2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.27 (Tue)

都議選のポイント 自民党は劣勢をハネ返し民進党を壊滅できるか?

都議選、世論調査では、都民ファーストが自民党を上回る支持率となっているそうだ。
私は、これに納得しない。
逆風でも自民党が第一党を獲得する結果となることを望んでいる。

都民ファーストに勝たせてはいけないのである。

―― 参考情報 ――――――――――

小池ファーストに勝たせてはいけない
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4428.html

―――――――――――――――――

小坪しんや議員は、かく分析している。

―― 参考情報 ――――――――――

都議選と、豊田”事件”のタイミング、都民ファーストと自民支持者、そしてメディアの動き。2017年6月26日
https://samurai20.jp/2017/06/toyoda-2/

―――――――――――――――――

小坪しんや議員は、谷垣総裁を裏切り、谷垣総裁が総裁戦出馬できない状況に追い込んだ、石原伸晃について批判的である。

谷垣元総裁、現在、人前に出る機会はないようだ。
谷垣総裁の時代、自民党は本当に苦しかった。離党者が続出した。議席も減った。政党交付金も減った。
そんな状況で、谷垣総裁は有志議員を引き連れ全国行脚、街頭演説にて自民党各支部を自民党支持者を鼓舞、激励し、自民党党内および支持者の結束を何度も呼びかけた。
野党自民党ではあったものの、野党時代の地方選、本当に強かった。
谷垣総裁、お世辞にも演説はうまくはない。が、そのお人柄があってその言葉が語られ、多くの有権者が選挙にて、再び自民党に託そうという盤石な流れを作ったのは確かだ。

―― 参考情報 ――――――――――

第24代自民党総裁 谷垣禎一 の最後の言葉を忘れるな!
https://www.youtube.com/watch?v=ctmqIy9MkjQ

―――――――――――――――――

この動画は、自民党史に残されるべき動画であろう。

自民党が野党の時代、外国人参政権法案、人権侵害救済法案が国会審議事案として何度も取り沙汰された。
その度に、各自かき集めたメールアドレス、ないしFAX番号の宛先に、何度もメール、FAXした方が多いと思う。
私の場合、かき集めたメールアドレス件数が1000件を超えた。

自民党も苦しかったし、保守支持層もみんな苦しかった。
谷垣総裁はその苦しかった時代、支持者の心を再び掴み、野田政権の解散、保守回帰の流れを作った、最大の功労者である。

しかし、その保守回帰のチャンスを国家や党のためでなく、自身の出世欲のために行動した者がいた。総裁選において、(自民党が野党時代)左程汗を流さず、総裁選工作だけ熱心に取組む人物もいた。

それゆえ、私は、石原伸晃や石破茂が大嫌いである。もちろん、内田某も嫌いだ。

そんな中で、前回都知事選挙前までは、都議会自民党の体質は温存され、小池百合子は逆風をモノともせず勝利し、都議会議員選挙に都民ファーストなる看板で臨んでいる。

私は、小池百合子候補を、都知事選挙において消去法的に支持した。自民党公認候補が納得できる候補ではなかったからだ。

今回の都議選の見どころについて、「自民党と都民ファーストの確執」であるとマスコミは取り沙汰している。

が、それは本筋ではない。

都議選の本筋は、自民党と都民ファーストの騒動を創り出し、選挙の争点として、また二大対立軸であるかのように演出することで、民進党を挟み撃ちにすることにあるとみている。

敢えて、安倍首相が、自民党の応援演説に立たないと言われているのは、挟み撃ちであることを気づかせないためか、あるいは自民党は左程劣勢ではないとみている、そう分析した結果ではないか。

なぜなら、都民ファーストはどうみても政治の素人?候補者だらけ?であるからだ。

―― 参考情報 ――――――――――

【2017都議選 首都決戦】都民・美人元歌手が自民・無所属現職に挑む 選挙地盤が固い南多摩、やや混戦模様
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170627/soc1706270005-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop

―――――――――――――――――

安倍首相が遊説に出れ出るほど、都民ファーストが素人集団であることが一目でわかってしまう。

従って、シナリオ的には、世論調査では都民ファーストが第一党を伺う勢いを先行させつつも、危機感を煽り、選挙戦の最終盤で帳尻を合わせる作戦なのであろう。

楽観は禁物だが、自民党と都民ファーストで、民進党を挟み撃ちにし、壊滅させる選挙結果となることを期待している。

そして、もう一つ注目していることがある。それは、日本共産党批判に特化しつつある、日本第一党の岡村幹雄候補である。

―― 参考情報 ――――――――――

岡村幹雄候補 主な政策の説明 
https://m-okamura.japan-first.net/policy.html

平成29年6月25日 日本第一党岡村幹雄候補 東京都議会選挙演説(八王子駅北口)
https://www.youtube.com/watch?v=bO7-8T6AT6k

―――――――――――――――――

日本共産党は、選挙妨害・選挙違反事案続出だそうである。

既存政党が、はっきり言わないことをはっきり指摘する岡村候補者の存在はもっと注目されるべきだろう。

以上

テーマ : 小池百合子 - ジャンル : 政治・経済

20:06  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2017.02.25 (Sat)

今村直樹さん被告裁判について  本来告発されるべきなのは誰なのか?

田母神俊雄逮捕に関連、被告となられた一人、今村直樹さんの裁判の経緯を参照したい。

―― 参考情報 ――――――――――

今村直樹氏 裁判傍聴レポート-前半 石井義哲氏証人尋問「検察の主張が完全に覆る!?」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月20日
https://www.youtube.com/watch?v=4TbJ1h6QoHA&t=83s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート-後半 石井義哲氏証人尋問「国士を貶める国賊水島を許すまじ!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月20日
https://www.youtube.com/watch?v=joZKmnE72bU&t=70s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察側、水島側に寝返った、元支援者の証人尋問に信憑性無し!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月21日
https://www.youtube.com/watch?v=RsNQ2Vl5MiU&t=148s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察の捏造調書に、裁判官、被告、弁護人も呆れる。検察の動揺が隠せない!」代理傍聴せんたく 東京地裁 平成29年2月22日
https://www.youtube.com/watch?v=HvnMVf-3xRs&t=36s

―――――――――――――――――



今村直樹さんの刑事裁判に係わる、確認されている事実について簡単に整理しておきたい。

―――――――――――――――――

・運動員は、名簿提出される前提で名簿に記入した
・選挙責任者は、選挙はボランテイアで闘うという信念?のもと、運動員の名簿を提出させなかった
・後で金品等を受領した運動員が、逮捕、起訴
・その選挙責任者は、寄付されたお金の余りを自分が事務局長を務める団体に移管することを持ちかけていた?
・告発状提出
・各被告人の裁判

―――――――――――――――――


被告の今村さんについて、こう弁護する意見がある。上記動画を見られている方なら納得できる話である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html

今村さんは警備、送迎と田母神さんの身辺を頼まれて、ご自身のお店を1ヶ月間閉ざしてその任に当たられたそうです。

 容疑は事後の運動員被買収ですが、理屈がわかりませんね。

 例えば選挙期間、海外からプロのボディガードを雇い入れた場合はどうなるのでしょう。
 選管登録をして日当は上限一万円ね、となるのでしょうか。

ボディガードなのだから、要人警護に必要な情報を得るため、行動計画が周知報告される会議体に同席するのは当然です。
 朝令、夕令に今村さんが参加していたかを検察がやたら問うていたのは、選挙運動に属していたと言いたかったのでしょうが。

 体を張って要人を守る仕事が、事務作業と見なされるのもおかしな話ではないでしょうか。
 選管に登録され、日当一万円の事務員として対価が支払われるなら、ボディガードも警備保証会社も呼べません。

その点、吉戒裁判官は今村さんへの質問の一つに"街宣時に暴漢を取り押さえた話"を尋ねられました。
こちらから手出しは出来ないので、体を張って守ってスーツを破られること二回。
 前にも話した内容を何故重ねて聴くのだろうと思いましたが、裁判官は今村さんの役が運動員や事務員ではなく「警備」である事の確認をされたのだとも受け取れます。

 正しい裁きが行われますように。

Posted by けぶり at 2017年02月24日 12:26


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

また、検察の取り調べは、初めから結論ありきの路線だったようだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html

 瀬戸様

 お約束通り、今村さんの第3回を聴いて参りました。

スマホで書き起こしたテキストファイルを添付致します。

今日の内容で、今村さんを有罪にするのは難しいという感想です。
当然といえば当然ですね。

今村さんが取調の検事と"雑談"の中で出た話の流れ、「もし○○だったら、●●していたでしょうね」。
その●●が調書には断定的に書かれていると訴えられました。
裁判官と今村さんとのやり取りでしたが、その時に西田検事は苦笑していましたね。

練り歩きの標旗持ちについて、検察からの証拠動画を弁護士が逆手にとり、
スタッフに届けるために【標旗を折り畳んで】手にしている点を指摘しました。
この点は勝負あったでしょう。

 以上

―――――――――――――――――

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html

 >今村 「そんなことまで覚えていないでしょう。、とにかく覚えていません」
 >検察 「じゃ、なぜ調書にサインしたのですか」
 >今村 「覚えていないと言うのに、あなた方が決めつけて勝手に作り上げたのです。>    サインしないと帰れないなどと脅されました。

 >実際に傍聴していた訳ではないので、分かりませんがこんな質問と
>答弁の繰り返しです。


 色々と考えさせられる事柄があって興味深いと思いましたが、
それにしても検察側の浅はかさがどんどん露呈され
驚きというより憂いにも似た気持ちです。
 法務省を筆頭に法曹界も相当汚染されてますね。

―――――――――――――――――

Posted by M at 2017年02月25日 08:12

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53221852.html

せと先生、詳細なレポートを有り難うございました。
事実上何の罪も無い真面目な愛国者に、無理矢理罪をこじつけるようなことは
絶対にあってはならないと思います。まかり間違って今村直樹氏がこのまま有罪にさせられるような事があったら、過去に遡ってありとあらゆる選挙に関わった多くの皆さんが有罪になってしまうという、おかしな事になると思います。
Posted by hitom at 2017年02月21日 09:02

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


それにしても、思うことだが、今村さんの裁判を担当する検察官は、検察官としてまともなのであろうか?
無理筋であることを承知で引きずっている印象がある。

検察官適格審査に該当する事案かもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

あの検察官は本当に大丈夫なのだろうか?
http://yamatonoibuki.seesaa.net/article/447282648.html

―――――――――――――――――


そのうえで確認したいことがある。

・最初に出された告発状
・逮捕状請求した罪状
・諸橋茂一氏が作成、提出した告発状

これら3点の中で、最も容疑らしい容疑はどれなのか?
本来的に、刑事事件として扱われるべき事案はどれなのか?
どのケースが犯罪と認定するにふさわしいものであるのか、比較検証すべきではないかと思い至るのである。


以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

19:36  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT