2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.19 (Mon)

共謀して違法看板を設置・放置している「民●党都道府県支部」を追い詰める?ネタ

本稿、違法な候補者看板の設置が突出して多い、民●党落選候補者の「捨て看板」について、(まだ法制化されていない)共謀罪事案との認識を以て、(テロ等準備罪について共謀罪であるとして)徹底抗戦した「民●党都道府県支部」への各種抗議に際し、参考になればとの思いから作成したもの。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

民●党は、違法看板設置すべく、資金集めし、購入・制作し、設置したことを共謀したのではないか?

民●党は、テロ等準備罪を共謀罪だとしているが、自分たちがやっていることは、果たして大丈夫なのか?当方の認識を説明させていただく。


① まず、民●党は、違法看板を設置すべく、余分にたくさんのカネを集めた。(一部は労組の使途不明金)

② そのカネで、違法な看板を設置する分を含めてポスターを発注した。

③ そのカネで、違法な分だけ設置するための看板資材を購入、制作した。

④ 違法と分かっていて、違法に設置するための場所を、共謀して地図を見て探し出し、その場所がふさわしいか、何度も下見した。

⑤ 違法と分かっていて、杭打ちが得意な人を雇い、車でその場所に看板を運び、杭打ちで人目につかない時間帯に設置した。

⑥ 違法だと分かっていて、民●党は、どの場所に設置したか、把握しているはずである。


①から⑥は、共謀して、違法看板について、資金集めし、購入・制作、設置していることを示している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは、テロ等準備罪について、屁理屈をコネて共謀罪であるとレッテル貼りし、訳のわからない、反対運動を展開した、民●党の実相である。

そこで、上述の①から⑥の見解を示し、民●党都道府県支部等が、共謀して違法看板のために資金集めし、購入・制作し、設置していると論争を吹っ掛けるのである。

民●党が共謀罪に反対するなら、一切の違法看板を直ちに撤去すべきだと迫るのである!

一方、民●党が違法看板設置を続けるなら、民●党の共謀実態を拡散し、公職選挙法を共謀罪の適用範囲とすべく、陳情活動を全国規模で呼びかけるのである。

本件、よくよく考えると、民●党は、違法看板の設置状況から、共謀罪で訴追されたがっているように解釈できる。

特に、私の隣の国政選挙区において、民●党の違法看板設置が続出している。その数たるや呆れるほどである。自民党の看板は、後援会関係者私有地のものが大半なのに、民●党落選候補者のものは、公有地に堂々と設置している。その数たるや、100個単位ではないかと推定されるほどである?

これを見逃すことはできない!

我々は、民●党都道府県支部を追及すると同時に、
政府に対してはこのような違法状態を解消すべく、民●党候補者を狙いうちにした法規制強化のための陳情を呼びかける(今国会で、可決成立したテロ等準備罪は公職選挙法は対象外)という判断となるのである。

以上


(参考)
共謀罪の対象犯罪、政治家や警察は除外!公職選挙法違反などは無し!山本太郎氏「ズルくないですか」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17037.html

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

16:59  |  法整備  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2017.05.30 (Tue)

JASRAC問題  著作権料の過徴収?・二重取り? やめさせるべきだ!

本稿、著作権料に係わる、過徴収、二重取りに係わる私的見解。
一般論的には、分野を問わず、社会的には、過徴収、二重取りは問題視されている。
本稿で指摘するケースは、そのどちらかに該当する可能性を予見?したので、共有化すべく出稿することとした。


音楽教室で使用する楽譜については、著作権料が支払われている関係で、音楽教室関係者は、二重取りをやめて欲しいと訴えている。

―― 参考情報 ――――――――――

JASRACは音楽教室からの著作権料二重取りを止めてください!
http://hiroseto.exblog.jp/25324271/

―――――――――――――――――

別のケースで考えたい。

黒田三郎という有名な詩人が書いた、代表的な作品に「紙風船」とい詩がある。

―― 参考情報 ――――――――――

黒田三郎
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E4%B8%89%E9%83%8E

―――――――――――――――――

実は、この「詩」、「歌詞」にもなっている。

私と同世代の人は、覚えていらっしゃるはずだ。
カラオケがまだ、一般的でなかった時代、夏休みのイベントなどでみんなで歌われた方、そういう思い出を持たれている方がいらっしゃると思う。
私は、あまり好きではなかったがいい「詩」だと思う。また、黒田三郎の詩集で楽曲化されたものがいくつかあるそうだ。
つまり、黒田三郎のケースについては、オリジナルは「詩」であり、楽曲化されたことで「歌詞」として扱われている「詩」があるのだ。

楽曲の「歌詞」、普通は、「歌詞」として作成されるのが大部分だが、黒田三郎の「詩」の場合は、オリジナルが「詩」なので、オリジナルの著作権は「詩」として扱うことになる。

たまたま、カウンセラーのサイトにて「詩」として、「引用」されているものを発見した。

―― 参考情報 ――――――――――

黒田三郎の詩「紙風船」
http://sara-green.info/contents_151.html

―――――――――――――――――

ブログ管理人は、詩集の一部の「詩」として「引用」紹介している。

なお、「引用」の定義、解釈については以下を参照いただきたい。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b0%fa%cd%d1

一般論的には「歌詞」のみのブログ原稿(そのままコピペしてしまった場合は)「歌詞」の「引用」とはみなされない、そういうことである。

さて、JASRACは、ブログ等での「歌詞」の利用に際して、許諾手続きが必要だと主張している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/blog.html

ブログへの歌詞掲載について

個人が開設したブログ等でJASRACの管理楽曲の歌詞を掲載する場合、JASRACへの許諾手続が必要となります。
ただし、運営事業者がJASRACと許諾契約を締結しているブログサービスの場合、個人ユーザーがJASRACに対し個別に許諾を得ることなく歌詞を掲載していただくことができます。

なお、運営事業者とJASRACとの許諾契約は、非商用配信における歌詞掲載利用を対象としたものであり、大量の歌詞を掲載する歌詞閲覧サービスや広告料収入を得るなどの目的で行う利用は許諾対象に含みません。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


一方、「詩」を学校の配布物として渡す場合、著作権使用料が発生するそうである。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1037396105

geoge24jpさん

2010/3/112:17:38

詩の著作権

中学校で図書館司書をしている者です。
 本から詩を選んで卒業生に配布物として渡す場合、
 著作権使用料とか許可とか必要なんでしょうか?

ohisaasiさん

2010/3/417:47:24

TVドラマ金八先生ではよく教師が有名な詩を色紙に書いて授業をしていますよね。
 文科省の年間指導要綱内の利用でした憲法上の学問、研究の自由が優先されますが、今回のケースは該当しないと思います。
 但、各著作権管理団体では学校等の教育機関での利用に付いては著作権使用料の免除や卒業記念品などは特別値引きをしますので問い合わせてみるのが一番だと思います。

 日本文藝家協会
http://www.bungeika.or.jp/top.htm

著作権法
 第三十一条 国立国会図書館及び図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この項において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
 一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
 二 図書館資料の保存のため必要がある場合
 三 他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合
 第三十五条 学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ここで問題提起したいのは、二点

―――――――――――――――――

・「詩集」における「詩」として「引用」した場合は、「音楽著作権上の歌詞」と認定する必要がないのではないか?
・「詩集」とし「引用」しているものまで「音楽著作権上の歌詞」として著作権料を徴収するのは、ケースによっては過徴収、二重取りの可能性がある?

―――――――――――――――――

ここで、JASRACの「歌詞」の「引用」についての最近の対応事例を参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.asahi.com/articles/ASK5S52D8K5SUCLV00C.html

著作権料、京大に請求せず JASRAC「引用と判断」

赤田康和

2017年5月24日18時21分
   
 京都大学がホームページ(HP)にノーベル文学賞を受けたボブ・ディランさんの歌詞の一部を掲載したことについて、日本音楽著作権協会(JASRAC)は24日、著作権法上、作詞家ら権利者側が使用料を請求できない「引用」にあたるとして、著作権料を請求しない方針を明らかにした。

京大総長が式辞に歌詞 JASRAC「使用料必要かも」

 京都大の山極寿一(じゅいち)総長が4月の入学式の式辞でディランさんの「風に吹かれて」の歌詞の一部を引用し、HPで式辞を掲載したことについて、JASRACが京大に問い合わせ、歌詞の使用料が必要になる可能性を伝えていた。

 著作権法は、著作権のある曲の歌詞をネット配信する際、作詞者の許可を得ることを義務づけている。ただし、論評などの目的で正当な範囲内で歌詞を「引用」する際は許諾を不要としている。JASRACの浅石道夫理事長はこの日の定例会見で「引用というふうに判断しております。(徴収は)しません」と述べた。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



「歌詞」の著作物としての「引用」は著作権料にあたらないと、JASRAC自ら判断した。

同時に、「歌詞」ではなく、「詩」として紹介した場合は「引用」と解釈できそうだ。


ここで、ブログへの「歌詞」の「引用」に際して、ブログ運営会社とJASRACとの間で著作権料が徴収されている?と文脈的に判断しうる契約が存在していることを指摘したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.jasrac.or.jp/info/network/ugc.html

■ブログサイト等(50音順)
 
JASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能なサービス
 
・アメーバブログ
・JUGEM
・Seesaaブログ
・textream
・プリ画像
・Yahoo!知恵袋
・Yahoo!ブログ
・ヤプログ!
・ライブドアブログ
・楽天ブログ

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

上述の「京都大学」のケースにおける、JASRACの判断を「正」とすると、たとえば、「紙風船」が「詩」あるいは「歌詞」としてブログで引用されている場合において、「引用」であるにもかかわらず、ブログ運営会社が「音楽著作権料」を支払わされているケースがあると、判断せざるを得ない。

つまり、京大のケースでは引用だとして音楽著作権料徴収しないとJASRACが対応したのに対し、ブログ運営会社に対しては「引用のケースを含めて音楽著作権料徴収契約を締結、徴収」している可能性があるのだ。

つまり、JASRACは、「過徴収」してしまった?可能性が予見されるのだ。

本来なら、こういうことが起きない様、法整備すべきことである。そして著作権管理団体が過徴収、二重取りした場合の遡及精算措置等を法令で明確化すべきということになるだろう。

もし、JASRACは、特定の楽曲について、二重徴収ないし、過徴収してしまった可能性があるとするならば、今後は以下の措置が必要となるだろう。

―――――――――――――――――

■措置1

・法規制上、著作権法における過徴収、二重取りを制限する規定を設けるか、文化庁が過徴収、二重取りについての解釈を行う

■措置2

・過徴収、二重徴収に係わる、遡及精算措置について法令化

■措置3

・法的根拠曖昧な著作権料過徴収、二重取り行為について「詐欺」として認定(刑法の適用?)

―――――――――――――――――

すなわち、過徴収、二重取りをやめさせることが可能となり
過徴収、二重取りされた金額について過去に遡り、返金させるシナリオを見出すことによって社会的に厄介者、ダニみたいに思われているあの団体を安楽死させることを意図するのである。

私の価値判断では、著作権管理団体が、自身の勝手な判断で一方的に過徴収請求、二重取り請求するのは、社会的に不公正、問題視されるべきであり、違法行為(詐欺)と認定すべきと考えるので考える。

なお、本稿は私的見解に過ぎず、個々の取引に当たっては、当事者である当該企業、当該団体、当該弁護士が可否判断する性格のものであること(裁判中のものは裁判官)
例外的に過徴収、二重取りが発生している可能性を指摘したものであること
万が一、過徴収されているケースが存在するのであれば、それは遡及精算されるべき性格のものであること
強引な過徴収については、刑法上の「詐欺」扱いとすべきと考えていること
について、問題提起したい、そういう意味での出稿なのである。


以上

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

04:27  |  法整備  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT