FC2ブログ
2019年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2019.03.25 (Mon)

フェイクニュースの日本のルーツ  手本が実在していた?

朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙に、偏向捏造記事を書く記者、創作記事を書く記者が集中していることは、保守ネット界の常識?であるが、偏向捏造報道の手本となった可能性が強い記者について、あまり語られることはない。

「サンカの真実」(筒井功)という本にて紹介される、三角寛(本名三浦守)なる人物は、大正15年に朝日新聞に入社し、記者時代は派手な飛ばし記事で人気を博したとする情報がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%AF%9B

1926年(大正15年)3月、記者の手伝いをする雇員(非正規採用)待遇で朝日新聞社に入社し[4]、サツ回り担当(取材記者)となる。説教強盗の報道で話題となる[5]。このとき、取材先の刑事から「犯人は足が速いからサンカかもしれない」という言葉を聞き、サンカに興味を持つ[6][7]。記者時代は派手な飛ばし記事で人気を博す一方、上司から警戒もされていた[8]。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

経歴詐称情報もある。

―― 参考情報 ――――――――――

三角寛
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%AF%9B

―――――――――――――――――

「サンカの真実」という本の171~195頁において、その人物詳細が記されている。

特に印象に残った箇所について、転載させていただく。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

サンカの真実
筒井功


4頁
三角サンカ論への疑念

わたしに関していえば、三角のサンカ研究には、そのまま事実と受け取って差しつかえない部分は、ほとんどないとの立場をとっている。

5頁

だが、そこで語られていることから虚構、作為の部分を一つひとつはぎ取っていくと、あとには何も残らないといっても過言でないくらい、三角の著作はつくりごとで埋めつくされている。


179~181頁

3 サツ回り時代の仕事と生活

三浦記者と飛ばし

外回りの記者が特ダネ情報を上げてきたからといって、本社が人を派して、その真偽をいちいち確かめさせるなどということは、ふつうにはまずないはずである。いくら特ダネでも、気づいているのが常に自社だけとはかぎらない。いつ他社へ漏れるかわからず、また一刻を争う場合も少なくあるまい。そのたびに「これは本当か」と疑っていたら、まともな新聞製作などできるものではない、現場を信用するしかないのだ。

その結果として、まれまれ虚報が発生する。朝日では、例えば昭和二十五年九月の「伊藤律架空会見記」がある。これは、当時、連合国軍総司令部から追放処分を受けて地下に潜行していた日本共産党の幹部の一人、伊藤律に会見できたとして、ある記者が「一問一答」を含む記事を捏造した事件である。日本の新聞界における歴史的な虚報として知られており、朝日新聞の縮刷版では、その部分がすべて削除され、白刷になっている。しかし、こんなことは、実際にはめったに起きない。
一方、事実には過剰な味つけをこらしたり、針小棒大に伝えたりする。いわば演出、操作を加えた記事は、昔も今も珍しくない。例えば「乱闘」でけがをした人間が数人いたら、その数を十数人とか数十人に膨らませることが、それに当たる。業界内では「飛ばし」と呼び、そういう癖の強い記者のことを「飛ばし屋」といっている。

先に引用した「私は何度も、それ(記事の真偽の検証作業)にひっかかった」との、さりげない一節は、実は三角の情報に、しばしば度を超した「飛ばし」があったことを語るものにほかならない。

「三浦には気をつけろ」
そういう評価が社内にあったからこそ、「真偽を検討」されたのである。

朝日の出版部に所属し、三角の「サンカ社会の研究」の出版を担当した斎藤良輔は、「同僚や後輩に人気がなく、上司には、なぜか評判が良かった。」と語っている。三角の人となりの一端がうかがわれる。

斎藤は三角の社会部の後輩である。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

三角寛は、新聞記者になった後、小説家として文壇デビューしたそうだ。

当時の人たちは、飛ばし記事を書く記者を珍重、創作能力があると広く認められ人気小説家となり、執筆依頼が殺到したそうである。

雑誌では、「婦人サロン」や「昭和讀物号」にて連載があったとされる。

こうした経緯を知ると、とりあえず三角某は、戦前に朝日新聞を退社した人物であるものの、戦前の一時期「飛ばし屋」として名を馳せたことで、戦後のマスコミ界における、偏向捏造報道のルーツと言えそうである。


そこで、「とんでもない記事を書く記者」の扱いについて、考えなくてはならない。


特に問題とすべきは、「派手な飛ばし記事を書く記者」を持て囃した時代があり、その後、面白い創作ものを書く小説家としても多忙となり新聞社を辞職、その後は流行作家として引っ張りだこだったことである。


小説家というのは、その創作スキルと意欲のせいで、とかく、あることないこと、書きなぐる職業的習性がある。これは仕方がない。ただ、あることないこと書きなぐることは、政治的に愛国であろうが、共産主義者だろうが、関係ないような気がする。歴史小説家として一世を風靡した、司馬遼太郎の書いた文章も、よくよく読めば、論理的に不正確な文章が結構あった。

文章的に創作好きで面白い文章を書きたがる物書き(三角寛のような記者、小説家の類)に、社会的に影響ある分野(特に政治)を扱わせてはならないのである。

以上

スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

タグ : 偏向報道

06:28  |  政府機関  |  コメント(0)

2019.03.24 (Sun)

ポスト安倍問題  後継者たちに総じて欠けているもの

ここに来て、安倍総裁4選を語る人が増えてきた。
なぜであろうか?

私は、安倍政権無条件肯定派ではないし、4選積極支持派ではない。
4選がベストな選択なのか、今のところは判断がつかない。

さて、今回の統一地方選挙、ある新人候補の演説等を見る機会があった。新人なので、立ち位置、目線、主張すること、話の進め方、それぞれにフレッシュで個性的である。
新人候補を眺めていて、楽しいのは、その候補者が将来どんな政治家(政治屋ではない!)になるのか、と想像する時である。20年後にはどうなっているだろう、30年後はひょっとして大臣かもしれないと考えるのは、支援者の楽しみでもある。候補者に託す気持ちは、年老いた有権者ほど強いのではないか。

私のところにも、各党の候補者のビラの他に、決起集会、出陣式、後援会入会用紙等が何件か舞い込んでいる。私にとって本命ではない、候補者のビラの中に、アベノミクスの成果に係わるここ数年の指標の変化が述べられている。この候補者は、自身の知名度云々等ガツガツせず、国政選挙のことを考えたビラとしているようだ。自身の宣伝はあまりせず、黒子に徹しているのだ。そうでなはなく、自己PRに余念がない候補者もいる。

今回の統一地方選挙も、過去の選挙同様、異色の候補者が出馬している。ある候補者は、普通の候補者、特に官界出身の候補者とはまるで違った。とにかく真剣さが違う、行動力が違うのである。

この候補者が、政策的に間違ったらどういうことになるのだろうか?という心配はあるものの、自民党総裁選挙に出た候補者、禅譲を期待し出馬を躊躇った派閥の領袖クラスの議員と比較し、私は、そのフレッシュな真剣さ、フレッシュな行動力に期待したい気持ちになっている。
この候補者が当選したら、陳情書を提出したい気持ちにもなっている。

なぜなら、この候補者は、とにかく真剣な方であるからだ。

この新人候補者にあって、ポスト安倍の最右翼とマスコミが位置づける「石破茂」に欠けているもの、それは「真剣さ」であると言いたい。


これに対し、政治家として安倍晋三が信用されるのは、第一次安倍政権において、時にムキになるほど愚直に全方位的に取り組んだからだ。当時は、真っ正直かつ全方位的に戦後レジーム脱却を実現しようとして、反日勢力(野党、マスコミ、官公労、総連・民団等)を結束させてしまい、民主党政権移行のきっかけをつくってしまった。その反省からか、第二次安倍政権での安倍首相は、地球儀外交に活路を見出しつつ、国内的には、当該国会にて「目玉政策一点突破」主義で、国会運営を進めている。

世の中、馬鹿正直、真剣さだけですべてが成就する訳ではない。特に、念入りかつ複雑に仕組まれた戦後レジームに対しては。言論人は言葉爽やかに「戦後レジーム脱却すべし」と無邪気に語るが、そう簡単なものではない。これは、歴史的経緯、政治・マスコミ・反日勢力の状況について、調べれば調べるほとわかってくることである。

ただ、とある異色の新人候補を眺めているうちに、とりわけ「真剣さ」なき候補者には、「戦後レジーム脱却」を期待するのは無理だろうと思いつつある。

これは直観的な判断である。学歴、職歴、能力、それぞれ候補者として重要な事項、資質であることは間違いないのであるが、「どれだけ真剣なのか」が最も重要な評価指標となるなのではないか。

若いうちは、とにかく真剣に真面目に取組み、経験を積み、年を経る毎に老獪さを身につけ、最後は大臣に、、、ということになるのではなかろうか?

そういう意味で、(真剣さよりも批判が先行し)自民党の足を引っ張りたがる、「石破茂」がポスト安倍の最右翼に留まることはあり得ないのである。「石破茂」は無任所なのであるから、自身の見解がそんなに重要なことだと言うなら、批判は自民党内の会合でやっていただきたいのである。


以上


テーマ : 安倍晋三 - ジャンル : 政治・経済

08:37  |  保守政党  |  コメント(0)

2019.03.23 (Sat)

キリスト教の反日のルーツ

最近知ったことなのであるが、キリスト教の反日のルーツとして、最低でも三つあり、今後の日本の政治情勢に大きな悪影響を与えかねない要因として、それぞれ断片的情報となるが、認識しておくべきと思う。




■戦国時代以降 イエズス会ルート

イエズス会として歴史的に布教活動が根付かないことへの焦り?
歴史的にキリスト教禁教とされたことへの怨念?

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49492?page=3

日本人がキリスト教を「拒絶」した本当の理由

根をおろすことは不可能
議論として興味深いのは、フェレイラがロドリゴに語る日本人のメンタリティに関する分析だ。

<「二十年間、私は布教してきた」フェレイラは感情のない声で同じ言葉を繰りかえしつづけた。

「知ったことはただこの国にはお前や私たちの宗教は所詮、根をおろさぬということだけだ」

「根をおろさぬのではありませぬ」司祭は首をふって大声で叫んだ。「根が切りとられたのです」

だがフェレイラは司祭の大声に顔さえあげず眼を伏せたきり、意志も感情もない人形のように、

「この国は沼地だ。やがてお前にもわかるだろうな。この国は考えていたより、もっと怖ろしい沼地だった。どんな苗もその沼地に植えられれば、根が腐りはじめる。葉が黄ばみ枯れていく。我々はこの沼地に基督教という苗を植えてしまった」>

フェレイラが言う「日本は怖ろしい沼地だ」という指摘は、決して悪い意味だけに受け取ることはできない。日本が中国に近接し、漢字、仏教、律令などの中国文明の成果物を受け入れつつも、中国や中国人に同化しなかったのは、フェレイラが「沼地」と表現するところの強固な日本文化があるからだ。

明治維新以後、日本は近代化の道を急速に歩んだ。そして第二次世界大戦に敗北した後は、欧米を中心とする先進国と共通の価値観を有していることになっている。しかし、人権や家族に対する感覚、経営スタイルなど日本固有の文化を脱構築することは不可能だ。言い換えるならば、日本という「泥沼」でも生きていくことが出来るように品種改良された苗しかこの国には根付かない。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■満州事変時代以降 中国で布教活動していたアメリカキリスト教会ルート

宗派不明であるが、中国で布教活動していたアメリカキリスト教会の宣教師が反日を煽ったとする情報がある。

―― 参考情報 ――――――――――

反日の元凶
http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-1863.html

七面鳥と南京事件
http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-1794.html

―――――――――――――――――

特に重要なのは、以下の記述。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-1863.html

キリスト教のアメリカ人宣教師らが募金を募って中国へ布教に渡り、現地に根付いて行った点をご紹介した。そこでなかなか布教実績が上がらないことへ対して「中国人への布教は諦めた方が良いのではないか」「帰国した方が良くはないか」といった声がアメリカ国内で上がり始めたこと。そのための献金の集まりが鈍ったこと。それに対する危機感が中国へ渡っていた宣教師たちに広がったこと。すでに中国で生まれた2世の世代になっていた彼らは、アメリカに帰っても住環境も社会的地位も何もない。帰るわけには行かなかった。それらを理由として、当時国民党を相手に戦っていた日本を悪者にして「中国人民は苦しめられていて救けが必要だ」とウソの報告をして「だからもっと献金を集めてくれ」「東アジアの平和のために日本を苦しめてくれ」という報告を打電していたこと。そういったデマが、韓国から上海に来ていた独立運動家らの耳にも入って「これは使える」と直感したこと。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



■戦後 日本に大量密航した在日朝鮮人と韓国キリスト教会の連携によるもの

戦後、朝鮮半島出身の人の相当数が、日本のキリスト教会の宣教師、牧師となっていると考えれば、日本のキリスト教会施設にて、靖国問題、神社訴訟、慰安婦問題等の集会が行われてきたことが説明つきやすいのではないか。洗礼を予定されている方におかれては、宣教師、牧師に対し、出身地、帰化の有無をお聞きすべきと思う。


―― 参考情報 ――――――――――

SDHF Newsletter No.237J 韓国呪術と反日4  
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-627.html

―――――――――――――――――

以上

テーマ : 新興宗教・カルト・その他アングラ - ジャンル : 政治・経済

08:37  |  反日活動  |  コメント(1)

2019.03.22 (Fri)

望月イソ子記者が国民の代表というなら、、、

本稿、国民の代表として記者会見に臨み、取材対応していると主張する、東京新聞望月イソ子記者に対する提言。

経緯的には、下記記事が参考となろう。

―― 参考情報 ――――――――――

須田慎一郎が望月衣塑子ら既得権益側を批判!「報道の自由は記者クラブ所属にだけある訳ではない」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7429.html

―――――――――――――――――

私は、記者会見時の官房長官発言に十分、納得している。

それでも、望月イソ子記者が、国民の代表だと言い張るなら、下記事項を率先実施すべきだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

望月イソ子記者が国民の代表として取材していると主張するなら、率先して実施すべきこと

・望月イソ子記者の戸籍情報等の情報公開
・望月イソ子記者が会う人物(政治家、公務員、労組関係者、外国人など)に関する情報公開
・取材で得た情報、記者倶楽部記者同士の対応経過、取材時の全質問等の情報公開
・問題記事、取材時の問題質問等に係わる処罰の受入れ
・問題記事等に係わる国民からの質問の受付

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当然の事ながら、望月イソ子記者は、これまでの発言などから、「通信傍受されるべき要注意人物」と私はみている。

北朝鮮制裁の一環として、北朝鮮スパイ工作員記者とみられる記者について、随時通信傍受することに何の問題があろうか?

世の中の理屈、道理を心得ない、記者と称する人物が、他の記者の迷惑を顧みず、大威張りで無制限に取材できることが、不思議でならない。

記者倶楽部登録記者なのだから、公的に優遇された記者なのだから、処罰可能な記者倶楽部制度に改めるべきだ。

北朝鮮工作員組織化したマスコミ記者に、野放図な報道の自由を保障すべきではないということである。

以上

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

18:36  |  マスコミ  |  コメント(0)

2019.03.21 (Thu)

法務省の暴走を止めなくていいのか? 

つい最近のことであるが、法務省の暴走状態が本格化しつつあるようなので、出稿を決断した。
暴走事案として3件存在する。
本来は、国会で議論されるべきことと考える。

■暴走 その1

理念法に過ぎない、ヘイト法に係わる行き過ぎた措置と私は考える。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://this.kiji.is/481374282895656033?c=39550187727945729

法務省、集団への差別表現も削除求める
2019/3/21 17:093/21 18:46updated
©一般社団法人共同通信社

 法務省がインターネット上のヘイトスピーチの削除対象について、個人に向けた差別表現だけでなく、集団に向けた表現にも広げるよう全国の法務局に通知したことが21日、分かった。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■暴走 その2

青山繁晴議員が指摘して、初めて表面化したもの

―― 参考情報 ――――――――――

青山繁晴議員「法務省が『告示』改正で移民を増やす!」
https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12444460247.html

―――――――――――――――――

■暴走 その3

4月10日締め切りのパブリックコメント事案。
法務大臣決裁で、移民受入れ拡大を実現しようとする事案と読める

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

「出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の規定に基づき同法別表第一の五の表の下欄に掲げる活動を定める件の一部を改正する件(案)」に係る意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130153&Mode=0

http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000184319

2 概要
現行制度上,飲食店,小売店等でのサービス業務や製造業務等が主たるものである場合においては,その一部で翻訳・通訳業務など専門的・技術的業務が含まれるときであっても就労目的の在留資格が認められていないが,企業側においては,インバウンド需要の高まりや,日本語能力が不足する外国人従業員や技能実習生への橋渡し役としての期待もあり,大学・大学院において広い知識を修得し,高い語学力を有する外国人留学生は,幅広い業務において採用ニーズが高い。
そこで,これらの採用側のニーズ及びこれまでの閣議決定等を踏まえ,本邦の大学又は大学院を卒業・修了した留学生については,大学・大学院において修得した知識,応用的能力等を活用することが見込まれ,日本語能力を生かした業務に従事する場合
に当たっては,その業務内容を広く認めることとし,在留資格「特定活動」により,当該活動を法務大臣があらかじめ定める活動として規定するもの。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

以上

テーマ : 移民問題 - ジャンル : 政治・経済

20:16  |  政府機関  |  コメント(1)
 | HOME |  NEXT