2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.08.03 (Thu)

「日本を良くしたい」と語る人たちがすべきこと

籠池夫妻の拘置所での扱い、厳戒体制だそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

逮捕された森友の籠池夫妻、拘置所で接見(面会)や手紙も禁止か!?異例の厳しさに批判も!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17883.html

―――――――――――――――――

ここで、「日本を良くしたい」と公式の場で語られ、籠池夫妻と交流、夫の立場を利用して諸官庁に取り継いだ「公人≒私人」(ある時は公人、またある時は私人と公式解釈された方)がいたことを思い出したい。その方は、(判断としての)公私の区別が身についていない。おそらく!
籠池夫妻は、何も制限なければ、最後の手段として拘置所から係わった人すべてに不利となる情報を発信、マスコミは面白おかしく配信することになるだろう。

ただ、その方に私は申しあげたい。「日本を良くしたい」という動機、それは、そう考えたあなただけにあるのではない。

私にもある。
が、私は、そういう言い方をしないだけである。
私は私の持ち場で、市井の、無名の人間としてやれることを実行するのみである。
その方のように、●●の●の●●であると、肩書らしきことを官界にひけらかすことはない。私は使うのは、彼らがそうせざるを得ない論理または道理である。

私は、その方に申しあげたい。「日本を良くしたい」と本心で思っているなら、その程度の知識そして(公私の区別がつかない)常識で政治に係わるべきではない。本当の愛国者が「自分から愛国者である」となかなか語らないのと同様、「自分から日本を良くしたい」と(声高らかに)語らないことを知るべきだ。


さて、ネット情報を読まれている方なら、もう一人、「日本を良くしたい」と語られる言論人がおられることに気づくはずだ。その人は、「日本を良くしたい」という趣旨のことを常日頃語っておられる。誰とは名前は書かない。つい最近、新刊書を何冊か刊行、講演会を数回開催、ざっとみて数千万はお稼ぎになられたであろうと予想する。カネがないと活動は続かない、事務所も維持できずスタッフも確保できない。それは確かだ。その方の政治に対する意欲は、他の言論人にはない。エネルギッシュである。私はその方に期待している。

が、本稿で指摘したい問題は、別のところにある。

私は、その人並びにその取り巻きについて、「日本を良くするスキル」があるのかどうかという極めて実務的な視点で眺めている。
「日本を取り戻したい」、「日本を変える」、「日本を良くしたい」と語ることは簡単だ。また、そう語れば語るほど、本は売れ、講演会で人が集まる、実に幸せな言論人であることは確かだ。だから、そう語るという見方をする人がいるかもしれない。

しかし、冷静に、かつ、実務的に、「日本を良くする株式会社」の従業員になったつもりで考えていただきたい。
「日本を良くしたい」と本心で!語るなら、業務計画書はどうしても必要だ。どの領域のどういう分野について、具体的に特定しなくてはならない。「日本を良くする」のであるから法律も変えなくてはならない。がその方の口から、それがどの分野なのか、どういう法律なのか、どういうシナリオ、どういう手順、どういう年度計画・月次計画でそうしたいのか、具体的な次元でいつ文章化するつもりなのか観察している。

四方八方手を出しても、取り組めること、やれることは限られている。
かくいう私も、1日2時間程度の時間でできることをやっている。

時間は無制限にない。

そんな私でも、裁判官弾劾申請は、金もかからず、実績につながりやすい活動ではないかと注目し、何度かそのテーマで出稿している。
団体として、実績をあげやすいテーマなのだ。活動テーマが見つからないなら、裁判官弾劾だけでも取り組んでいただきたい。弾劾と同時に法務大臣への陳情そしてネット拡散活動。これをやられれば、(偏向)裁判官は今までのように好き勝手にやれなくなると予想する。

しかし、実態的には、活動するというイメージすら掲げないケースがあった。
民主党政権時代、団体と称する団体が発足した。この団体がやったことは、支部会議での自己紹介、代表ブログのランキングボタンを押すくらいの活動だった。心ある人たちは具体的な(あるべき)活動内容について、代表に提案していた。が、役員と称する人物から、それぞれの提案を止める様に仕向けられ、そう提案した人たちから追い詰められ、彼らは一人一人いなくなった。結果、団体は消滅。活動計画書ない団体は、活動するはずがないのである。当該関係者は、当時も今も、(オリジナルでない、借り物の)心構えを語っているような印象がある。

とかく有名人なら、有名人になればなるほど、書籍刊行計画、講演計画、それに伴う売り上げ計画のみが先行しやすい。

しかし、それで良いのか?

言論人にとっては、売り上げ計画は大切だ。
だが、真正愛国者であれば、「日本を良くする」計画、シナリオ、手順の方を重要視するはずである。

ここに乖離が発生する。

また、多くの言論人には、有名どころになればなるほど、スポンサーが付きやすい。テレビ出演機会は間違いなく増えるだろう。その他に、官房機密費を貰ったり、パチンコマネーであることを依頼され、C●Aエージェントとして肩書を手に入れるかもしれない。

しかし、それら「日本を良くする」計画は本当に実現するつもりがあるなら、本来、ノブレス・オブリュージュ的視点、愛国保守が好む自己犠牲的視点に従えば、日本を取り戻す計画書の年次計画、月次計画となるべきものではないのか?

私のイメージするものはこうである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本を変える、日本を良くするための調査分析活動のイメージ


・問題事象発生

・事実関係確認(インタビュー、報告書)

・問題分析

・周辺状況調査(法律、組織、経緯他)

・情勢分析、将来予測

・対策立案

・実施計画(年次計画、月次計画)※予算計画を含む

・政策提言

・陳情活動

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

選挙で出馬するかどうかはともかく、政治活動を宣言する言論人なら、イメージできていることである。

「日本を良くする」、言うことは簡単だが、実務的には生易しいことではない。少なくとも諸官庁に「話を取り継ぐレベル」のことで「日本が良くなる」、と本気で考える人がいたとしたら、官僚たちのふざけた対応を知っていれば、官界を知らない馬鹿、お人良し、小学生レベルと言うであろうと指摘し、本稿を終える。

以上

関連記事

テーマ : これからの日本 - ジャンル : 政治・経済

18:33  |  言論人  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

河野太郎の外務大臣は日本が慰安婦問題を認めるという意味での起用なのでしょうか?
黙らせる為なのは理解できますが主要ポストが党内の左翼であまりにも自民支持者を馬鹿にした人事だと思いました
これでは安倍政権ではなく二階政権です
匿名 |  2017.08.03(木) 20:25 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 河野太郎の外務大臣は日本が慰安婦問題を認めるという意味での起用なのでしょうか?
> 黙らせる為なのは理解できますが主要ポストが党内の左翼であまりにも自民支持者を馬鹿にした人事だと思いました
> これでは安倍政権ではなく二階政権です

最新稿にて、見解を述べさせていただきました。

匿名さんは、安倍政権の退陣を望まれ、後任の首相はどなたでも良かった、と述べられていたはずなので、河野外相就任に反発される理由がわかりません。
首相が誰でもいいなら外相も誰でもいい、私はそう解釈してしまうのですが。
管理人 |  2017.08.04(金) 06:49 | URL |  【編集】

総理を辞めたくないから派閥にばかり配慮するのはどうかと思います
そこまでしないと反発を抑えられないなら辞めるべきです
匿名 |  2017.08.05(土) 10:35 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 総理を辞めたくないから派閥にばかり配慮するのはどうかと思います
> そこまでしないと反発を抑えられないなら辞めるべきです


匿名さんは、安倍政権の退陣を望まれ、後任の首相はどなたでも良かった、と述べられていたはずですね。
安倍首相はダメで、石破茂なら良いとする客観的根拠を説明いただけますか?

管理人 |  2017.08.05(土) 19:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/560-80ed0e4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |