2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.25 (Sun)

保守偽装の問題  読むよりも書いて思考整理する大切さについて

田母神俊雄の最新刊、保守偽装の問題を取り上げている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

日本の敵

「日本の敵」田母神俊雄

判決後、初の著作で「日本派保守」のために
田母神はすべてを書き綴った

田母神俊雄は、自分の信念を曲げずに自衛隊をクビになった男である。
つまり、初めから賢くなど生きられなかったバカな男なのだ。
だったら、ここでも自分の信念に従って愚直に生きる。
私は、私自身に与えられた使命をこれからも全うするだけである(本文より)

田母神はこう言った
「残りの人生を賭けて日本の敵と戦うことを宣言する」と
本来政治は現場のためにある。弱い者のためにある。
にもかかわらずこの四半世紀、「改革」の名のもとに盤石であった日本社会は徹底的に
ぶっ壊されてしまった。日本の現場の声と反対を無視して強行された「改革」で、
中流階層は、貧困・格差問題に晒され、
盤石だった終身雇用や年功序列も崩れた。
安心から不安への「改革」で日本社会は弱体化されたのではないだろうか。
では、政府はいったい誰のために「改革」を行ったのか。
はっきり、わかっているのは私たち国民のためではないばかりか、むしろ、日本の国益を
脅かし、自主独立を阻む勢力=「日本の敵」のための改革だったということだ。
本書は、日本の長きにわたる文化を破壊し、国民を死地に陥れる「真の敵」と向き合い、
より良き日本を「取り戻す」ための論考である。
勾留169日の間、獄中で考えに考え尽くしたこと、それは、田母神自身の思想の原点に立つことであり、
日本の自主独立のための真摯な省察である。


≪目次≫
はじめに
第1章 偽装保守
第2章 敗戦利得者
第3章 グローバリズムと改革バカ
第4章 韓国と北朝鮮と中国
第5章 憲法9条
第6章 マスメディア
第7章 我、獄中より生還せり
補遺 田母神判決の真実
おわりに

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

錯乱癖ある言論人は、どう反撃するか?
今まで共産主義者だった人が、ある日突然愛国者だと語り始めた経緯、周知の事実となりつつある。

一方、中川八洋は、最新稿にて、産経が「退位特例法」の「退位」を宮内庁や内閣法制局の赤い官僚たちと結託して、これを「生前譲位」であるとし、健全な産経読者に対する目くらまし報道を行った、と酷評した。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/06/23/142056

結論を先に言えば、「退位」を冠する特例法に対する批判を封殺するために、産経新聞は“共産革命語「退位」隠し”という犯罪報道を徹底的に行った。さほど教養がなくとも、まともな日本人なら、(1945年9月2日の)英米への降伏後に、天皇制廃止のための昭和天皇退位論をキャンペーンすべく新しく造語された悪意芬々の二文字「退位」が、コミンテルン(共産革命)語であることは何となく気付く。多少でも皇室護持の心意気を持つ日本人にとって、「退位」は、狂った天皇制廃止スローガンだと喝破できる。少なくとも暴語「退位」には嫌悪感情が湧き、「排斥せねば」と真正の日本国民なら義務意識が燃えてくる。

 そこで、共産党だけでなく、宮内庁や内閣法制局の赤い官僚たちは、「退位」という二文字から、特例法が天皇制廃止準備法となっていることを見破られるのではないかと冷や冷やビクビクだった。特に、「退位」という二文字から特例法が天皇制廃止準備法であることを見破る日本国民がいるとしたら、それは産経新聞の一部の読者(=健全な日本人)であろうし、産経新聞がこの読者に呼応して、「退位」の二文字を正しい伝統語「譲位」にせよと大キャンペーンするかも知れないと怖れた。

 ところが産経新聞は、内閣官房等の赤い官僚群の怖れとは逆さに、総理官邸/宮内庁/内閣法制局の赤い高官と謀議して、“共産革命語「退位」隠し”の役目を買って出た。産経新聞は、今般の特例法に限っては、天皇制廃止狂の本心(=カムフラージュ産経イデオロギー)を剥き出しにした。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

拙ブログは、産経報道「生前譲位」の趣旨が何であるか検証せずに、タイトル的には、「生前譲位」で通した。

理由は、皇室敬語的判断でそうした。
中川八洋は拙ブログを酷評するだろう。私は受け入れるつもりだ。

さて、拙ブログ管理人は、ノンポリ、にわか保守であるとしている。
もちろん、人は、生まれた時において、すでに、愛国保守、真正保守ではない。

言論界には、頼まれてもいないのに、自らを真正保守だの、愛国者だの、武士道だの、
大和魂だの、草莽崛起だの………………昨今は、この種の形容詞的表現を散りばめ、流麗な文章で読者に思い込ませようとする輩が続出している。

そういう輩に共通していることがある。

中川八洋は、上記最新稿で、保守偽装者たちの存在を指摘している。
本当にそうなのか、そうでないのか、私は、中川八洋ほど極めておらず、かつそれぞれの身辺情報がないのでそう判断するに足る詳細情報を得ていない。

が、保守偽装なら、偽装すると判断されても仕方がない、傾向というか状況証拠はある。

それは、言論活動における行動様式で見破れるのではないかと、私は考える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「保守偽装」言論人を見破るための方法=「保守偽装」言論人の行動様式の一例

●そもそも結果を出す気がない
●批判文しか書けない(書かない)
●提言がないか、提言がまったく具体的でない
●書いてあることに、シナリオ・手順がない
●ボランテイアを嫌う(原稿料、出演料を欲しがる)
●その人なりの専門領域がない(テーマは日替わり)
●表現スタイル的に独自性がない(論理的に空疎である)
●ビジネス文書形式でなく、手紙文ないし小説スタイルの文面のものが多い
●そもそもオリジナルでないか、初心者対象としている
●感情論で結論を急ぎ過ぎている
●何かにつけて寄付を求めたり、本を買えという話題が多い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このような見分け方があることに気がついたのは、錯乱癖ある方を含め、そういう疑いが濃厚な人物の言動、文章を観察、分析した結果である。

かくいう私は、大学入学時点で、偏差値的価値観を捨て、現在に至っている。

偏差値的価値観を捨てるというのは、簡単に言うとこういうことである。
知識偏重ではなく、自分で考え、その考えを作文し、思考整理を通じて、ものの良し悪しを判断することに切り替えた、ということだ。

世の中には、東大受験、司法試験、国家公務員上級試験、難関と言われる試験は多い。が、これらの試験は、知識とそれなりの思考力がないと突破できない。
そういう試験突破者に、共通していることがある。思考回路が柔軟でなく紋切型に近い印象がある。

彼らは優秀だ。彼ら自身がそう思っている。が、それは、自らの作文、論文を提示し、そう認められたのではない。他人が書いた作文、情報、知識をうまく格納、脳みそからうまく取り出せた結果としての評価である。私は、負け惜しみで書いているのではない。

また、我々日本人は、新聞を隅から隅まで読む気真面目な習性があり、他人の書いたものを無防備に受入れ、知識欲ある人ほど、その情報・知識の大部分が操作されているかそうでないのか分からずに吸収してしまう傾向にある。

世の中には、優秀な人が存在することも知っている、東大医学部に現役で合格、司法試験に一発で合格するような人たちは、頭の回路が常人とは異なる部分があることは知っている。そういうレベルの方々が同級生に居たのでわかる。

では、極めて優秀と言われている、彼らと私で何が違うのか?
より創造的な作品を通じて評価されたい、学生時代、そう考えたのである。

同時に、いくら頭が良い人でも、その思考の根源、源泉が他人の書いた知識の集合体でいいものか?借り物の思考はホンモノと言えるのか?

一方で、すべてを破壊する革命を肯定するような政治思想をどうして肯定できようか?
私の疑問点はそこから始まっている。

大学時代は、渡部昇一先生がそうであったように、専攻分野以外の勉強も私はやった。渡部昇一先生は、学生時代、かなり読書されたそうだが、私は、多くの専攻外の単位を取得。最初は評価は芳しくなかったが、その後意図しないのに成績はぐんぐん伸びた。卒業時、学科の多くの教官から成績急上昇したことを褒められた。

中川八洋の政治思想・哲学本は、答えを求め続けていた私にとって、いささか難解な部分はあるが、暗闇の中の一筋の松明みたいな存在となりつつある。

大学入学時点で、偏差値的価値観を捨てた、と書いたのは、他人が書いた作文、情報、知識を自分の思考の原点とするのではなく、自分の意志で考え、その考えを作文し、思考整理を通じて、ものの良し悪しを判断することに切り替えたいという、内なる欲求によるものであった。

つまり、拙ブログのスタンスは、大学入学時点で決定されたものなのである。

かくいう私は、ノンポリでにわか保守である。
ノンポリでにわか保守だと書いて恥じることはない。

都合が悪くなると、元共産主義者なのを隠し、真正保守だと豪語している言論人がたくさん存在しているではないか?
たくさんの人が集まった会合で、元共産主義者だったとプライベートな経緯を紹介される方もおられる。本当に都合が悪いなら、そう紹介するはずはない。

そして、保守言論界、中川八洋の言う部分に極論は含まれているにせよ、かように保守偽装者だらけか?その疑いが濃厚である者が続出しているではないか?
同じ傾向はブログ界においても起きている可能性はないのか?

学生時代、提出レポートが予定よりも早く完成し、時間が空いた時に、大学図書館にある、マルクス・エンゲルスの本や政治思想本を読んだ。当時の私には、論理となるはずもないことが論理だと書いている、膨大な文章量にしては空疎な印象があった。私は、共産主義に被れずに済んだのだった。

就職後は、早稲田大学雄弁会OBで正論等を熟読する上司から、「公開情報から分析」し、その結果を中立的な視点から文章化、対策提言する文章作法等を徹底的に叩きこまれた。
その上司から、書いた調査レポートについて、結論を急ぎ過ぎている、と何度も叱責された。

ノンポリ・にわか保守の期間が長く続き、下手に政治的に被れておらず、かつての上司から対象を中立的に眺めることを叩き込まれてきたので、政治ブログを続けつつも、保守偽装の特徴、傾向を上記にリストアップできたかもしれない。

中川八洋からみて、拙ブログは吹けば飛ぶような、いい加減な、にわか保守のブログかもしれない。

そんな私でも、自分で考え思考整理しその結果を作文すること、そして公開情報から分析することに、仕事上こだわった。中川八洋と業種は異なるが、職場においても、前例がない創造的な仕事に誰よりもこだわった。それらは職場のキャビネットに保管され私は今も「作品」だと思っていることを告白し、本稿を終える。

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

12:06  |  言論人  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2017.06.23 (Fri)

最終的には「独立自尊」の言論人を目指すべきだ

世知辛い世の中、保守・左翼問わず、原稿収入、番組出演料、講演収入、印税、寄付呼びかけ等、蓄財に走る言論人が多いなかで、渡部昇一先生は別格の存在であったようだ。

で、一般の言論人の実力はどうかというと、特に中川八洋が書いた本を熟読されている方は知っていることであるが、言論人の相当数が、素晴らしい肩書のわりに、実力が伴っていないようである。

ただ、ここでは、言論人個体の実力の程度まで示すつもりはない。

実力がない、言い換えると結果を出せない言論人を見分ける方法は簡単だ。その人なりの言論活動上の専門領域があるか、表現スタイル的に独自性があるか、ビジネス文書形式でオリジナルでの提言が含まれるか、初心者対象本だらけでないか、批判文だらけでないか、感情論で結論を急ぎ過ぎていないか、寄付を求めたり本を買えという話だらけでないか、肩書を抜きにしても内容に十分参考になる点があるか、などである。

話題を変えたい。

私は、ある言論人の、左程有名でないサイトを訪問するようにしている。
加瀬英明、ネット的には超有名人というほどではないが、歴史認識問題に詳しい方なら、また、ストークスという英国人ジャーナリストの本を読んでいる人なら知っている名前である。

―― 参考情報 ――――――――――

渡部昇一先生を野辺へ送って
http://www.kase-hideaki.co.jp/magbbs/magbbs.cgi

―――――――――――――――――

ここに掲載される情報、私にとっては、普段知り得ない「ナマ」の情報が書かれる。
加瀬英明は、例によって淡々とした筆致でそれを表現する。
今回は、先般逝去された渡部昇一先生のことが書いてあった。

渡部昇一先生の私生活での交流、普段のちょっとした心遣いが書いてある。
聞くところによると、加瀬英明が知る、渡部昇一先生は、「先生は江戸の粋を身につけられていた。和服姿が似合われた。ときおり馴染みの洋食や、和食の食堂に誘って下さったが、そのつど帰る時に、店主に小さな祝儀袋に入れた心付けを、渡された。」とある。

馴染みの料亭が何軒かあるのは、有名人なので当然だとして、帰り際に、御礼の意味を兼ねて祝儀袋を渡す、普通の人にはマネできない。

私ができるのは、ここだと決めた店に、それなりの頻度で足繁く通い、美味しそうにペロリと食べ、帰り際に素直に「御馳走ざまでした」と言うことくらいである。

それだけではない。加瀬英明によると、さらに凄いことが書いてある。
私があっ!と驚いた箇所を転載させていただく。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.kase-hideaki.co.jp/magbbs/magbbs.cgi

いまから18年前に、先生は私との対談本『立て! 日本』(高木書房)のあとがきで、こう書いて下さった。

 「加瀬さんは私より年下だが、ジャーナリズムに登場されたのは、私よりもずっと早い。そしてユニークなのは就職先を示す肩書きがないことである。外交や政治や歴史の評論をする人は、たいてい大学で教えているとか、いたとか、新聞記者だとか、だったとか、何かしら給料をもらう仕事についている人、あるいはついていた人が多い。しかし、私の知る限り、加瀬さんは大学教授とか助教授とかの肩書きをつけたことがない。(略)」

 「大学であれ、新聞社であれ、研究所であれ、役所であれ、そこに勤めることは給料をもらう。給料のみで生きる人を、英語ではデペンデントであるといい、左翼的用語で言えばプロレタリアートである。これと反対に、どこかに勤めるという形で自分の労働(知的労働であれ、肉体的労働であれ)を売る必要のない人は、有産階級、英語で言えばインデペンデントな人ということになる。よき時代のイギリスには、こういうインデペンデントな思想家・著述家が、たくさんいた。

 独立自尊の活動

 われわれが知っている19世紀から20世紀にかけての有名なイギリスの著述家・思想家の名前をあげると、そこに大学教授の肩書きのある人がほとんど一人も見つからないことに気付く。(略)こういう人が多くいたことが、イギリス文明の世紀を作ったと言える。インデペンデントな身分で学問し著作する人を――詩や小説の分野は別であるが――ジェントルマン・スカラーと言う。インデペンデントだから、インデペンデント(独立自尊)な知的活動ができる。この意味で加瀬さんは現在日本では、ほとんど唯一人のジェントルマン・スカラーであると言えるかも知れない。(略)

 加瀬さんは極めて豊かな人脈、情報源を国の内外に持ち、またよく勉強し続けてこられて、その思考は常にインデペンデントであった。時流におもねることなく、信ずることを述べてこられたように見える。長い言論人としての生活において、加瀬さんが取り消さなければならない過去の発言は、おそらく皆無であろう。(略)」

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

さて、英国の新聞で「The Independent」という高級紙がある。

インデペンデント
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88

経営難故、紙媒体ではなくなったそうだ。
「The Independent」は、新聞社の心意気を示すのにふさわしい言葉だと思う。日本の新聞社に、そんな気概がある社は何社あるだろうか。

同様に、それは、日本の言論人についても当てはまる。

言論界は寄付を求める言論人で溢れている。不思議なことに、彼らは、寄付の交換条件として、目に見える結果を出すことを公約としてはいない。立場上、どんなに辛くても逃げられない仕事が世の中には、たくさんあることを知っていれば、結果を出さないで寄付を求め続けようとする発想は甘いと言わざるを得ない。デモや街宣やるならそれなりのカネがかかるのはわかる。

ところが、渡部昇一先生は、金をくれという立場でなかったようだ。加瀬英明の記述から、カネをばら撒く方に位置していたようなのだ。

渡部昇一先生の共著の相手(加瀬英明)を励ますような「書きぶり」、褒められた方はうれしい気持ちになる。渡部昇一先生は、分け隔てなく、温かい心を示す方だったようだ。

ここで、渡部昇一先生が、ブログの可能性について、以下に言及している、というか、私はそう解した箇所を再掲させていただく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「よき時代のイギリスには、こういうインデペンデントな思想家・著述家が、たくさんいた。(中略)われわれが知っている19世紀から20世紀にかけての有名なイギリスの著述家・思想家の名前をあげると、そこに大学教授の肩書きのある人がほとんど一人も見つからないことに気付く。(略)こういう人が多くいたことが、イギリス文明の世紀を作ったと言える。インデペンデントな身分で学問し著作する人を――詩や小説の分野は別であるが――ジェントルマン・スカラーと言う。インデペンデントだから、インデペンデント(独立自尊)な知的活動ができる。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今の日本はどうだろう。経済力はかつてほどではないにせよ、第二次安倍政権の下で、外交力が強化され、100年後の日本人は、この時代を素晴らしい時代だった、と評価するかもしれない。

あの時代、上智大学を受験・入学していれば、渡部昇一先生のところに弟子入りする機会は得られであろうこと、同時に、若い頃、渡部昇一先生だと気がつかずに、本や英語雑誌を読んできたような気がしている。

最後に、ここ数年間で渡部昇一先生の本は50冊くらいは読んだが、まだ読んでいない、特に専門の英語学関係の本には、老後の道標になるような意外なことがきっと書いてある、そう確信している。

以上


テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

12:20  |  言論人  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT