。

かつて、沖縄戦で、艦砲射撃、空襲にさらされ、地上戦では圧倒的火力に晒され、戦争が終わっても(親、兄弟、親戚を殺りくしたアメリカ軍の)基地が居座ること、それは堪えがたいことであることは理解すべきだ。

私の予想となるが、あと20年(少なくとも終戦90年近くなるまで)反米活動参加者の中に、沖縄戦を知っている老人が存在するかもしれない。

しかし、いつまでも、違法行為、脱法行為を見逃していいはずはない。中共は、尖閣を手始めに沖縄への軍事侵攻を予定していると判断するに足る反応(当局者、軍による)が相次いでいる。
そういう兆候があるのだから、法に従い、当局が処置することは当然のことだ。




ここで、当のアメリカ軍経験者、沖縄戦当時普天間にいて、GHQとして日本滞在したドナルド・キーンが反米左翼が聞いたら喜びそうなことを語っていることについて言及したい。

ドナルド・キーンは、単純な平和主義者なのであろうか?

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ドナルド・キーン、沖縄戦を語る
http://ameblo.jp/lovemedo36/entry-11283720317.html

沖縄で見た日本軍の文書にも「捕虜になると女性は強姦され、子どもは殺される」とあった。「だから、死ななくていい人たちが命を絶った。日本軍がしたことは許せない」と語気を強めた。

「米国と中国が仲良くして戦争のおそれがなくなれば、基地はいらない。いい世界がつくれる」。インタビューの最後、一言ひと言かみしめるように語った。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ドナルド・キーンの講演内容から不審な点が2点あることを指摘したい。
ドナルド・キーンは沖縄戦の実相を知っているはずだ。

加瀬英明氏は、その具体的事例を「人種戦争」という文献のまえがきにて説明した。

アメリカ兵の残虐行為(対日戦)
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

ドナルド・キーンが立場上、知らないはずはない。「日本軍がしたことは許せない」という前に「アメリカ軍の艦砲射撃、空襲、地上戦」でアメリカ兵に(無差別に?)殺された日本人民間人の存在について言及すべきだ。

なぜなら、ドナルド・キーンはアメリカ軍に配属され沖縄にいたアメリカ軍人だったからだ。

二点目は、米国と中国が仲良くした結果、我が国産業界がこぞって中国に進出、我が国産業界は空洞化し、雇用喪失、それでもアベノミクスでなんとか持ち直しつつある。
ドナルドキーンは、中共の経済発展を望んでいるのであろうか。
文脈的には、ドナルド・キーンは悪名高いキッシンジャー外交を支持していると読める。ひょっとすると、アメリカ支配者の代理人と噂されるキッシンジャーのエージェントかもしれないのだ。

ドナルド・キーンは生来のお花畑なのか?そうは思えない。

とぼけて仮面を被っている、ということになるのであろうか?




別の外国人のケースについて述べたい。私などは、テレビ出演頻度が高い、モルモン教の外国人と聞けば、血筋はユダヤ系、所属団体はフリーメーソン、C●A要員を連想するが、親日的で保守的な発言をしてくれたからと言って、無防備に無条件で絶賛してはいけない。

親日的でも怪しい外国人は、「怪しい」と指摘しなくてはならない。

親日的な外国人だと聞けば、絶賛する日本人が相次ぐご時世なのであるから、それをビジネスあるいは政治利用しようとする一人とみなくてはならない。

諜報員からすれば、親日的であることは、諜報活動のイロハであることは言うまでもないことだし、周辺国をロシア、中共、北朝鮮という危険な国家群に囲まれている状況などから、「無防備、無条件で親日を演じる外国人」を信用していては国土を守り切るのは難しいのではあるまいか?

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

16:05  |  反日活動  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT