2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.07.06 (Fri)

オウム死刑囚大量死刑執行 ⇒ 政府は北朝鮮にシグナルを発した?

7月6日、オウム死刑囚の大量死刑執行が行われた。


―― 参考情報 ――――――――――

上川陽子法相会見「本日7名の死刑を執行しました」
http://www.sankei.com/affairs/news/180706/afr1807060029-n1.html

―――――――――――――――――


この意味を考えたい。

国内的にはこれでいいだろう。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.nikaidou.com/archives/104660

オウム死刑は年内全員
 2018/07/06 09:24   -貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?

天皇譲位に伴う措置。

本日7人執行、近日中に、残りも処分とのこと。

「奪還テロなどを防ぐためにもまとめて処理した方がいい」

という判断のようだ。

オウムと言えば、空中浮遊だろう!今回空中浮遊はやっぱりしなかったのかな。。。死刑は絞首で10分だっけ?そのあと生きてても、お構いなしのはずだから。

空中浮遊すればすなわちこれ、死刑回避なり。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



対外的意味合いもあると考える。


「公明党・創価学会の真実」にて、平野貞夫はかく指摘する。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

228~229頁
オウム・サリン事件で最も不透明な部分は北朝鮮との関係だった。事件の中心人物である早川紀代秀被告は、モスクワから北朝鮮を頻繁に訪ねていた。その目的はロシアとの武器取引の仲介で、国際的な疑惑があった。
また、オウム教団と北朝鮮との関係は、捜査においても裁判においても闇に葬られたままである。その背景には、村山連立政権に参加した自民党・社会党・さきがけの有力者の中に北朝鮮との強いつながりのある人物がいたことにある。この時期、村山連立政権は、北朝鮮のコメ援助の交渉をまとめることになるが、その後、コメ援助疑惑という政治問題になる。
村山連立政権は、オウム・サリン事件は宗教法人法の不備によって起こったものであるというまったく誤った認識を示し、とんでもない政治利用に使うことになった。公明党から新進党の指示母体となった創価学会への弾圧である。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

対北朝鮮対策としてこの死刑執行は意味を持つ。



オウム事案死刑囚の大量死刑が意味するものはもう一つある。



「死刑囚の部屋が空いた」ということである。



北朝鮮工作員、拉致協力者等を摘発し、収容する刑務所スペースができたということである。

つまり、この大量死刑執行は、今後の北朝鮮工作員大量摘発を予定しているという、政権の意志表示、北朝鮮に対する強烈なシグナルと解することもできるのである。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題 - ジャンル : 政治・経済

23:05  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

死刑執行は「政治的」だとは思いますが

このタイミングの「オウム一味(教祖と幹部数名)」の「死刑執行」は、周辺情勢からしても「政治的理由」だと思いますが、オウムおよび、教祖の麻原自身の正体について、かなり謎が多い事で有名です。

①そもそも、麻原の出自自体、よく分かっていない(祖父は日本人警察官、父親は朝鮮半島で出生、終戦後、半島から引き上げ、本国(日本列島)に帰国、畳屋を営んでいたが、経営難、貧困家庭だったと言われているが、祖父や父親、母親の名前などは不明で、どこまで確かなのかは不明)。

②最初は、単なるヨガサークル程度の規模であった宗教組織が、何故、ここまで規模を拡大でき、メディアにも多数出演し、持ち上げられたのか(宗教組織は他にも存在するが、それらに比べると大した存在ではなかったはず)。



西 |  2018.07.07(土) 02:53 | URL |  【編集】

③高学歴層の「組織勧誘」が成功した理由(何かしら悩みを抱える高学歴層であっても、愚かではないため、普通は引っ掛かりにくいはずだが、彼らを組織に勧誘できた理由)

④教祖麻原は本当に全盲で、精神病患者なのか(麻原がテレビ出演していた当時は、普通に受け答えが可能であったにもかかわらず、いつからか精神異常者のように振舞うようになったと言われている)

⑤教団が信者などから集めたお金はどこにいったのか(そもそも、信者からの布施だけでは、大金を集められた理由が不自然)


西 |  2018.07.07(土) 02:53 | URL |  【編集】

⑥武力テロ路線に方針を変更した後の「武器や兵器(サリン、自動小銃など)」をどこから入手したのか(入手ルートを探る必要がある)

⑦大学院修士卒の理系の信者は存在したものの、修士卒程度の専門知識で「化学兵器」で猛毒の「サリン」や「VXガス」などが扱えるとは思えず、どうやってそれらを「製造」、「入手」したのか

⑧北朝鮮やロシアなどが関与していた疑惑(幹部らのそれらの国に対する出入りの問題など)と政治的目的

⑨政府が麻原やオウム幹部の死刑執行を躊躇していた理由(全容解明に時間かかった?)

⑩社会党や在日組織など、周辺の反日組織の「協力の有無」など

これだけの疑惑を解明する必要があると思いますね。
西 |  2018.07.07(土) 02:54 | URL |  【編集】

Re: 話おかしくないか

通りすがり様

通りすがり様は、オウム死刑囚死刑執行が気に入らないのでしょうか?
通すがり様は、日本政府が拉致問題解決に取り組んでいることに反対なのでしょうか?
拙ブログの見解に、反論あるなら、自己紹介され、政治的立ち位置、支持政党等を説明の上、自説を述べられるべきです。
レッテル貼りでは批判に該当しません。
タイトルは、「 政府は北朝鮮にシグナルを発した?」、文章的には。「今後の北朝鮮工作員大量摘発を予定しているという、政権の意志表示、北朝鮮に対する強烈なシグナルと解することもできるのである」と推論形式です。断定していません。
管理人 |  2018.07.08(日) 11:23 | URL |  【編集】

Re: 死刑執行は「政治的」だとは思いますが

> このタイミングの「オウム一味(教祖と幹部数名)」の「死刑執行」は、周辺情勢からしても「政治的理由」だと思いますが、オウムおよび、教祖の麻原自身の正体について、かなり謎が多い事で有名です。
>
> ①そもそも、麻原の出自自体、よく分かっていない(祖父は日本人警察官、父親は朝鮮半島で出生、終戦後、半島から引き上げ、本国(日本列島)に帰国、畳屋を営んでいたが、経営難、貧困家庭だったと言われているが、祖父や父親、母親の名前などは不明で、どこまで確かなのかは不明)。
>
> ②最初は、単なるヨガサークル程度の規模であった宗教組織が、何故、ここまで規模を拡大でき、メディアにも多数出演し、持ち上げられたのか(宗教組織は他にも存在するが、それらに比べると大した存在ではなかったはず)。


疑問点としては、他に、外患罪的動きを予定していたとの情報もあります。当時の政権は、真相を封印しましたが、外患罪的可能性あった組織について、当該罪を前提とする捜査をせず、また、外患罪改正もしなかったことは問題視せざるを得ません、
管理人 |  2018.07.08(日) 16:57 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> ③高学歴層の「組織勧誘」が成功した理由(何かしら悩みを抱える高学歴層であっても、愚かではないため、普通は引っ掛かりにくいはずだが、彼らを組織に勧誘できた理由)
>
> ④教祖麻原は本当に全盲で、精神病患者なのか(麻原がテレビ出演していた当時は、普通に受け答えが可能であったにもかかわらず、いつからか精神異常者のように振舞うようになったと言われている)
>
> ⑤教団が信者などから集めたお金はどこにいったのか(そもそも、信者からの布施だけでは、大金を集められた理由が不自然)

③ですが、当時、密教系の本がブームでした。私の大学の先輩でその系統にはまった人がいます。
④は実態をよく知りません。
⑤は、別に相当な資金源があったと見るべきかもしれません。
管理人 |  2018.07.08(日) 16:59 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> ⑥武力テロ路線に方針を変更した後の「武器や兵器(サリン、自動小銃など)」をどこから入手したのか(入手ルートを探る必要がある)
>
> ⑦大学院修士卒の理系の信者は存在したものの、修士卒程度の専門知識で「化学兵器」で猛毒の「サリン」や「VXガス」などが扱えるとは思えず、どうやってそれらを「製造」、「入手」したのか
>
> ⑧北朝鮮やロシアなどが関与していた疑惑(幹部らのそれらの国に対する出入りの問題など)と政治的目的
>
> ⑨政府が麻原やオウム幹部の死刑執行を躊躇していた理由(全容解明に時間かかった?)
>
> ⑩社会党や在日組織など、周辺の反日組織の「協力の有無」など
>
> これだけの疑惑を解明する必要があると思いますね。


⑥は信者以外の別の支援者がいたと考えた方がいいのでは。
⑦信者とは別の支援者がいたのでは?
⑧ロシアの立ち位置が今一つはっきりしません。
⑨全容解明は表向き。死刑執行によるテロを怖れた可能性はないでしょうか?
⑩工作員が周辺にいたのではないかと推定します。
管理人 |  2018.07.08(日) 17:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/1041-e20417aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |