2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.04.15 (Sun)

1000稿達成直前で考えていること

漸く1000稿目前に来た。
1000稿達成を一つの目標としてきたので、思うところを述べさせていただく。



問題だー、問題だー
どうするんだ、どうするんだ
みたいな情報が保守ネット界で飛び交っている。

最初の問題提起としては仕方がない。

問題提起型の場合は、コピペ情報中心となるが、それも致しかたない。しかし、気になるのは、問題提起、拡散に注力しているケースが多いことである。

分析に注力しているサイトもある。が、納得いくレベルのものは少ない。

また、保守陣営が、反日勢力を追い詰め、政治的に先手番を握ることを意図したものは決定的に少ない。



最終的には腰を据えて、現実的な政治課題として何をどうすればいいのか?ということになる。

拙ブログは、批判を抑制し、現実問題として何をどうすればいいのか?
法整備的視点から分析、取り組んできた。

その点において、非常に生真面目なブログである。
遊びがないがゆえに、つまらない、難解、読みにくい、長文、気楽に政治情報を日々眺めたい方にとっては、面倒くさいサイトであろう。

ただ、私は、企業社会において、誰もが、問題だー問題だーと語る課題に対峙してきた。それらは、ほとんど意識の問題だった。上司、先輩までもが、仕事する前から負け戦状態だった仕事もあった。やって見せた管理職が皆無だったのである。

問題だー、問題だーでは何も解決しないし、何も進まないことを実務上、経験してきたのである。わからないならわからないなりに調べた。あちこちに聞いた。そういやり方を踏襲し、政治ブログをやっている。
従って、わからないなら中央省庁に電話してご教示いただく。変だと思ったら電話で問い合わせる。当たり前のことをやってきた。

それゆえ、第二次安倍政権が、いろいろな意味で日本を取り戻すことに注力していることを理解しているならば、我々も、その辺で数多繰り返される、批判で一辺倒ではなく、より提言的位置づけのもの、先手番を握れる事案に注力すべきとの見解となるのである。



このような(堅苦しい)スタンスに付き合いきれないとお考えの方がいるかもしれない。

が、安倍首相はやった。やってみせた。

・日米の歴史的和解(オバマ大統領が参加した儀式、アメリカ議会演説)
・日韓合意
・集団的自衛権の解釈変更
・特定秘密保護法
・安倍談話

そして、憲法改正実現を目指している。

生前譲位事案も不満は残るが、スケジュール化された。皇太子ご夫妻の宮中祭祀放棄状態を問題視される方は効果的なやり方を考えるべきだ。



保守系言論人、保守系団体は、これらについて、肝心要の局面で、しかるべきタイムリーな提言・陳情をしてきたのか?



しているようには思えない。



肝心要の局面で、政権中枢に肉薄して、提言・陳情できる言論人、団体関係者がほんの数人ではないか?とみている。

はっきり言えることは、あちこちで本代レベルで金をとってやっていることは初心者講習会レベルである。初心者講習会レベルのことはやったうちに入らない。それほど有能で日本のことを真剣に考えているなら、なぜボランテイアでやらないのか?
ボランテイアであることは真剣さの証明なのである。
櫻井よしこを呼んで(有料)講演会を企画すれば、保守活動したと勘違いした団体もあったようだ。

手段と目標の乖離が発生しているような気がするのである。

重要なことは現状を変えるための、提言、付随するシナリオ、そして具体的手順である。政権による移民受入れ拡大に反対なら、反対表明だけでなく、具体的な提言をしなくてはならない。外国人土地買収拡大に反対なら、反対表明だけでなく、具体的提言をしなくてはならない。
スパイ防止法を必要だと思うなら、中央省庁の稟議書をイメージして、法制化理由、条文、条文設定の根拠を文章化しなくてはなるまい。緻密な文章化作業が必要なのである。中央省庁の決裁文書レベルまで肉薄した提言をしない限り、法制化はほど遠いのである。

誰が、どの組織が具体的提言をすべきなのか?
初心者講習会や講演活動くらいのことで何が変わるのか?ということなのである。

我々市井の側は、安倍首相一人、官邸スタッフだけに負担をかけ続けていいのであろうか?
本来、民間側で露祓いすべき事項がたくさんあったのではないか?

過去数年間のブログ活動を振り返ると、1000稿出稿してもなお、官邸スタッフの足元にも及ばない、(提言行為が足りない)気がしているのである。

以上
スポンサーサイト
09:30  |  活動実践マニュアル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.28 (Wed)

陳情文書  どう書けば実現するのか?

本稿、陳情書を書き提出した経験を振り返り、とりあえずの中間報告的なもの。
ここに書いてあることが絶対に正しいとか、そうすべきだという意味で書いているのではない。私は、こうやってみたことがあると書いていると受け止めていただきたい。



さて、個人レベルの提言書とは、たった一人の主張を実現するために必要なことをまとめたものと定義できる。

提言書、普通は作成するだけで手間がかかるものと思われ敬遠されがちだ。
実際やってみて、結構手間がかかり、神経を擦り減らすものであることに気づいている。


昨年末から、官庁、企業トップ向けに、ブログ事案とは別に陳情書を出す機会が増えた。
動機は、既存の団体に失望したからである。私は、西部某のように、保守ではないとかジャップとか罵るようなことはしない。既存の団体に期待できないなら、実現すべく自分でやるしかないと考えるのだ。


もちろん、仕事もそういうスタンスでやったということである。


陳情書の提出手段というと、FAXが一般的である。
しかし、私は敢えて手紙を選ぶ。
手紙の封筒、便箋、宛名書、手間がかかる。手間がかかるのを嫌がる人たちは、官邸メール作戦に熱中するだろう。


が、そんなことでめげてはいけない。
封筒も便箋も切手も筆記具も選べるのだ。真剣に考えている事案にふさわしい封筒、便箋、切手、筆記具を選ぶのだ!


たかが切手一枚と侮ってはいけない。切手のデザイン、昨今の記念切手には目を見張るものがある。陳情にふさわしい切手を選び、比較的高価な便箋、封筒、筆記具を使用する意味はあるのだ。

宛名はできたら毛筆がいい。自民党関係者から毛筆書きのものを頂戴したこともある。


これら一連の行為は、礼を尽くしてお願いしていることを意味する。
受け取る人は、心して扱うだろうと。


これに対して、FAXやメールはどうか?
大凡の予想となるが、内容に目新しいものがなければ、大したものとは扱われないと予想する。


都道府県知事には、3件、陳情文書を出したことがある。
1件目は、プライベートな事案に係わるもの。陳情書を受けて知事からの指示ということで、自宅に電話がかかってきて話をきちんと聞いてくれた。ただ、特別扱いで自分のケースだけそうなることに抵抗を覚え、対応を打ち切った。
2件目は、ある社会問題化した事案について、周辺情報をかき集め提出。知事は、速攻である重要な決断をした。その決断により地元は守られた!
3件目は、現在進行中の事案に関するもの。地域創生事案と思っていただきたい。新聞記事で読む、知事の対応状況から、陳情書からヒントを得て?関連事案のほとんどについてリーダーシップを発揮され、取り組んでおられるような気がする。陳情書提出効果はあったようだ。



たった一人の陳情書なので、読んだ瞬間に知事にご納得いただく書きぶりである必要はある。


正直言って、結構ハードルが高い。
実は、こんな経験をしている。
仕事上、延べ15年間くらい業務上の企画書・提言文書を書いていた。これとは別に、メルマガ発行したこともある。
振り返ってみて、腕を磨く期間は必要と思う。



ただ、私は、いつもいつも陳情文書を出す主義ではない。
いろいろ考えた中で、このシナリオなら!と思える、独自性と説得性あるシナリオが見出せたケースについて、躊躇せず提出することにしている。


手紙は、もちろん、自己紹介から始まる。

きちんと自己紹介し、知事の支持者であると表明、知事と出身地、出身大学、政治思想の点で共有化できるものを具体的に示し、本題に入る。
拙ブログは、ブログのコメント投稿者に自己紹介、自分の意見を表明されることをお願いしているが、それは自分が手紙を出す場合に心がけていることである。


もちろん、提出者は
私利私欲で書いたものではないこと
自分しか出す人がいないこと
を誰よりも強く意識・確信する必要があるように思う。

オリンピックフィギュアスケートで二連覇を成し遂げた羽生選手が故障から復帰、試合出場に際し、何度もイメージトレーニングを繰り返していたそうだが(ニッポン放送バンキシャの取材で確認)、陳情書を出す人も、どうすれば知事がその意見の採用を決断するのか、シナリオを構想する中でイメージトレーニングする必要がある。


すなわち、陳情書、提言書の世界においても、日頃のイメージトレーニングが欠かせないと考えるのである!


以上

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

15:44  |  活動実践マニュアル  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2018.02.28 (Wed)

「嘘新聞周知」「不買運動」で十分か? 法規制強化が本筋ではないのか?

本稿は、「嘘新聞社」追及の本筋が「法規制強化」ではないかとの視点からの問題提起。

嘘新聞社の処置について、ネット界で、法規制強化を訴える意見は極めて少数派である。

ただ、いつまでもコピペ中心の情報、批判だけで、事が成就するのであろうか?
批判は、必要だ。が、「単純な批判」は、手法的に初心者が真っ先に選ぶ手段である。

マスコミ法規制強化に係わる、具体提言が少なく、「批判」、「不買」という二大キーワードが支配しているのは周知のとおりである。



書店に行けば、初心者向けのノウハウ本で溢れている。TSUTAYAの新刊書コーナーはそうなっているし、池上彰が人気なのもそういうニーズがあるからだろう。

私個人は、「初心者向けの大家、池上彰」が出演するという理由で、一切、池上彰に関心はない。どの分野についても等しく浅い知識しかない方の「見解と称する、ものの見方」を聞きたいとも思わない。
批判するだけで、問題だー問題だーと騒ぐだけで、何か改善され、抜本解決されるのであろうか?
より専門的見解を示し、提言、実現に向けて呼びかけ、行動する必要はないのであろうか?



一方で、朝日新聞の慰安婦報道問題、周知活動によって、不買運動がさらに強化されるべきという趣旨の見解が存在する。方法の一つとして不買運動はやるべきだ。

まとめサイト管理人、有名ブロガーたちは、そう意図して、朝日に係わるテーマを設定しているような気がする。

以下は、その一例。



―― 参考情報 ――――――――――

就活生に拒絶された朝日新聞が『見るも無様な零落れぶり』を晒している模様。新入社員への要求水準を下げる
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50508505.html

「嘘の新聞」と検索→「もしかして朝日新聞?」・朝日新聞「慰安婦報道の裁判で全て勝訴しました」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6993.html

―――――――――――――――――



不買運動は、決定的手段足り得るのか………………

トドメを刺すタイミングと思うなら、決定的手段を採用し、不買運動とリンクさせるべきではないのか?

本来的に必要なのは、「悪意の報道機関中枢」を仕留めることに繋がる、「決定的手段」ではないのか?

不買運動だけで、1~2年以内に結果を出せるというなら、私は納得する。
しかし、そうはならない。「日本世論の会」はずっと不買運動を続けてきたが、短期決戦の手段とはなっていない。

―― 参考情報 ――――――――――

朝日新聞ボイコット宣言
http://blog.goo.ne.jp/yoronnokai-osaka/e/60eb36eba7e3680eab7341cbbbc7a073

―――――――――――――――――



上記にあるように朝日新聞は、(皮肉なことに)慰安婦報道裁判に勝訴し続けている。

朝日が勝訴したのは、今の法整備状況で、司法判断するに足る「明確な法的根拠」が存在しないからだ。(私見)


ここで、法規制強化に係わる各種提言を参照しておきたい。


―― 参考情報 ――――――――――

・どうすればスパイ天国状態を解消できるのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-874.html

・マスコミを規制する法体系はこうすべきだ
http://nihonnococoro.at.webry.info/201008/article_3.html

・マスコミ経営者に課されるべき義務と罰則について
http://nihonnococoro.at.webry.info/201510/article_2.html

・テレビ放送の問題  どれだけ広範囲に「法の不備」が放置されてきたか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-623.html

・新聞法(私案)
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-595.html

・「報道テロ行為処罰法」を請願しよう 「次世代の党」なら法案提出してくれるかも?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201411/article_21.html

・反日マスコミに対する偽計業務妨害罪の運用はかくあるべきだ
http://nihonnococoro.at.webry.info/201012/article_10.html

・選挙期間中の歪曲捏造報道 偽計業務妨害罪適用の陳情の必要性について
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-82.html

―――――――――――――――――


これらは、マスコミの規制強化、罰則強化に係わる各論である。


その朝日新聞社は、今や「嘘の新聞社」と言われている?


―― 参考情報 ――――――――――

【速報】Googleで「嘘の新聞」と検索すると「もしかして朝日新聞?」
http://netgeek.biz/archives/113327

―――――――――――――――――



それでも朝日新聞は、裁判には勝訴した。



野村秋介の場合はどうだったか?
経緯的にはこうなっている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9D%91%E7%A7%8B%E4%BB%8B

1992年、第16回参議院議員通常選挙に際して、日本青年社等が組織した「たたかう国民連合・風の会」から横山やすしらと共に比例区で立候補した。その際、『週刊朝日』で風刺イラストの連載「ブラック・アングル」を持つイラストレーターの山藤章二が、これを「虱の党」とコケにし(=人の誇りを傷つける行動をとっ)た。マスコミの中で特に朝日新聞にこだわっていた野村は抗議の姿勢をより強めた。

選挙後、藤本敏夫らとともに、少数派・諸派の立候補者を排除するマスコミの選挙報道を公職選挙法違反として刑事告訴した。民事裁判も起こしたがいずれも認められなかった。

翌年の1993年10月20日、中江利忠社長(当時)ら経営陣からの謝罪を受けるため、朝日新聞東京本社に訪れ、中江らとの話し合いの後、「皇尊弥栄」を三唱後に拳銃自殺する。享年58歳。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




嘘新聞社は、野村秋介事案、慰安婦問題とも、法律的に無傷なままである。
野村秋介事案に詳しい方、慰安婦問題についても司法の場にて処置が為されないことが確定したのであるから、次なる処置を編み出さなくてはなるまい。



同じパターンで負け続けるのは、大東亜戦争のマリアナ海戦にて七面鳥のなんとかとアメリカ軍に揶揄されたことを連想する。(私見)


―― 参考情報 ――――――――――

マリアナの七面鳥撃ち
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/893034.html

―――――――――――――――――


いつまでも同じ負けパターンを続けていて済むのか?
戦後レジーム脱却を唱えるなら、同じ負けパターンでいいはずがないではないか?


マッカーサーが日本人12歳発言した意味をお忘れか?


―― 参考情報 ――――――――――

マッカーサーは人種差別主義的発想で「日本人は12歳」発言を行った
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-140.html

―――――――――――――――――


ともすれば、「腹芸ないし似たような手法で、外交的協議を進め、緻密な論理に基づく、議論、論争を避ける傾向が強い日本人」に対する発言ではないかと私は解釈している。


朝日が法的に無傷な状態であり続けることは、「朝日が言論界にて七面鳥撃ちさせることを認めること」に繋がることを危惧している。

同時期、「嘘情報発信源?の関係者」が、フェイクニュース撲滅を目指すとしている。



―― 参考情報 ――――――――――

【マスコミ】フェイクニュース撲滅を目指す!!「インターネットメディア協会」設立準備会が発足! 発起人に毎日新聞社取締役や現代ビジネス編集長 ハフポスト(朝日新聞)日本版編集長も
http://hosyusokuhou.jp/archives/48811745.html

―――――――――――――――――



朝日一派は、ミッドウエー海戦(=裁判で完全勝利したこと)後に攻勢に転じた、アメリカ軍に倣いネット界にて「七面鳥撃ち」を始めると宣言したと解釈可能である。

慰安婦問題、裁判にて朝日が勝訴確定した時点で、戦術転換しなくていいのだろうか?

今こそ、(難解だという理由で法規制強化について)後回しにしてきたことに向きあい、戦術転換すべきではないのか?



以上

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

05:35  |  活動実践マニュアル  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2018.02.26 (Mon)

「コメント非公開・禁止措置」運用マニュアル

拙ブログの中に、ブロガーが相当数おられることを意識し、標記テーマにて、マニュアル様式にて出稿させていただくこととした。



拙ブログ、開設以降、批判的コメントについても議論対象とし、コメント公開する方針だったが、「以下に列挙する、複数の事項について該当する方」、「議論が成立しない方」、「荒らし目的の方」がおられるため、「コメント非公開」ないし「コメント禁止措置運用」を実施中である。


なお、FC2は、コメント非公開措置設定、個別にコメント禁止設定可能な機能を有している。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「コメント非公開・禁止措置」運用マニュアル(私案)


1.HNの取扱い

・HN欄空欄のまま投稿を繰り返される方
・HNを何度も変えて投稿される方


2.自己紹介の取扱い

・自身の政治的立ち位置ならびに自己紹介されず、一方的に質問を続けられるか、合理的根拠の説明なしに批判コメントを続けられる方(自己紹介については、批判的コメントをされる方に対して、お願いしております)
・こちらが、自己紹介を求めても、不誠実な回答をされる方(不審なコメントとみなした場合は、何度も自己紹介を求めることがあります)


3.拙ブログ見解の取扱い

・自身の見解は言論の自由の下で保障されるべきだとする一方で、拙ブログの見解を完全否定される方(拙ブログ管理人は投稿者の意見について、公序良俗に反するものでない限り、否定することはしない主義)
・管理人が表明した意見を、意見として尊重しないばかりか、そういう意見を持つことがおかしいと攻撃される方
・当該原稿に難癖をつけ、最終的に削除させる目的と疑われる場合
・拙ブログ見解と対立する政治的主張(たとえば反日国、反日団体の見解)の正統性を管理人に認めさせる目的にてコメント投稿される方


4.文章としてのコメント文の取扱い

・合理的な根拠等、説明なく、管理人をレッテル貼りされる方
・コメントの文章が断定調、指図調、けんか腰、強圧的な方
・文体から察するに、客観的かつ中立的な判断ができるとは思えない方
・事実、推測、意見の区別がつかない文章が多く、コメントされた文章について解釈するために書き足さざるを得ないコメントを続けられる方


5.コメントされる方の所属組織についての取扱い

・特定の政治活動を目的とする組織、団体の所属員と疑われる方、あるいは特定国政府機関関係者と疑われる方(本来的に、スパイ防止法などで摘発されるべき方)
・言動内容から、日本人を特に敵視し、反日国の国籍を有する方と思われる方
・何らかのコミュニケーション障害を有すると予想される方


6.その他
・上記の外、管理人からの質問に対し、誠実に回答されない方


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

17:18  |  活動実践マニュアル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.21 (Wed)

客観的な論説とそうでない論説の違い

いささか観念論的文章となるが、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙等における悪意で書かれた?あるいは悪意に満ちた?論説記事が、おそらくであるが、文章マニュアルによって、維持・継承されていると予想。
本稿では、その対極にある、客観的な論説に係わる文章マニュアルを示す目的で文章化を試みた。



世の中には、客観的視点で書かれた論説とそうでないものがある。

そうでないものの代表格としては、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙があげられる。

では、文章構造的にどうなっているのか?

一言で書くと、論説文は、前提条件、事実、推測、意見の集合体と仮定。
とりあえず「善」の次元で、客観的な視点から、事実、推測、意見の分類、定義を試みる。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■前提条件
・前提条件とは、論説原稿作成者が、当該原稿に係わる、検証範囲、政治的立ち位置や自己紹介、出稿目的、意図等について、原稿冒頭にて示したもの
・前提条件を厳格に明示する行為は、論説の客観性、正確性を確保することを目的としている(拙ブログは前提条件の明示を多用)


■事実について
・事実とは、政府発表資料、決算資料、5W1Hなどの手法で表現されるもの、科学的手法によって証明された法則・ジンクスなどを指す
・事実に関する記述としては、「一応事実として認められる事実」か、「部分的事実」か、「そもそも事実でない」のいずれかに分類されるが、善意での論説は、「一応事実として認められる事実」あるいは「部分的事実」を事実情報として採用

※事実に係わる情報ソースとして、拙ブログは、産経か読売を中心に採用
※朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙については、偏向捏造記事が多く、誤報しても謝罪せず、訂正報道しないため、事実の根拠記事として扱うことは例外的


■推測について
・推測とは、未来の予言、可能性の指摘、私見としての推論行為全般を指す
・推測に関する記述としては、「分析結果に基づく推測」か「単純な推論」に分類
・「分析結果に基づく推測」とする場合、「手法、分析評価のための前提条件、客観的モノサシが提示されているもの、広く周知され共有化されている客観的な判断基準に基づくもの(公序良俗等)」である必要がある
・「単純な推論」の場合、「文章的に推論と読める文体となっている」必要がある


■意見について
・意見とは、願望、意思表示、好き嫌いなどを表明する行為を指す
・意見に関する記述としては、「論理的一貫性ある文章」か「単純な願望、意志表示等」に分類される
・合理的根拠を示す場合は、論理的に齟齬がなく、論理的一貫性が確保されている必要がある
「単純な願望、意志表示」の場合、文章的に願望ないし意思表示と読める文体となっている必要がある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の論説記事はどうかと言うと、上記で示した定義が悪意によって客観性なきものに転化され、最終的に恣意的な作文になっているものと予想する。(すべての論説記事を読んだ訳ではないため)


次項以降にて、これら偏向捏造新聞社が作成しているであろう、「悪意の文章作成マニュアル」について出稿準備中であることを表明し、本稿を終える。

以上

テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

19:21  |  活動実践マニュアル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT